ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第6部 目次 >  第5章

第5章 再び正義(つゞき)

翻訳へ

アランはこの章でも、商ひの例を用ゐながら、正義とは何かを考 へます。商売と言へば、安物を高く売りつけたりするやうな、狡 猾な人物を思ひ浮かべる方も多いかと思ひますが、アランは逆に そこに人の間の平等を想定する動きを見ようとします。

強者と學者とが、自分と平等な力なり學問なりを相手が持つて ゐると見做し、裁判官として、矯正者として、互いに忠告し会ふ 樣にし度い

と思ふ、それが取引の生命だと言つてゐます。

また、「平等の利益が交換に際しての最上の規則だといふ事」の 根拠として、誰も子供に高く売付けようとはしないことや、競売 が公正に行はれるやう多大な注意が払はれることを挙げてゐます。

以下、本文を読まれる際にご参考になると思はれる翻訳に関する 注釈をいくつか書いておきます。先づ、冒頭に「物々交換の風習」 といふ言葉がありますが、<物の取引の慣習>の方が分かり易い でせう。

第二段落の半ばに、「同意のない賣買とは裁判官の眼に無意味だ が」とあります。nulle といふ言葉は法律用語で<無効>といふ 意味もあり、その方が裁判官といふ語とのつながりが良いかも知 れません。

その後の、「彼が望んでゐるものは所有ではない、自由な明らか な同意の上に立つた所有物だからだ。」といふ文ですが、「所有 物」は<所有権>と読まないと、意味が通り難いと思ひます。

続いて「商人が、例へば相續財産の分配問題とか正當な辨濟金の 問題とかを主權者の手に委ねた上は」云々といふ文があります。 中村雄二郎さんの訳もこれと同じです。しかし、ここは<商人は、 遺産の分配や正しい支払ひの問題が自分の判断に任されると>と 読むべきだと思はれます。

この段落の最後の文は、<農民のしつかりとした知恵が、たとへ それで損をしても財産の正しい管理の方を、たとへそれで得をす る場合でも、いい加減な気楽さよりもずつと尊重するといふのは、 かういふ意味だ。>といふ訳し方もできるのではないでせうか。 この場合、財産を管理するのが、領主や地主で、農民自身ではな いことになります。


第4章 < 第5章 > 第6章

ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第6部 目次 >  第5章

Copyright (C) 2005-2006 吉原順之