小林秀雄 人名索引 か~こ

ホーム >  小林秀雄 人名索引 >  か~こ

                        
統一表記 読み方(綴り) 文中の表記 巻数 作品名 ページ
概観維新史 がいかんいしんし 「概觀維新史」 第7巻 「維新史」 115
懐風藻 かいふうそう 「懷風藻」 第14巻 本居宣長 二十七 280
海北友松 かいほう ゆうしょう 友松 第8巻 光悦と宗達 177
加賀耿ニ かが こうじ 加賀耿ニ 第4巻 文藝月評 XIII 211
鏡里 かがみさと 鏡里 第12巻 「菊地寛文學全集」解説 138
香川景樹 かがわ かげき 香川景樹 第7巻 實朝 413
柿本人麻呂 かきのもとの ひとまろ 人麿 第14巻 本居宣長 十三 126
人麿 第14巻 本居宣長 十九 201
人麿 第14巻 本居宣長 二十 210 212-214
人麿 第14巻 本居宣長 二十七 280
人麿 第14巻 本居宣長 三十四 369
人麿 第14巻 本居宣長 三十五 378
人まろ 第14巻 本居宣長 四十三 444
人まろ 第14巻 本居宣長 四十四 450
人まろ 第14巻 本居宣長 四十七 476
人磨 第14巻 本居宣長 五十 517
柿本人麻呂 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
花鏡 かきょう 「花鏡」 第12巻 無心の心 451
覚盛 かくじょう 覺盛(法師) 第8巻 光悦と宗達 175
覚心 かくしん? 覺心 第14巻 本居宣長 七 82
岳飛 がくひ 岳飛 第5巻 杭州 369
郭沫若 かく まつじゃく 郭沫若 第3巻 文藝月評 VII 368
覚猷(鳥羽僧正) かくゆう(とばそうじょう) 覺猷 第8巻 光悦と宗達 177
鳥羽僧正 第12巻 徳利と盃 313
鹿/弭坂王 かごさかおう 鹿/弭坂王 第9巻 蘇我馬子の墓 205
葛西善蔵 かさい ぜんぞう 葛西善藏 第1巻 アシルと龜の子 I 189
葛西善藏 第2巻 「安城家の兄弟」 117
葛西善藏 第2巻 梶井基次郎と嘉村礒多 193-196
梶井基次郎 かじい もとじろう 梶井基次郎 第2巻 梶井基次郎と嘉村礒多 189-197
梶井基次郎 第3巻 嘉村君のこと 25
梶井基次郎 第3巻 文藝時評 93
梶井 第3巻 夭折の意味 95
梶原景季 かじわら かげすえ 源太景季 第7巻 平家物語 362
梶原景時 かじわら かげとき 梶原景時 第7巻 實朝 409
片岡源五右衛門 かたおか げんごえもん 片岡源五右衞門 第12巻 忠臣藏 I 220
片岡鉄兵 かたおか てっぺい 片岡鐵兵 第1巻 物質への情熱 439
片岡鐵兵 第3巻 「中央公論」の創作 112-114
荷田春満 かだの あずままろ 荷田春滿 第14巻 本居宣長 十九 202-203
荷田春滿 第14巻 本居宣長 二十五 265
春滿 第14巻 本居宣長 二十六 269
荷田のうし 第14巻 本居宣長 四十四 449
荷田在満 かだの ありまろ 荷田在滿 第14巻 本居宣長 四十五 455
勝海舟 かつ かいしゅう 勝安房守 第5巻 文藝月評 XV 315
勝安芳 第12巻 福澤諭吉 336-338
葛飾北斎 かつしか ほくさい 北齋 第9巻 鐵齋 I 31
北齋 第10巻 ゴッホの手紙 320
勝本清一郎 かつもと せいいちろう 勝本清一郎 第4巻 「中央公論」九月號 218
加藤宇万伎 かとう うまき 藤原宇萬伎 第14巻 本居宣長 十七 177
宇萬伎 第14巻 本居宣長 二十 209 212
宇萬伎 第14巻 本居宣長 四十三 444
加藤宇萬伎 第14巻 本居宣長 四十九 497
加藤喜一郎 かとう きいちろう 加藤喜一郎 第12巻 東京 200
加藤清正 かとう きよまさ 加藤清正 第5巻 杭州より南京 387
加藤清正 第7巻 事變の新しさ 100-102
清正 第10巻 眞贋 27
加藤清正 第14巻 本居宣長 七 74
加藤忠広 かとう ただひろ 忠廣 第14巻 本居宣長 七 74
加藤六蔵 かとう ろくぞう 加藤六藏 第11巻 ゴルフ隨筆 34
角川源義 かどかわ げんよし 角川君 講演 8 宣長の学問
楫取魚彦 かとり なひこ 楫取魚彦 第14巻 本居宣長 二十 209
仮名手本忠臣蔵 かなでほんちゅうしんぐら 「忠臣蔵」 第12巻 忠臣藏 I 217 219
「忠臣蔵」 第12巻 忠臣藏 II 233-234 236
「忠臣藏」 第12巻 學問 243
金家 かねいえ 金家 第12巻 325-326 328
兼常清佐 かねつね きよすけ 兼常清佐 第10巻 ヴァイオリニスト 138
狩野永徳 かのう えいとく 永徳 第8巻 光悦と宗達 178
加能作次郎 かのう さくじろう 加能作次郎 第4巻 思想と實生活 70-71
加能作次郎 第4巻 文學者の思想と實生活 124
狩野探幽 かのう たんゆう 探幽 第8巻 光悦と宗達 178
樺山丑ニ かばやま ちゅうじ 樺山(丑ニ) 第13巻 鼎談 座談 334-335
伊賀越道中双六(歌舞伎) かぶき(いがごえどうちゅうすごろく) 「沼津」 第4巻 演劇について 226
京鹿子娘道成寺(歌舞伎) かぶき(きょうがのこむすめどうじょうじ) 道成寺 第4巻 演劇について 224
三人吉三郭初買(歌舞伎) かぶき(さんにんきちさくるわのはつがい) 三人吉三 第6巻 映畫批評について 52
助六(歌舞伎) かぶき(すけろく) 「助六」 第1巻 志賀直哉 156
夕霧伊左衛門(歌舞伎) かぶき(ゆうぎりいざえもん) 夕霧伊左衞門 第1巻 蛸の自殺 20
上泉秀綱 かみいずみ ひでつな 上泉伊勢守 第9巻 私の人生觀 177-178
上司小剣 かみつかさ しょうけん 上司小劍 第3巻 文藝月評 VI 338
上司小劍 第5巻 「中央公論」四月號 92
上司小劍 第5巻 文藝月評 XVI 349
上司小劍 第5巻 舟橋聖一「岩野泡鳴傳」 460
上司小劍 第6巻 疑惑 II 502
上司小劍 別巻1 正宗白鳥の作について 391
