ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第7部 目次 >  第3章

第3章 結婚

翻訳へ

この章でアランが言つてゐることを一言で言ふとすれば「親し き仲にも礼儀あり」でせう。私は、エーリッヒ・フロムの『愛す るということ』を思ひ出しました。書かれてゐることは、とても 良く似てゐます。フロムは所謂フロイト左派で、アランは精神分 析を認めてゐなかつたといふやうな違ひはありますが。

第一段落の後半に、

そして自分の持つてゐる不變のものを、 他人の手、あらゆる偶然の手に委ね、これをあたかも自然の事實の樣 に檢査する。

といふ文があります。「不變のもの」といふのは constance の訳ですが、古くは「自らを律する精神的な力」を 意味し、文語的な表現では「ねばり強さ」といふ意味もあります。 アランは、かうした意味も含めて使つてゐるやうに思はれます。 また「檢査する」と訳された constater は「事実を確認する、認 める」といふ意味が普通です。

第三段落にあるオーギュスト・コントの「政治學」といふのは、 晩年の著作「実証政治学体系」を指します。この文章からも伺へ るやうに、アランはコントを非常に高く評価してゐました。

最後の段落に、

子供は赤ん坊の時から自然と周圍の喚き聲や 激しい衝動を緩和する、喧嘩も追ひ追ひ無くなるとなれば、子供 の出鱈目な泣き聲も確かな教訓を垂れてゐるわけになる。

といふ文があります。眠つた子供を起こさないやうに、両親は周りで 大声を出したり暴れたりすることを避けるし、もし争ひでこの注 意を怠れば、子供は大声で泣き出し、両親は喧嘩をやめるといふ 訳です。

子澤山の家には神の惠みがあるといふ諺のあるのもそ んな處から來たのである。

家庭の平和の基礎には、かうした言はば生物的な基礎があるの は、確かなことだと思はれます。

幸福な家庭はすべてよく似か よつたものであるが、不幸な家庭はみなそれぞれに不幸である。

といふ『アンナ・カレーニナ』の冒頭の文句が思ひ出されます。


第2章 < 第3章 > 第4章

ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第7部 目次 >  第3章

Copyright (C) 2005-2006 吉原順之