ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第7部 目次 >  第4章

第4章 禮拜

翻訳へ

アランは、文章を書き始めた頃、宗教に対して明確に否定的な 態度を取つてゐました。子供の頃、悪魔や盗賊を恐れる怖がりで、 また、教会にも熱心に通つてゐたやうですが、その恐れとともに 宗教心も消えたと、『わが思索のあと』で言つてゐます。

しかし、これはオーギュスト・コントの影響が大きいらしいの ですが、後には宗教の意義を認めるやうになりました。ただし、 神を認めるといふのではなく、その現実的な効用を認めるのです。 この章でも、さうしたアランの姿勢が窺へると思ひます。例へば、 次の一節。

だから禮式に準じた祈りで、直ぐに慰安をもたらさぬ 樣な祈りは一つもない。このどこまでも肉體的な機械的な効 驗は、來世とか最後の正義とかの約束より遙かに力の強いもので、 來世の約束などは寧ろ理由もわからず救はれた人達に與へる口實 だと僕には思はれる。

宗教に対しては、かなり斜に構へた態度だと言へるでせうが、 他方で、ドグマを

神秘説に反抗する不斷の努力

だと考へたり、 教会での集まりについて

何物も破壞しない人間達の集まりを維 持して行く事、それだけで既に可成麗しいものだ

と述べてゐる のは、相当高い評価だと思ひます。


第3章 < 第4章 > 第5章

ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第7部 目次 >  第4章

Copyright (C) 2005-2006 吉原順之