神産巣日神/神皇産霊神 かみむすひのかみ 神産巣日神 第14巻 本居宣長 三十八 401-403
神産巣日神 第14巻 本居宣長 四十ニ 433
神産巣日神 第14巻 本居宣長 四十八 489 491
上柳敬基 かみやなぎ たかもと? 上柳敬基 第14巻 本居宣長 五 58
神直毘神 かむなおびのかみ 神直毘神 第14巻 本居宣長 四十 414
神直毘神 第14巻 本居宣長補記 II 654 656
嘉村礒多 かむら いそた 嘉村礒多 第2巻 梶井基次郎と嘉村礒多 189-197
嘉村礒多 第2巻 現代文學の不安 211
嘉村 第2巻 「文藝春秋」の作品 421-422
嘉村 第3巻 嘉村君のこと 25-27
嘉村礒多 第3巻 「嘉村礒多全集」 115
亀井勝一郎 かめい かついちろう 龜井勝一郎 第5巻 第四囘池谷信三郎賞推薦理由 433-434
龜井勝一郎 第7巻 期待する人 23
龜井勝一郎 第8巻 舊文學界同人との對話 140-158
龜井勝一郎 第9巻 蘇我馬子の墓 209
龜井 第9巻 偶像崇拜 404
龜井 第13巻 「龜井勝一郎全集」 補III 399
蒲生氏郷 がもう うじさと 蒲生氏郷 第14巻 本居宣長 一 26
蒲生氏郷 第14巻 本居宣長 三 41
鴨長明 かもの ちょうめい 長明 第7巻 徒然草 379
方丈記(鴨長明) かもの ちょうめい(ほうじょうき) 「方丈記」 第9巻 金閣燒亡 358-359
賀茂真淵 かもの まぶち 眞淵 第7巻 實朝 405 412 414 417
あがたゐのうし 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 165 167 190-193 195-197
眞淵 第14巻 本居宣長 四 51
縣居ノ大人 第14巻 本居宣長 六 67-69
眞淵 第14巻 本居宣長 九 98
あがたゐのうし 第14巻 本居宣長 十ニ 121-122
眞淵 第14巻 本居宣長 十六 167
眞淵 第14巻 本居宣長 十七 173-178
眞淵 第14巻 本居宣長 十八 183
縣居ノ大人 第14巻 本居宣長 十九 194-205
眞淵 第14巻 本居宣長 二十 206-218
眞淵 第14巻 本居宣長 二十一 218 220-221 223 225 228
眞淵 第14巻 本居宣長 二十ニ 229
眞淵 第14巻 本居宣長 二十三 246-248 250-251
眞淵 第14巻 本居宣長 二十四 254
眞淵 第14巻 本居宣長 二十五 258-260 262
眞淵 第14巻 本居宣長 二十六 268-269 273
眞淵 第14巻 本居宣長 二十七 287
眞淵 第14巻 本居宣長 二十八 291-292 300-301
眞淵 第14巻 本居宣長 三十ニ 343
眞淵 第14巻 本居宣長 三十四 369
あがたゐのうし 第14巻 本居宣長 四十 422
眞淵 第14巻 本居宣長 四十三 443-448
眞淵 第14巻 本居宣長 四十四 448-455
眞淵 第14巻 本居宣長 四十五 455-465
眞淵 第14巻 本居宣長 四十六 465-471 473-474
眞淵 第14巻 本居宣長 四十七 475-482
眞淵 第14巻 本居宣長 四十八 485 489-490
眞淵 第14巻 本居宣長 四十九 503
二人 第14巻 「本居宣長」をめぐって 対談 538
賀茂眞淵 第14巻 感想 553
眞淵 第14巻 本居宣長補記 I 587 595
賀茂眞淵 講演 1 文学の雑感
賀茂眞淵 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
賀茂真淵 講演 5 随想二題 II 感想
真淵 講演 8 宣長の学問
嘉門安雄 かもん やすお 嘉門安雄 第11巻 「近代繪晝」著者の言葉  507
唐木順三 からき じゅんぞう 唐木 第2巻 文藝月評 III 409
唐木順三 第11巻 第七囘讀賣文學賞選後感 補III 156
辛島? からしま? 辛島 第5巻 三浦三崎 358
河合栄治郎 かわい えいじろう 河合榮治郎 第5巻 大學の垣 52
河井継之助 かわい つぐのすけ 河井繼之助 第13巻 大佛次郎追悼 376-377
河上綾子 かわかみ あやこ 君の奥さん 第13巻 鼎談 座談 332
川上喜久子 かわかみ きくこ 川上喜久子 第4巻 川上喜久子「滅亡の門」 244-245
川上喜久子 第5巻 「文學界」編輯後記 16 93
川上喜久子 第5巻 「文學界」編輯後記 18 224
川上喜久子 第5巻 第二囘池谷信三郎賞推薦理由 231
河上徹太郎 かわかみ てつたろう 河上徹太郎 第2巻 小説の問題 I 233
河上徹太郎 第2巻 手帳 III 340
河上徹太郎 第2巻 アンドレ・ジイド 361
河上徹太郎 第3巻 文學界の混亂 18 21
河上徹太郎 第3巻 嘉村君のこと 25
河上徹太郎 第3巻 「罪と罰」について I 31
河上徹太郎 第3巻 文藝時評 90-91
河上徹太郎 第3巻 レオ・シェストフの「悲劇の哲學」 96
河上徹太郎 第3巻 レオ・シェストフの「虚無よりの創造」 203
河上徹太郎 第3巻 文藝月評 V 313
河上 第3巻 「文學界」編輯後記 1 349
河上徹太郎 第3巻 文學批評家への註文 362
河上徹太郎 第3巻 私小説論 403
河上徹太郎 第4巻 「文學界」編輯後記 10 17
河上徹太郎 第4巻 井の中の蛙 51
河上徹太郎 第4巻 文學者の思想と實生活 122
河上徹太郎 第4巻 小説のリアリティ 142
河上徹太郎 第5巻 事件の報道 60
河上 第5巻 「文學界」編輯後記 16 93
河上 第5巻 「文學界」編輯後記 17 148
河上 第5巻 「文學界」編輯後記 19 242
河上徹太郎 第5巻 山本有三「眞實一路」を廻って 442
河上徹太郎 第5巻 舟橋聖一「岩野泡鳴傳」 460
河上 第6巻 「文學界」編輯後記 22 43
河上徹太郎 第6巻 疑惑 I 64-65
河上徹太郎 第6巻 疑惑 II 505
河上 第6巻 疑問 510-511
