ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第7部 目次 >  第10章

第10章 公の力

翻訳へ

題名の「公の力」は les pouvoirs publics の訳で<公的な権力> と訳すこともできます。この章でアランが強調してゐるのは、権 力に従ふのと、権力を尊敬するのは別だ、といふことです。 最初の段落の後半に、次のやうな一節があります。

だがかういふ暴君のあしらひ方はどうなるか。先づ僕を暴君の 野心の餌食にならない樣にしてくれる、白状するが、僕だつて暴 君の長い間の空想、時にはうつとりする樣な空想に浸つてゐたに 相違ないのだとしてみれば、暴君の野心も小さくはないのだ。

中村雄二郎さんの訳では「彼の野心」となつてゐて、暴君が持つ てゐる野心を指すことが明確です。小林訳の「暴君の野心」は、 暴君になるといふ野心を指すとも読めます。原文では l’ambition となつてゐて、私は後者の読み方の方が(あるいは、一般的に野 心といふものを指すと解する方が)良いと思ふのですが、その場 合は、アラン自身が野心的な夢を見てゐたといふことになります。

この段落の最後で、アランは「自分の仕事をさつさと片付ける極 く單純な實務家」を政治的な指導者の理想として描いてゐますが、 これは小林秀雄が昭和26年に書いた『政治と文學』の末尾の文 と一脈通じてゐます。この文章には、ドストエフスキー、ジッド、 ローレンス等は登場しても、アランは出て来ないのですが。

政治は、私達の衣食住の管理や合理化に關する實務と技術との 道に立還るべきだと思ひます。

第二段落の

教會は恐らく、奉仕といふ言葉の唯一の眞の意味で の精神の奉仕を諸權力に拒絶する事を知つてゐた。

といふ文で すが、奉仕と訳された言葉は hommage で、中村雄二郎さんは 「従属」と訳してをられます。元々は封建時代の家来の主君に対 する忠誠の誓ひを指す言葉だつたやうですが、普通は敬意とか、 尊敬といふ意味で使はれてゐます。


第9章 < 第10章

ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第7部 目次 >  第10章

Copyright (C) 2005-2006 吉原順之