ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第6部 目次 >  第3章

第3章 誠實

翻訳へ

「誠實」といふのは sincerité の訳ですが、率直といふ意味で取 る方が、この章の話題には合ふのではないでせうか。心に思ふそ のままを口にするのは良いことかどうかが話題の中心ですから。

書かれてゐることは、言つてみれば大人の常識かもしれません。 ただ、最後の二段落は少し込み入つてゐるので、私なりの理解を 述べてみます。

最後から二番目の段落の冒頭では、相手の良いところだけを言ふ べきであり、非難は口にしてはならない、といふ前段の主張への 反論を取り上げ、

この種の心盡しを虚僞だと屡々人は言ふが、 それも全然見當違ひの意見とは言へない。

と述べて、段落の主題を提示してゐます。

どのやうな場合に何かを言はないことが良くないのか。一つは、 隠すことで悪意が強まる場合。もう一つは、「凡庸な話や習俗へ の阿諛あゆに復讐しようとする喋舌を内心に覺えるといふ事」 がある時。後者は分かりにくいのですが、相手の話を黙つて聞き ながら、心の中では「こいつは何て馬鹿なことを言つてゐるんだ」 とか、「そんなお世辞をよく言ふよ」とか、心の中で言ひ返し、 憂さを晴らしてゐるやうな場合を指すのだと思はれます。

アランの意見では、これは情念の最も激しい状態で、悲しみや怒 りに、話すことに対する恐れや、相手が自分の気持ちを見抜くの ではないかといふ心配が加はつてゐる。そのやうな混乱した心を 抱へた人達は「澤山喋り乍ら結局何も言はぬ」ので、彼らと話す のは退屈だと言つてゐます。

では、どうすれば良いのか。それは礼儀を守るときには、礼儀を 第一にして自分の気持ちにはこだはらず、できるだけ忘れてしま ふことだ。

たゞ禮儀に服從する、つまり禮儀上隱さねばならぬ 判斷は一切敢て表に現さず有耶無耶うやむやにして置くといふ限りで、禮 儀の裡に道德がある。

といふ文章を意訳すれば、さうなると思 はれます。中村雄二郎さんの訳では以下のとほりです。

人が礼 儀に服従するかぎり、そして、礼儀上かくさねばならぬ判断はす べてそのままにし、消えるにまかせるかぎり、礼儀のなかには徳 がある。

その後にでてくる、次の文章も同じ趣旨のことを言つてゐるので せう。

從つて樣々な情熱を持ち、これを追求する者には禮儀は 虚僞であるが、氣分だけを持つてゐれば滿足だといふ者或は本氣 でさう努力をする者には、禮儀は誠實なものだ。

ここで「情熱 を持ち、これを追求する」といふのは、自分の乱れた心にこだは る状態を、「氣分だけを持つてゐ」るといふのは、その時々に気 分が変はるのは人間だから仕方がないとして、それを引きずらな いことを、それぞれ指してゐるのだと思ひます。

神谷幹夫さん訳の『定義集』では、アランは以下のやうな言ひ方 をしてゐます。なほ、神谷さんは sincerité を「真摯」と訳して をられます。

人が真摯といえるのは、話し相手を疑わないで、ゆっくりと自 分の考えを説明する時間がある場合だけである。こうした友好的 な状況以外では、もっとも真摯な人間は、誤ったことはなにも言 わないこと、誤解されかねないことはなにも言わないこと、そし て自分の考えていることはすべて、ほとんど黙っていること、ま たもちろん、確かな考えでないことは必ず黙っていることを、規 則とするだろう。・・・(中略)・・・要するに、真摯は考え抜 かれているか、それともなんでもないかである。

最後の段落に、「打明け話をせずにゐられないのなら常に作物に 依るべきだ」といふ文がありますが、「作物」は<書き物>また は<作文>の誤植だと思はれます。人に何か意見しようといふ時 には、書いて渡すのがよいといふのが論旨なので。


第2章 < 第3章 > 第4章

ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第6部 目次 >  第3章

Copyright (C) 2005-2006 吉原順之