ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第7部 目次 >  第7章

第7章 演劇

翻訳へ

冒頭の

芝居は彌撒ミサと同じく、その効果をしかと感ずる 爲には、屡々出向かねばならぬ。

といふ一節は、昭和11年に 書かれた「演劇について」で引用されてゐます(第5次全集第4 巻223ページ)。この文章の論旨は、

芝居を觀る喜びは、社 會的な喜びである事を忘れてはならぬ。

といふアランの主張に 呼応するものだと思はれます。

第2段落に、

芝居では、殊に音樂の無い芝居では、觀客が、純 化した感動を舞臺に送り返す爲に、嚴格に規定された詩が必要で ある。

とあります。ご存じのやうに、フランスの古典劇では、 セリフは韻を踏んだ詩で書かれてゐました。例へば、次の様に。

MADAME PERNELLE
Allons. Flipote, allons, que d'eux je me délivre.
ELMIRE
Vous marchez d'un tel pas qu'on a peine à vous suivre.
MADAME PERNELLE
Laissez, ma bru, laissez, ne venez pas plus loin :
Ce sont toutes façons dont je n'ai pas besoin.

モリエールの「タルチュフ」の冒頭ですが、délivre と suivre、 loin と besoinが韻を踏んでゐます。第2段落の末尾に、「眞の 幕切れは、あらゆる臺詞の終りにある。」と書かれてゐますが、 繰り返される音の効果だけではなく、韻を外さずに適切な言葉を 当てはめる作家の腕によつても、観客は「解放から解放へと導か れる」のでせう。

細かくなりますが、翻訳についての注を幾つか。最初の段落の

瑣細ささいな物にも好奇の眼を向けねばならぬし、心が め付けられる樣な場合でも、苦しい處まで行つてはなら ぬし

といふ部分は、細事への関心が、心が過度に締め付けられ るのを防ぐ、といふのが原文の意味だと思はれます。なほ、中村 雄二郎さんの訳では、「好奇心をもってはいけない」となつてゐ ますが、小林訳のやうに好奇心は必要なものだと読むのが正しい でせう。

この段落の末尾に「自認する注意」といふ語があります。原文は l’attention avouée で、本人が何に向けてゐるかを自ら認めて ゐるやうな注意、といふ意味でせう。舞台ではなく、近くの席の 美人を横目で観察してゐる男もゐるでせうが、それは「自認」し てゐない注意です。

第2段落のはじめに「劔劇」といふ言葉があります。原文では luttes de cabale となつてをり cabale の争ひといふ意味になり ますが、ウェブで参照できる仏語辞典 http://atilf.atilf.fr/ によれ ば cabale といふ語には「陰謀」とか「徒党」などといふ一般的 な意味に加へて、「劇をぶち壊したり役者の演技を邪魔するため に組織された一団」といふ特殊な意味があるやうです。

同じ段落の「特殊な細い事を氣にして苛々いらいらしてゐる 芝居狂」といふ部分は、dans le particulier といふ句を「特殊な 細い事」と訳したと思はれますが、これは「一人でゐるときは」 とか「普段の生活では」といつた意味の慣用句です。


第6章 < 第7章 > 第8章

ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第7部 目次 >  第7章

Copyright (C) 2005-2006 吉原順之