河上徹太郎 第8巻 舊文學界同人との對話 140-158
河上徹太郎 第9巻 醉漢 193-194 196-197
河上徹太郎 第11巻 美の行脚 對談 66-84
河上徹太郎 第11巻 文藝春秋と私 127
河上徹太郎 第11巻 蟹まんぢゆう 225
河上徹太郎 第12巻 歴史 91 100
河上 第12巻 第六囘新潮社文學賞選後感 補III 286
河上徹太郎 第13巻 「河上徹太郎全集」 308-309
河上徹太郎 第13巻 鼎談 座談 327-351
河上徹太郎 第14巻 「岡倉天心全集」 619-620
河上徹太郎 第14巻 歴史について 對談 621-640
河上徹太郎 第14巻 河上君の全集 704-709
河上徹太郎 別巻1 正宗白鳥の作について 416-419 440 445
河上徹太郎君 講演 7 正宗白鳥の精神
川上哲治 かわかみ てつはる 川上(選手) 第11巻 美を求める心 230
河上肇 かわかみ はじめ 河上肇 第12巻 歴史 91
河上肇 第14巻 「岡倉天心全集」 619
河上肇 別巻1 正宗白鳥の作について 416-419
川上眉山 かわかみ びざん 川上眉山 第5巻 野上豐一郎の「翻譯論」 354
川口常文 かわぐち つねぶみ 川口常文 第14巻 本居宣長 ニ 38
川口常文 第14巻 本居宣長 二十 206
川口松太郎 かわぐち まつたろう 川口松太郎 第4巻 初舞臺 35-36
川口松太郎 第12巻 役者 114
川島皇子 かわしまのみこ 川嶋皇子 第14巻 本居宣長 ニ十九 304
川田順 かわだ じゅん 川田順 第7巻 實朝 420
河竹黙阿弥 かわたけ もくあみ 黙阿彌 第4巻 演劇について 223
川端康成 かわばた やすなり 川端康成 第1巻 アシルと龜の子 I 178
川端康成 第1巻 横光利一 397
川端康成 第2巻 川端康成「伊豆の踊子」跋 252
川端康成 第2巻 批評について 386
川端 第2巻 文藝時評 399
川端 第2巻 故古賀春江氏の水彩畫展 429
川端康成 第2巻 文藝批評と作品 457
川端康成 第3巻 新年號創作讀後感 79
川端康成 第3巻 文藝時評 89 92-93
川端 第3巻 「校友會雜誌」懸賞小説選後感想 346
川端 第3巻 「文學界」編輯後記 3 361
川端康成 第3巻 文藝月評 VII 375
川端康成 第3巻 私小説論 405
川端康成 第3巻 ルナアルの日記 447
川端康成 第3巻 文藝月評 VI 335-336
川端康成 第3巻 創作發表の形式について 409-410 412
川端康成 第4巻 文藝月評 IX--岸田國士の「風俗時評」其他 45
川端 第4巻 「文學界」編輯後記 11 47
川端康成 第4巻 文藝月評 X 59
川端康成 第4巻 文藝時評のジレンマ 73 80
川端 第4巻 「文學界」編輯後記 15 150
川端康成 第4巻 芥川賞寸感 183
川端康成 第4巻 文藝月評 XIII 205-206 208
川端康成 第5巻 現代作家と文體 196
川端康成 第5巻 女流作家 307 309-310
川端 第5巻 蘇州 411
川端康成 第6巻 文藝月評 XVIII--「假裝人物」について其他 33
川端 第6巻 島木健作君 51
川端康成 第7巻 清君の貼紙繪 38
川端康成 第7巻 無常といふ事 359
川端康成 第7巻 川端康成 239-246
川端康成 第8巻 鐵齋 I 188
川端 第9巻 古典をめぐりて 對談 233
川端 第9巻 第二囘横光利一賞詮衡後記 280
川端康成 第13巻 「川端康成全集」 307
川辺信一 かわべ しんいち 川邊信一 第14巻 本居宣長補記 I 592 603
河盛好藏 かわもり よしぞう 河盛好藏 第5巻 ポオル・ヴァレリイ「詩學敘説」 463
韓大年 かん たいねん? 韓大年 第9巻 鐵齋を語る 座談 21
韓大年 第9巻 鐵齋 II 32
顔淵(顔回) がんえん(がんかい) 顔淵 第2巻 手帳 IV 449
孔子の一番弟子 第14巻 本居宣長補記 I 582
顔輝 がんき 顔輝 第9巻 雪舟 236 239
漢書 かんじょ 「漢書」 第14巻 本居宣長 二十八 288
「漢書」 第14巻 本居宣長 三十一 328
鑑真 がんじん 鑑眞 第9巻 私の人生觀 133
観世音菩薩 かんぜおんぼさつ 觀音菩薩 第5巻 杭州 370
觀音 第11巻 鐵齋 IV 242
觀音菩薩 第13巻 新年雜感 386
神田喜一郎 かんだ きいちろう 神田喜一郎 第13巻 「鐵齋扇面」跋 253
神田英子 かんだ ひでこ? 神田 第2巻 ニ科展を見る 424
蒲原有明 かんばら ありあけ 有明 第5巻 「薄田泣菫全集」 466
有明 第10巻 「現代日本詩人全集」 補II 559
桓武天皇 かんむてんのう 桓武天皇 第14巻 本居宣長 三 41
観無量寿経 かんむりょうじゅきょう 「觀無量壽經」 第9巻 私の人生觀 131
「觀無量壽經」 第9巻 偶像崇拜 405-406
木内信胤 きうち のぶたね 木内さん 講演 3 本居宣長
喜海 きかい 喜海 第9巻 私の人生觀 139
雉名鳴女 きぎしななきめ 雉名鳴女 第14巻 本居宣長 四十五 462
菊岡久利 きくおか くり 菊岡久利 第5巻 「中央公論」四月號 92
菊岡(久利) 第13巻 交友對談 對談 424
がめつい奴(菊田一夫) きくた かずお(がめついやつ) 「がめつい奴」 第12巻 役者 119-121
菊池寛 きくち かん 菊池 第1巻 斷片十二 56
菊池寛 第1巻 測鉛 II 105
菊池寛 第2巻 心理小説 51
菊池寛 第2巻 作家志願者への助言 315
菊池寛 第3巻 私小説論 388
菊池寛 第4巻 現代小説の諸問題 98
菊池寛 第4巻 文學者の思想と實生活 119
菊池寛 第4巻 若き文學者の敎養 144
菊池寛 第4巻 演劇について 226
菊池寛 第4巻 林房雄「浪曼主義のために」 231
菊池 第4巻 同人通信 232
菊池寛 第5巻 菊池寛論 31-49
菊池寛 第5巻 窪川鶴次郎氏へ 132
