ホーム >  『81章』目次 >  第7部目次 >  第1章

第1章 連帯について

注釈へ

外国人と暮らすことほど簡単なことはない。言葉の違ひでさらにさうなる。 型どほりのことしか言へないからだ。しかし、また、そこでは真の友情は生まれない。 人は、ある種の嫌悪感が友情とそれほど遠くはないといふことに、しばしば気づいた。 少なくとも、強い友情が、ある種の警戒感と抵抗から始まることは、私には自然だと 思はれる。人は、愛情において、また友情においてさへも、選択肢が少ないことに 驚くことがある。しかし、もつとよく見なければならない。それを生むには制約が 必要なのだ。さうなると誰が選ばれると言ふのだらうか。気に入られたいと思ふこと ほど、人を愚かにするものはない。また、新しい友に対する注意力ほど、誤らせる ものはない。自然な制約であちらではなくここで生きることを強ひられ、この町で 生まれ、この小さな学校に閉ぢ籠められる。それが精神をこの中身のない心理学から 解放するのだ。連帯とは、この自然なつながりだ。似たもの同士や似合ひの者たちの 間ではなく、逆に、意見の合はない、無遠慮な、敵の間のつながりだ。大きな富が あつて落ち着かず情の薄い人間になる場合は別だが、諸君が選ぶときには、必ず 強制的な養子や鼻水を垂らした老婆が付いて来る。遊びの熱で、幼いころに、同類を 愛するやうになるので、余計にさうだ。同じ言葉と、細かな微妙な違ひが分かる町ごとの 歌ふやうな調子を加へたまへ。そして、子供時代の条件は何でも祈つて手に入れるといふことだ。

繋がりがもつと密になると、より強く長続きする友情が生まれる。二人の囚人、級友、 兵士の間のやうに。しかし、何故だらう。制約により、もし自由であつたら必ず嫌に なつてゐたであらうことを、我々が受け入れるからだ。そしてお互ひの善意は、たとへ 強ひられたものであつても、はつきりとした印により別の善意を呼ぶ。金持ちはこの宝を 知らない。殆ど全ての人が、この知恵の最初の実を幸せな気持で、持ち続けてゐる。 しばしば理由も分からずに。全ての人が善意によつてより良くなること、だが、さわぐ心の しわざで自由な結びつきの殆どが壊れてしまふこと、彼らはそれも知らないのだから。 しかしながら経験で眼に見える効果により、誠実さは尊敬される。それは、何があつても 愛さうとすることだ。ここでは順番を逆にしないやう、注意せねばならない。結びつきが 揺るがないのは、その強さによるのではなく、逆に揺るがないから強いのだ。また、我々を 必然的に誠実にさせる、この現実の制約を余り嘆いてはならない。ただ、強ひられた誠実さは、 さうでないものほどは良く物が見えず、自分が望むものを生む力が弱く、そしてより簡単に 満足すると言はねばならない。いづれにせよ、人は自分の持つてゐる愛情を勝ち取らねばならない。

かうした勝利により社会ができるのではない。友情が制約から必ず生まれるのではない。 大違ひだ。隣同士からは憎しみも生まれる。相手が言ひ返すとさわぐ心は熱くなり、自分の 姿を真似るからだ。憎み合ふには何でも良い。それ越しに罵り合ふなら、ぐらつく壁でも、 打たれた犬でも良い。特に、一番普通なのは無関心さで、同じ仕事を持つ者が隣同士にならないとき には、よくあることだ。しかし、それでもしつかりと閉ざされた扉のやうに、誤解を与へる。 これら全ての言葉、全ての表情が、普通にしてゐても、風、雨、太陽が柏の瘤をつくるやうに、 我々を形作るのだから。私は人と話して、その口調にならずにはゐられない。私は、他人からの 注意で初めてそれに気づく。かうして誰もが微笑みや顰(しか)め面、仕草、小さな動きを真似る。 一人一人が自分の村の者になり、しばしばそこでしかある種の気楽さを見つけられなくなるのは、 かうしてだ。自分の形にした寝床のやうだ。そして、これは、それを愛することとは別物だ。

私は、恐慌や度を失つた期待の動き、噂や人の海の力を忘れてはゐない。これは人々がゐるところ ではどこでも影響を与へる。自分の国では尚更で、自分の家の前では更にさうなる。これは動物としての 事実に過ぎず、判断はそこでは何の役にも立たない。しかし、このさわぐ心の予言的な傾向は、 激しい心の動きが何かを予告するといつでも信じるので、判断がそれに続くことがある。羞恥心とは、 この強ひられた判断と他のものとの戦ひに他ならない。そして、私がこの群衆の動きに流されない時には、 私は大きな怒りに捉はれる。いつでもその動きは自らの狂気を、あるいはその動きに立ち向かふといふ狂気を、 私に与へないではゐない。私は捕まり、押し流される。だから、社会とは必ず引きつけを起こしてゐるものだ、 といふことにならう。そして事実、全ての社会がさうなる。戦争が示すやうに。これが倍加されたさわぐ心で あり、別の身体である。リバイアサンの中でどうやつて生きるのか。


第1章 > 第2章

ホーム >  『81章』目次 >  第7部目次 >  第1章

Copyright (C) 2005-2006 吉原順之