ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第7部 目次 >  第6章

第6章 音樂

翻訳へ

アランは音楽が好きで、自らピアノを弾いてゐました。ベートー ベンのバイオリンソナタについて書いた『音楽家訪問』といふ著作 もあります。

最初の段落では、人々が一緒に動く際に必要な合図など、音楽の 要素となる日常の活動について述べてゐます。合図には二つの音が 必要で、先の音が後の音を予告し、力を入れたり緩めたりするリズ ムがある、といつた分析は、アランが得意とするところです。

なほ、小林訳でも、中村雄二郎さんの訳でも、二つの音といふのが 「一つは相手に呼び掛ける音、一つは緊張と休息とを規則立てる リズムだ」と解されてゐますが、上のやうに読むのが良いのでは ないでせうか。

第二段落では、人の声について述べ、人の声の高低や強弱が、烈 しい感動と安心や沈着、情念と意志や忠告を表現すると言つてゐま す。後半では、休んだ筋肉は働き、最後には全てが休むといふ規則 から、音楽の終はり方には一つの型ができてゐるとの指摘がなされ ます。器楽では、かうした筋肉の法則は成り立ちませんが、人間の 耳は、同じ事を求めると言ふのです。

第三段落では、音楽の声は、疲れず出し続けるために、純粋な音に なること、小さな努力で大きな音を出すために、和音が生まれる ことなどが指摘されます。

最後の段落では、音楽が「絶間ない喚起と治癒」により大きな喜び を与へると言つてゐます。この段落は、言はば密度が高くて、読み にくいところが多いのですが、後半では、即興演奏と、より永続的 な作品とが対比されてゐるやうです。「音樂が最早手段に過ぎなく なる樣な思索に依つて」、緩急や「壯烈なもの嚴肅なものと氣輕な もの」の組合せを正常なものに連れ戻す、といふ永続的な作品に ついての記述は、ベートーベンの作品を念頭に置いて書かれてゐる やうに感じられます。


第5章 < 第6章 > 第7章

ホーム >  小林訳注釈 目次 >  第7部 目次 >  第6章

Copyright (C) 2005-2006 吉原順之