菊池寛 第6巻 疑惑 II 508
菊池寛 第6巻 日比野士朗「呉淞クリーク」 573
菊池寛 第7巻 モオロアの「英國史」について 61-62
菊池寛 第7巻 マキアヴェリについて 123
菊池寛 第7巻 歴史と文學 195 200
菊池寛 第8巻 舊文學界同人との對話 145
菊池 第8巻 菊池さんの思ひ出 185-187
菊池寛 第8巻 傳統と反逆 對談 218 221
菊池寛 第8巻 大作家論 對談 380 386 391 400 407
菊池寛 第9巻 文學と人生 對談 96
菊池寛 第9巻 私の人生觀 153 177-178
菊池寛 第9巻 感想☆(注 2) 202
菊池 第9巻 年齡 316-317
菊池寛 第10巻 井上友一郎「桃中軒雲右衛門」序 417
菊池寛 第11巻 喋ることと書くこと 11-12
菊池寛 第11巻 菊地寛 98-103
菊池寛 第11巻 文藝春秋と私 126 128
菊池寛 第12巻 讀者 72
菊池寛 第12巻 役者 114-117
菊池寛 第12巻 「菊地寛文學全集」解説 122-134
菊池寛 第12巻 忠臣藏 II 231-234
菊池寛 第12巻 永井龍男「菊地寛」序 264
菊池寛 第12巻 文學と人生 座談 479
菊池寛「貞操問答」 きくち かん(ていそうもんどう) 菊池寛「貞操問答」 第3巻 文藝月評 VIII ー岸田國士「鞭を鳴らす女」其他 472 474-476 478
菊池正士 きくち せいし 菊池正士(博士) 第12巻 常識 39
義経記 ぎけいき 「義經記」 第11巻 鎌倉 248
きけわだづみのこえ きけわだづみのこえ 「きけわだつみのこえ」 第9巻 「きけわだつみのこえ」 198-199
「きけわだつみのこえ」 第9巻 「ペスト」 I☆(注 2) 337-338
「きけわだつみのこえ」 第10巻 政治と文學 91 102
義剛 ぎごう 義剛 第12巻 學問 247-248
義剛 第14巻 本居宣長 七 76
義剛 講演 8 宣長の学問
喜左衛門 きざえもんいど 喜左衞門(井戸) 第10巻 眞贋 26-28
貴司山治 きし やまじ 貴司山治 第1巻 物質への情熱 439
貴司山治 第3巻 文藝月評 VI 339
岸田国士 きしだ くにお 岸田國士 第2巻 手帳 II 322-323 326
岸田國士 第3巻 僕の手帖から 111
岸田國士 第3巻 文藝月評 VI 330-331
岸田國士 第3巻 文藝月評 VIII ー岸田國士「鞭を鳴らす女」其他 472 477-478
岸田國士 第4巻 文藝月評 IX--岸田國士の「風俗時評」其他 41-42
岸田國士 第4巻 井の中の蛙 49 51
岸田國士 第4巻 演劇について 224 227-228
岸田國士 第5巻 菊池寛論 45
岸田國士 第5巻 事變下と知識 292
岸田國士 第5巻 支那より還りて 397
岸田國士 第6巻 文藝月評 XVIII--「假裝人物」について其他 38-40
岸田國士 第6巻 文藝月評 XVIII 91-92 95-97
岸田國士 第6巻 疑惑 II 500
岸田國士 第6巻 學者と官僚 555
岸田國士 第8巻 大作家論 對談 410
岸田國士 第9巻 小林秀雄とともに 座談 62
岸田劉生 きしだ りゅうせい 岸田劉生 第7巻 梅原龍三郎 450
岸田劉生 第9巻 文學と人生 對談 104
岸田劉生 第11巻 美術を語る 對談 143 146-147
徽宗 きそう 徽宗皇帝 第11巻 私の空想美術館 515
北畠顕家 きたばたけ あきいえ 顯家 第7巻 歴史と文學 219
北畠親房 きたばたけ ちかふさ 北畠親房 第7巻 モオロアの「英國史」について 63
親房 第7巻 歴史と文學 219-220
職原抄(北畠親房) きたばたけ ちかふさ(しょくげんしょう) 職原抄 第14巻 本居宣長 二十 209
北原白秋 きたはら はくしゅう 北原白秋 第5巻 「改造」五月號 121
北原白秋 第5巻 山本有三「眞實一路」を廻って 458
北御門二郎 きたみかど じろう 北御門 第14巻 北御門君のトルストイ 補III 529
湖月抄(北村季吟) きたむら きぎん(こげつしょう) 「湖月抄」 第14巻 本居宣長 十六 165 167
「湖月抄」 第14巻 本居宣長 十七 174
北村透谷 きたむら とうこく 透谷 第5巻 長篇小説に就いて 245
透谷 第5巻 現代日本の表現力 474
木寺黎ニ きでら れいじ 木寺黎ニ 第5巻 小熊秀雄君へ 130
紀清人 きの きよひと 紀朝臣清人 第14巻 本居宣長 四十六 470
紀貫之 きの つらゆき 貫之 第14巻 本居宣長 十三 126-129
貫之 第14巻 本居宣長 二十七 277 280 282-287
紀貫之 第14巻 感想 554
貫之 講演 5 随想二題 II 感想
土佐日記(紀貫之) きの つらゆき(とさにっき) 「土佐日記」 第14巻 本居宣長 十三 126 129
紀淑望 きの よしもち 淑望 第14巻 本居宣長 二十七 284
紀国屋文左衛門 きのくにや ぶんざえもん 紀文 第12巻 忠臣藏 II 237
黄不動 きふどう 「黄不動」 第9巻 高野山にて 360
金芝河 キム ジハ 金なんとかいう詩人 講演 2 信ずることと考えること
木村浩 きむら ひろし 木村浩 第12巻 ネヴァ河 502-503 505-506
木村義雄 きむら よしお 木村(義雄)(名人) 第8巻 傳統と反逆 對談 203
木村八段 講演 4 現代思想について
木山捷平 きやま しょうへい 木山捷平 第3巻 文藝月評 VII 372
九兵衛 きゅうべえ? 九兵衛 第14巻 本居宣長 七 82
ぎょう 第14巻 本居宣長補記 I 582
玉澗 ぎょくかん 玉澗 第9巻 雪舟 242
玉葉和歌集 ぎょくようわかしゅう 玉葉 第14巻 本居宣長 二十一 228
吉良義央 きら よしなか 上野介 第12巻 忠臣藏 I 220-221
