アラン『精神と情念に関する81章』

注釈へ
常に神は幾何学を為す

前書き

第1部 感覚で知るといふことについて

第3部 言葉による知識について

第5部 さわぐ心について

第7部 儀式について

緒 言

第2部 筋道立てた経験

第4部 行動について

第6部 徳について


アラン(Émile Chartier)による哲学入門とも言ふべき 『精神と情念に関する81章』 "81 Chapitres sur l'esprit et les passions"の拙訳です。 読みやすさを重視し、必ずしも本文に 忠実な訳ではありません。『81章』は、これまでに小林秀雄氏と中村雄二郎氏によつて 翻訳されてゐます。このサイトの日本語訳を作るにあたり 参照させていただいて、貴重な示唆を得ました。両氏のものよりも優れてゐるとは毛頭 考へてをりませんが、違ふ形の訳があれば、アランの文章の姿を前からだけではなく 横から見ることで、より立体的に捉へることができるのではないかと 思つてをります。

原文の段落は長い場合が多いので、読みやすくするために 追加で段落を区切りました。原文にある段落は☆印で示して あります。表題の下にある注釈へを クリックすると、小林秀雄訳『81章』注釈の対応する部分に跳びます。

ご意見やご質問は、メールでお知らせ下されば幸ひです。


ホーム >  『81章』目次 

Copyright (C) 2005-2006 吉原順之