ホーム >  『81章』目次 >  緒 言

緒 言

注釈へ

哲学とは何か。哲学といふ言葉をごく普通に受け取れば、 大本(おほもと)は逃さない。それは、各自の眼で善悪を正確に見定め、 欲、野心、心配事や後悔を静めるといふことだ。見定める には、物事を知らねばならない。例へば、愚かしい迷信や 空疎な予言を打ち破ること。さわぐ心(passions)そのもの を知り、これを治める術も必要だ。哲学による知識とはこ れだと荒つぽく言つて、欠けてゐるものはない。それが常 に倫理的(éthique)な、道徳的(morale)な理論体系を目指す こと、そして各自の判断に基礎を置くこと、頼りになるの は哲人の助言だけだといふことも分かる。哲学者が多くを 知つてゐる訳ではない。物事の難しさを感じ取り、自らの 知らない事柄を正確に数へ上げることが、英知(sagesse)へ の道となるからだ。ただ、哲学者は自らの知つてゐること を確かに、自らの努力で知つてゐることが必要だ。死、病、 夢想、失望に立ち向かふ力の全ては、しつかりとした判断 の中にある。かうした哲学の捉へ方は馴染み深いもので、 これで十分なのだ。

この捉へ方を発展させると広々とした、しかしやぶの多い 野原が見えてくる。さわぐ心(passions)とその元を知ると いふ仕事だ。元には二た所ある。一つは機械的な原因で、 これに対して出来ることは限られてゐるが、その原因を正 確に知れば自由になれるといふことは、後で述べるとほり だ。もう一つは心の働きに関係する原因で、例へば実際の 物音を聞いて必要以上に恐れ、強盗が家の中にゐると考へ る、といつた思ひ違ひがそれである。かうした誤つた考へ を正すには、物事と人間のからだ自体について、より正確 な知識を持つしかない。人の体といふものは、たいてい私 達の許しなしで、休むことなく物事に反応する。胸が高鳴 つたり、手が震へるときのやうに。

かうして、哲学が一つの倫理に過ぎないものであつても、 そのことによつて、ある種の普遍的な知識でもあると知ら れる。ただ、私達の心の渇きや単なる好奇心を満たすため の知識とは、目的が違ふ。英知へとつながるものである限 り、哲学者にとつて全ての知識は良いものだ。しかし本当 の目標は、常に精神(esprit)をよく見張ることにある。この 見方から、自然に知識の批判(critique)といふ考へに導か れる。自分の誤りにちよつと目を向ければ、さわぐ心によ つて、また、二つのものから生ずる確かめやうがなく実体 のない膨大な知識によつて、私達の知識がぼやけてゐるこ とが分かる。二つのものとは、どのやうな単語の組み合せ も抵抗なく許す言葉と、神々や運命的な力に満ちた別の世 界を発明し、そこに魔法の手助けや予言を探さうとする (再登場の)さわぐ心である。ここでは批判と基礎作りが 必要であること、即ち、宗教の批判を通して、神々を生み 出す人間の本性についての科学を引き出すべきだといふこ とが理解できよう。全ての知識から常にそれを形作る者へ と立ち返り、より賢明な者に変へようとする、この批判の 動きを人は反省と呼ぶ。

本論は、さわぐ心とその危機から始めて、(年をとつて 熱が冷めるのと同時に)これを正す冷静な分析へと苦労し てさかのぼる代はりに、ある意味では議論を終はりから始 めて、意見を見張ることから説き起こして行ひの見張りへ と進むので、驚かないやうに。


前書き < 諸 言 > 第1部

ホーム >  『81章』目次 >  緒 言

Copyright (C) 2005-2007 吉原順之