アイオロス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Aiolos) アイオロス 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 383
アガメムノン(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Agamemnon) アガメムノン 第11巻 ギリシアの印象 132-133 137-138
アポロン(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Apollon) アポロン 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 344
アポロ 第11巻 ギリシアの印象 136
アポロン 第11巻 惡魔的なもの 272-273
エリニュス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Erinys) エリニイ 第1巻 ランボオ詩集 329
オイディプス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Oidipus) エディップ 第4巻 精神と情熱とに關する八十一章 翻訳 アラン著 423
エディポス 第11巻 ハムレットとラスコオリニコフ 113-114
オルフェウス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Orpheus) オルフェウス 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 400
カッサンドラ(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Kassandra) カッサンドラ 第11巻 ギリシアの印象 138
ガラテア(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Galateia) ガラテア 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 363
キルケー(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Circe) シルセ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 397
クリタイムネストラ(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Klytaimnestra) クリタイムネストラ 第11巻 ギリシアの印象 135
クリュティエ(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Clytie) クリティ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 333-334
ケンタウロス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Kentauros) サントオル 第1巻 ランボオ詩集 331
サントオル 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 443
サイレン(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Siren) サイレン 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 391
ゼウス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Zeus) ゼウス 第11巻 ギリシアの印象 137
ゼウス 第13巻 オリンピックのテレビ 117
ゼウス 第14巻 本居宣長補記 I 568
ダフニス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Daphnis) ダフニス 第10巻 ゴッホの手紙 295
ディオニュソス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Dionysos) ディオニュソス 第9巻 ニイチェ雜感 367
ディオニソス 第13巻 バイロイトにて 19
ナルキッソス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Narkissos) ナルシス 第11巻 近代繪晝 ピカソ 494
ニケ(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Nike) ニケ 第11巻 美の行脚 對談 74
ニンフ(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (nymph) ニンフ 第11巻 近代繪晝 セザンヌ 325
ニンフ 第11巻 近代繪晝 ルノアール 399
ニンフ 第11巻 近代繪晝 ピカソ 494
バッカス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Bacchus) バッカス 第1巻 ランボオ詩集 331
バッカス 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 381
バッカス 第12巻 旅と酒 補III 284
パン(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Pan) 牧神(パーン) 第1巻 ランボオ詩集 319
牧羊神 第2巻 谷崎潤一郎 93
パン 第11巻 ギリシアの印象 136
ヒドラ(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Hydra) 七頭蛇(イドル) 第1巻 ランボオ詩集 377
