ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第6部 目次 >  第2章

第2章 節制

翻訳へ

この章でアランは、節制が「酒を愼ん」だり、「何事につけても 濫用を戒め」たりして得られるものではないことを強調してゐま す。放縦を恐れて逃げるのではなく、その力や詩を理解すること が、節制の正しい道だと言ふのです。

アランが、いろいろな言葉の意味を短く纏めた『定義集』では、 節制について、かう書き出してゐます。

あらゆる種類の酩酊を 克服した徳。したがって恐怖は節制ではない。なぜなら、それは つねに動物的部分に負けることであるから。
(神谷幹夫氏訳、岩波文庫)

翻訳に関する問題を幾つか。第2段落の最初に

酒に酩酊するなど動物染みた愚行と思ふのは大間違ひである。

とあります。酒 の好きな小林秀雄らしい訳ですが、中村雄二郎さんの訳されたやうに

酒に酔っぱらうことを、動物的な愚行とばかり考えたら、 とんでもないまちがいだ。

と訳す方が、その後の、酩酊が精神 的なものであるといふ指摘との続き具合が良いでせう。

第3段落の終はりのあたり、

かういふ放縦の動きを計るのにか けては、羞恥よりも節度といふものの方が一段と巧みなものだ。

といふ文。mesurer といふ動詞を計るといふ意味に取つたのです が、制御するといふ意味もあるので、

節度による方が羞恥心によるよりもうまく動きを律することができる。

といふ訳も可能 だと思ひます。中村雄二郎さんの訳では

節度は、恥じらいよりもいっそう動きを控えめにする。

となつてゐます。

最後の段落の、真ん中あたり。

だが自由な精神は、行き當りば つたりに酩酊する事が出來る、だが、どうしても亦酔はずにはゐ られぬほど酩酊に未練を持たぬものだ。

中村雄二郎さんの訳では、かうです。

自由な精神は、ときには酔いしれることもある かもしれない。だが、もう一度酔っぱらわざるをえないほど未練 はもたない。

pouvoir といふ動詞を、「できる」と読むか「あ り得る」と読むかで、前半の理解が変はつてきます。

後半については、両者の解釈は同じで、これが素直な読み方でせ う。しかし、regretter といふ動詞は「未練を持つ」の他に「悔 やむ」といふ意味もあるので

それを悔いて更に酔はざるを得な いといふことにはならない。

といふ読み方があり得る。正直の ところ、やや無理はあるのですが、サン・テグジュペリの『星の 王子様』に酒を飲んだ恥づかしさを忘れたいために酒を飲む男が 登場するのを思ひ出したりすると、この読み方への未練も残ると いつたところです。

先に引いた『定義集』の「節制」は、次のやうなアリストテレス の『ニコマコス倫理学』からの引用で締めくくられてゐます。

慎みながら、楽しんでいる者は節制家である。慎みながら、慎 んでいるのを嘆いている者は不節制な人である。(脚注 1)

脚注
  1. 『ニコマコス倫理学』第2部第3章 1104b5

第1章 < 第2章 > 第3章

ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第6部 目次 >  第2章

Copyright (C) 2005-2006 吉原順之