ホーム >  『81章』目次 >  第4部目次 >  第7章

第7章 自由意志と信念について

注釈へ

自由意志 libre arbitre の方が自由 liberté より良い言ひ方だ。この古い言葉は 全ての自由の拠り所である判断者といふ一番大切な考へを内に持つからだ。判断なし では自由など全くないのは、誰にも明らかだらう。本能が始め、さわぐ心が続く。 動機は心を動かす符号でしかない。もし始めに判断が最初の動きをその源に投げ 返せば、それだけで違つて来る。この機械仕掛けは、放つておけば、直に釣り合ふ。 それに、行動の動機のうちで、いくつかはさわぐ心と同時に消える。これも殆ど 生まれてゐないのだ。ほかの動機は、正しい知覚により表現され、結果まで辿られる。 道はつひに探検されたのだ。あるいは、あらかじめ訳あつて、私は動機がさわぐ心を 一人歩きさせるのを拒否する。調べないといふのも又一つの智慧だからだ。正直な 男はどうすれば捕まらずに盗めるかを探つて楽しんだりはしない。ましてどうすれば 犯したり誘惑したりできるかなどは。さらには、真つ直ぐ心像へと進み、正確な知覚に 還元する。いづれにしても正直な男は、自分の生きるのを眺めて欲望がどこまで 連れていくかを知りたがる者とは、遠く離れてゐる。細かなことがらは考へさへ しないといふ王者の術を忘れるまい。判断がそれを留めないときには、全ては変はり 心像の戯れへと溶け去るのだと賢者は知つてゐるのだから。

かうした記述で、善良な 人はそこに自分の姿を見出すだらうが、我々は既に、動機が告訴人や請願者のやうに 見える機械的な、しかし幾何学を欠いた(整理されてゐない)、目録よりも遙か上に ゐる。ここでは動機は判断者の好意なしでは存在しない。我々は、判断者が動機を 重りのやうに調べる天秤を、もつと軽蔑しよう。冷静な狂者といふものが考へられると すれば、彼はそんな風に考へるのだらう。また次の点にも注意しよう。それは、私 が心理学者として散歩について自分が思ひ廻らすのを分析すると、私の動機は物の やうに離れて見えるといふことだ。だが何故だらう。そのとき私の判断は、散歩 ではなく、必然と自由意志を調べてゐるからだ。自由な行ひの経験は、自由意志の 問題について考察する代はりに、自由に動くことにしかない。だから自由を 教授の示す例の中に探してはいけない。

実行についても同じ種類のことで、言ふべきことが多くある。実行には一連の 行動と道筋が前提となるのだから。この道を辿ると眺めが変はり、少しでも眼を 止めれば、動機が明らかになる。じつくり考へるには一度ならず試さねばならぬ こともよくある。行動もまた、調査のやうなものだ。また、不用意に決めたことに 自分を縛り付けるのは、心がさわいでゐると有り勝ちだが、馬鹿げてゐる。一度 走り出せばもう止まれないといふよくある考への中に、私は運命論的な偶像を見る。 これが片意地といふもので、いつでも怒りを含む。逆に、一貫した意志は一度決めれば 事足れりとはせず、障害物でも決して止まらない。さうなると粘り強さであり、 探求と新たな熟慮によるものだ。どこにも二つ以上の道があり岐路がある。意志と いふものは、決定よりも、自らに対する変はらない信頼や一歩ごとの虚心坦懐な 視線により、自らを現す。

また動かす力についても考へねばならない。妨げられた努力の感じを考へながら これを描き出すのはまづい。注意が丁度そこに行つてはいけないところに引き戻される からだ。行動する力は、先づ持続した意志により、身体が言ふことを聞くやうに常に力みを ほぐす体操により、働く。行動の最中には、注意は身体から完全に離れる。ピアニストは 音楽を考へ、指が思ひ通りに素早く従ふのは、人の言ふとほりだ。自由な人間をよく 見れば、動く魂が機械の中の機械工のやうに体の中に隠れてゐるといふ考へから完全に 解放されるだらう。考へが斥候として進み、身体がそれに随いて行くといつた方が 良からう。だがこれも機械的な心像だ。精神は同時に外と内にある。決して客体や物 ではない。決して押されも、押しもしない。

私は自由意志を、隠されたバネでも見せるやうに、諸君に見せることはできない。 精神は自らを掴めない。自分の考へは客体の中でだけ見つかる。自由意志を存在する 物の一つに数へることはすまい。それを失ひ得るのは明らかだ。それに同意するだけで 充分なのだ。それを解き放つことが出来る者は自分の他にはゐない。だから想像上の 障害を取り除くだけで満足しよう。省察ではそれ以上はできない。仮に自由意志の 証明が何かあつたとしたならば、私はそこから諸君に説明しただらう。ルヌヴィエは これを別の言葉で言つた。肝腎なのは、自らを自由にせねばならないといふことだ、と。 つまり欲することだ。これは意味のない注意ではない。私が自由たれと望むとすぐに 苛立つ人達が多いのだから。だが君の意に反して自由であることを恐れるな。私は そこで何もできない。ここに信念の純粋な姿がある。ここで、長い間その本来の対象から 逸らされてゐた神学の証明が現れる。神なのは信念そのものなのだから。

善を信じる必要がある。それは無いのだから。例へば正義を。それが存在しないから。 正義が愛されるとか望まれると信じるのではない。それでは何を付け加へることにも ならないから。さうではなく、私がそれを為すと信じるのだ。マルクス主義者は正義が 我々がゐなくとも力によつて作られると信じてゐる。だが、この考へを辿つてみるが 良い。この作られる正義はもはや正義ですらない。諸物のある状態に過ぎない。私が それついて持つ考へも同様だ。そしてもし全てがひとりでに成るのならば、また私の 考へも同様ならば、どの考へも他のより優れてゐるといふことは無くなる。誰もが 諸力によつて持つことを許される考へしか持たないからだ。我らがマルクス主義者は、 一つの真実が別のものに取つて代はるのを待つてゐるのだらう。私は、ある人達が 気の向くままに生きるやうに、気の向くままに考へるかうした思想家達を知つてゐる。 真の思想家は気違ひで、精神にやつて来るものを信じるのだといふことになるのか。 この地獄から戻つて来よう。治りたがらない病人は放つて置くしかない。


第6章 < 第7章 > 第8章

ホーム >  『81章』目次 >  第4部目次 >  第7章

Copyright (C) 2005-2006 吉原順之