プシュケー(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Psyche) プシシェ 第1巻 ランボオ詩集 348
プロテウス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Proteus) プロテ 第2巻 アンドレ・ジイド 349
プロメテウス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Prometheus) プロメテ 第2巻 Xへの手紙 281
プロメテ 第2巻 アンドレ・ジイド 359
プロメシュウス 第4巻 文學の傳統性と近代性 256
プロメシウス 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 414
プロメシウス 第11巻 ギリシアの印象 137
ヘスペリデス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Hesperides) エスペリイド 第1巻 ランボオ詩集 291
ヘラクレス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Herakles) ヘラクレス 第10巻 ゴッホの手紙 385
ヘラクレス 別巻1 感想 八 74
ヘルメス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Hermes) ヘルメス 第11巻 美の行脚 對談 75
ヘルメス 第11巻 ギリシアの印象 135
ヘレネー(ギリシャ神話) ギリシャしんわ(Helene) ヘレナ 第8巻 モオツァルト 48
ミノタウロス(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Minotauros) ミノタウロス 第11巻 近代繪晝 ピカソ 497
ミューズ(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Muse) ミューズ 第1巻 佐藤春夫のヂレンマ 78
ミュウズ 第6巻 ドストエフスキイの生活 序 114
ミュウズ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 404 453
ミューズ 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 214
ラオコーン(ギリシャ神話) ギリシャしんわ (Laokoon) ラオコオン 第6巻 映畫批評について 58
金文輯 きん ぶんしゅう 金文輯 第2巻 金文輯君へ 431-432
金葉和歌集 きんようわかしゅう 「金葉集」 第12巻 天の橋立 359
空海 くうかい 空海 第5巻 杭州 372
空海 第9巻 私の人生觀 149
愚管抄 ぐかんしょう 「愚管抄」 第9巻 蘇我馬子の墓 208
九鬼嘉隆 くき よしたか 九鬼嘉隆 第7巻 事變の新しさ 99
公暁 くぎょう 公暁 第7巻 實朝 407 413
草野心平 くさの しんぺい 草野心平 第14巻 草野君の全集 561
旧事紀 くじき 舊事紀 第14巻 本居宣長 三十一 327-328
救世観音 ぐせかんのん 救世觀音 第7巻 傳統 247-249 251-253 255
百済観音 くだらかんのん 百濟觀音 第7巻 感想 166
国木田独歩 くにきだ どっぽ 獨歩 第1巻 斷片十二 58
獨歩 第3巻 文藝時評 92
獨歩 第3巻 私小説論 384
獨歩 第5巻 野上豐一郎の「翻譯論」 354
国之常立神/国常立尊 くにのとこたちのかみ/みこと 國常立尊 第14巻 本居宣長 三十一 336
國之常立神 第14巻 本居宣長 三十九 410
國之常立神 第14巻 本居宣長 五十 513 515
國ノ常立ノ尊 第14巻 本居宣長補記 II 667
窪川いね子 くぼかわ いねこ 窪川いね子 第2巻 文藝月評 I 133-134
窪川いね子 第2巻 文藝月評 III 405
窪川稻子 第3巻 「中央公論」の創作 112-113
窪川いね子 第6巻 文藝月評 XVIII--「假裝人物」について其他 41-42
窪川稻子 第11巻 菊池寛 99-100
窪川鶴次郎 くぼかわ つるじろう 窪川鶴次郎 第3巻 文藝月評 IV 220-221
窪川鶴次郎 第5巻 窪川鶴次郎氏へ 132-133
窪川鶴次郎 第5巻 ジイド「ソヴェト旅行記」III 185-188
窪田空穂 くぼた うつぼ 窪田空穗 第9巻 好色文學 322
久保田万太郎 くぼた まんたろう 久保田万太郎 第2巻 梶井基次郎と嘉村礒多 197
久保田万太郎 第4巻 文藝月評 X 59
久保田万太郎 第4巻 文藝月評 XI 90
久保田万太郎 第5巻 「中央公論」二月號 65
久保田万太郎 第5巻 「改造」七月號 205
久保田万太郎 第8巻 近代の毒 對談 104
久保田万太郎 第8巻 嵯峨澤にて 135-136
久保田万太郎 第9巻 小林秀雄とともに 座談 46-77
万太郎 第9巻 「形」を見る眼 對談 296
久保田万太郎 第11巻 ゴルフ隨筆 31
久保田 第12巻 文學と人生 座談 474 484
熊谷小次郎直家 くまがい こじろうなおいえ 熊谷小次郎直家 第7巻 實朝 427-428
熊谷直実 くまがい なおざね 熊谷直實 第7巻 實朝 427
熊沢蕃山 くまざわ ばんざん 熊澤蕃山 第12巻 學問 248-250
蕃山 第12巻 徂徠 257
蕃山 第12巻 ヒューマニズム 301 306-309
蕃山 第13巻 交友對談 對談 451
熊澤蕃山 第14巻 本居宣長 九 96-97 101 103
熊澤蕃山 第14巻 本居宣長 四十三 439-440
蕃山 第14巻 本居宣長 四十七 479
熊澤蕃山 第14巻 本居宣長補記 I 568
熊澤蕃山 講演 3 本居宣長
熊澤蕃山「三輪物語」 くまざわ ばんざん(みわものがたり) 熊澤蕃山「三輪物語」 第14巻 本居宣長補記 II 684 688
聖徳太子実録(久米邦武) くめ くにたけ(しょうとくたいしじつろく) 「聖徳太子實録」 第9巻 蘇我馬子の墓 208
久米正雄 くめ まさお 久米正雄 第1巻 斷片十二 55
久米正雄 第2巻 私小説について 420
久米正雄 第3巻 新年號創作讀後感 82
久米久雄 第3巻 カヤの平 235
久米久雄 第3巻 私小説論 380-382 388-389
久米久雄 第3巻 文藝月評 VIII ー岸田國士「鞭を鳴らす女」其他 474-476
久米 第4巻 初舞臺 34-36
久米正雄 第4巻 現代小説の諸問題 98
久米 第5巻 草津行--スキー・カーニヴァル記 69
久米正雄 第8巻 舊文學界同人との對話 145
久米 第8巻 菊池さんの思ひ出 186
久米 第11巻 菊池寛 92
倉石武四郎 くらいし たけしろう 倉石武四郎 第11巻 「論語」 552
倉石武四郎 第12巻 好き嫌ひ 33
倉石武四郎 第14巻 本居宣長 十 103
倉田百三 くらた ひゃくぞう 倉田百三 第9巻 感想☆(注 2) 202
倉田百三 第9巻 年齡 317
愛と認識の出発(倉田百三) くらた ひゃくぞう(あいとにんしきのしゅっぱつ) 愛と認識の出発 第1巻 蛸の自殺 14
倉野憲司 くらの けんじ 倉野憲司 第14巻 本居宣長補記 II 646
蔵原惟人 くらはら これひと 藏原惟人 第2巻 私小説について 416
来島 くるしま 來島(兄弟) 第7巻 事變の新しさ 99
クルシマ くるしま クルシマ 第14巻 本居宣長 八 87
黒田辰秋 くろだ たつあき 黒田辰秋 第13巻 「黒田辰秋 人と作品」序 370
黒田辰男 くろだ たつお 黒田辰男 第12巻 ネヴァ河 510
桑原武夫 くわばら たけお 桑原武夫 第3巻 アランの事 70
群書類従 ぐんしょるいじゅう 「群書類従」 第7巻 西行 391
景行天皇 けいこうてんのう 景行 第9巻 蘇我馬子の墓 204
倪<王賛>(注 1) げいさん 倪雲林 第5巻 蘇州 409
契沖 けいちゅう 契沖 第12巻 言葉 113
契沖 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 167-168 190 192 198
契沖 第12巻 忠臣藏 II 237
契沖 第12巻 學問 247-248
契沖 第14巻 本居宣長 四 51 53-56
契沖 第14巻 本居宣長 五 64
契沖 第14巻 本居宣長 六 65-70 72-73
契沖 第14巻 本居宣長 七 73-82
契沖 第14巻 本居宣長 八 83
契沖 第14巻 本居宣長 九 94 96 98
契沖 第14巻 本居宣長 十ニ 124-125
契沖 第14巻 本居宣長 十六 167
契沖 第14巻 本居宣長 十七 173 177-178
契沖 第14巻 本居宣長 十八 183
契沖 第14巻 本居宣長 十九 195 197-198 200
契沖 第14巻 本居宣長 二十 216
契沖 第14巻 本居宣長 二十一 221
契沖 第14巻 本居宣長 二十三 250-251
契沖 第14巻 本居宣長 二十六 274-276
契沖 第14巻 本居宣長 二十七 277 282 285
契沖 第14巻 本居宣長 三十六 387
契沖 第14巻 本居宣長 四十一 426-427
契沖 第14巻 本居宣長 四十ニ 435
契沖 第14巻 本居宣長 五十 517
契沖 第14巻 本居宣長補記 II 672-674
契沖 講演 1 文学の雑感
契沖 講演 8 宣長の学問
兼賢阿闍梨 けんげんあざり 兼賢阿闍梨 第7巻 西行 398
兼好 けんこう 兼好 第7巻 歴史と文學 198
兼好 第7巻 無常といふ事 358
兼好 第9巻 私の人生觀 134
兼好 第9巻 蘇我馬子の墓 213
兼好 第9巻 古典をめぐりて 對談 226
兼好 第9巻 好色文學 325
兼好 第9巻 金閣燒亡 352-353
兼好 第12巻 青年と老年 399
兼好(法師) 第13巻 生と死 361-366
徒然草(兼好) けんこう(つれづれぐさ) 「徒然草」 第5巻 日本語の不自由さ 301
徒然草 第7巻 徒然草 378-380
「徒然草」 第8巻 大作家論 對談 395
「徒然草」 第9巻 文學と人生 對談 108
「徒然草」 第9巻 年齡 317
「徒然草」 第12巻 青年と老年 398-399
「徒然草」 第13巻 藝について 對談 267
徒然草 講演 7 正宗白鳥の精神
源信(恵心僧都) げんしん(えしんそうず) 惠心(僧都) 第9巻 私の人生觀 136
源平盛衰記 げんぺいじょうすいき 「盛衰記」 第7巻 平家物語 361
「源平盛衰記」 第9巻 金閣燒亡 359
「源平盛衰記」 第13巻 花見 67
元明天皇 げんめいてんのう 元明天皇 第14巻 本居宣長 二十八 290-292 294
建礼門院右京大夫集 けんれいもんいんうきょうのだいぶしゅう 「建禮門院右京大夫集」 第7巻 實朝 423
呉清源 ご せいげん 呉清源 第7巻 川端康成 246
小泉八雲 こいずみ やくも 小泉八雲 第4巻 「小泉八雲全集」 補I 434
八雲 第13巻 「全譯小泉八雲作品集」 補III 389-390
孔安国 こう あんこく 孔安國 第14巻 本居宣長 三十ニ 339
高芙蓉 こう ふよう 高芙蓉 第9巻 鐵齋を語る 座談 21
高芙蓉 第9巻 鐵齋 II 32
康熙字典 こうきじてん 「康熙字典」 第12巻 染付皿 418
孝経 こうきょう 「孝經」 別巻1 正宗白鳥の作について 397
孝経 講演 7 正宗白鳥の精神
香西昇 こうさい のぼる 香西昇 第11巻 菊池寛 99
高坂弾正 こうさか だんじょう 高坂彈正 第12巻 326
孔子 こうし 孔子 第2巻 手帳 IV 449-450
孔子 第7巻 文學と自分 133
孔子 第7巻 匹夫不可奪志 232 234
孔子 第7巻 歴史の魂 371
孔子 第7巻 文學者の提携について 445
孔子 第9巻 鐵齋 II 32
古人 第9巻 私の人生觀 170
孔子 第9巻 年齡 314-315
孔子 第10巻 中庸 154-156
孔子 第11巻 理想 108
孔子 第11巻 嘘をつくな 補III 159-160
孔子 第11巻 鐵齋 IV 242
孔子 第11巻 國語といふ大河 266
孔子 第11巻 「論語」 551-558
孔子 第12巻 好き嫌ひ 34 36
孔子 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 175
孔子 第12巻 學問 253
孔子 第12巻 徂徠 258-260
孔子 第12巻 辧名 271-273
孔子 第12巻 還暦 344 349-350 353
孔子 第12巻 哲學 388 390-396
孔子 第12巻 天命を知るとは 404-408 410-411
孔子 第12巻 歴史 431
孔子 第12巻 442-443 449
孔子 第12巻 文學と人生 座談 477
孔子 第13巻 敎養といふこと 對談 57
孔子 第13巻 常識について 110-116
孔子 第13巻 生と死 364-367
孔子 第14巻 本居宣長 四 51
孔子 第14巻 本居宣長 五 59-64
孔子 第14巻 本居宣長 八 90
孔子 第14巻 本居宣長 九 98-99
孔子 第14巻 本居宣長 十 105 107
孔子 第14巻 本居宣長 十三 128 135
孔子 第14巻 本居宣長 十八 194
孔子 第14巻 本居宣長 三十一 327
孔子 第14巻 本居宣長 三十ニ 338-340 346-349 352-353
孔子 第14巻 本居宣長 三十三 354-357
孔子 第14巻 本居宣長 三十七 389-390
孔子 第14巻 本居宣長 四十三 445 448
孔子 第14巻 本居宣長 四十四 450
孔子 第14巻 本居宣長補記 I 577 581-584
孔子 第14巻 歴史について 對談 629
孔子 講演 3 本居宣長
孔子 講演 4 現代思想について
孔子 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
孔子 講演 8 宣長の学問
勾践 こうせん (越王)勾踐 第5巻 杭州 374
幸田文 こうだ あや 幸田文 第11巻 幸田文「おとうと」 249
幸田文 第11巻 「幸田文全集」 516
幸田露伴 こうだ ろはん 幸田露伴 第2巻 純粹小説といふものについて 176
紅露二氏 第3巻 私小説論 383
露伴 第8巻 舊文學界同人との對話 154
幸田露伴 第8巻 骨董 290
幸田露伴 第11巻 菊池寛 93
露伴 別巻1 正宗白鳥の作について 382
山鹿護送(講談) こうだん(やまがごそう) 「山鹿護送」 第12巻 學問 244
河野伊三郎 こうの いさぶろう 河野伊三郎 別巻1 感想 五十四 358
河野四郎通信 こうの しろうみちのぶ 河野四郎通信 第12巻 平家物語 159
河野通有 こうの みちあり 河野通有 第12巻 平家物語 160
河野通時 こうの みちとき (伯父)通時 第12巻 平家物語 160
河野与一 こうの よいち 河野與一 第4巻 トルストイの「藝術とは何か」 151
河野與一 第12巻 「プルターク英雄傳」 203
甲陽軍鑑 こうようぐんかん 「甲陽軍鑑」 第12巻 326
紅楼夢 こうろうむ 紅樓夢 第2巻 純粹小説といふものについて 176
古賀春江 こが はるえ 古賀春江 第2巻 故古賀春江氏の水彩畫展 429-430
古賀(春江) 第7巻 川端康成 243
古木鉄太郎 こき てつたろう 古木鐵太郎 第2巻 文藝月評 III 407
五経 ごきょう 五經 第14巻 本居宣長 十六 170
古今和歌集 こきんわかしゅう 「古今集」 第7巻 西行 391-392
「古今」 第7巻 實朝 419 421
「古今」 第8巻 光悦と宗達 176
「古今集」 第9巻 古典をめぐりて 對談 222
古今集 第9巻 年齡 314
「古今」 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 187 195
「古今集」 第14巻 本居宣長 十三 126 128
「古今」 第14巻 本居宣長 十六 165
「古今」 第14巻 本居宣長 二十一 222 226
「古今集」 第14巻 本居宣長 二十三 247
「古今」 第14巻 本居宣長 二十五 258
古今集 第14巻 本居宣長 二十六 274
「古今」 第14巻 本居宣長 二十七 280-284 287-288
「古今集序」 第14巻 本居宣長 三十七 396
古今集 第14巻 本居宣長 四十三 440
古今 第14巻 本居宣長 四十四 451
古今集 第14巻 本居宣長補記 II 688
小宰相 こざいしょう 小宰相 第7巻 平家物語 363
古事記 こじき 「古事記」 第7巻 歴史の魂 374
「古事記」 第9巻 蘇我馬子の墓 204
「古事記」 第9巻 古典をめぐりて 對談 225
「古事記」 第11巻 ギリシアの印象 137
「古事記」 第12巻 好き嫌ひ 36
記紀 第12巻 平家物語 163
「古事記」 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 195
記紀 第12巻 高麗劍 383
「古事記」 第13巻 人間の建設 對談 198
「古事記」 第13巻 新年雜感 382-383
「古事記」 第14巻 本居宣長 一 25
「古事記」 第14巻 本居宣長 九 98
古事記 第14巻 本居宣長 十五 157
古事記 第14巻 本居宣長 十七 174
古事記 第14巻 本居宣長 十九 194 196 200
古事記 第14巻 本居宣長 二十 208-209 212 214
「古事記」 第14巻 本居宣長 二十一 221 225
「古事記」 第14巻 本居宣長 二十八 288-299 301
古事記 第14巻 本居宣長 ニ十九 302-305 307 312
「古事記」 第14巻 本居宣長 三十 312-315 318-319 324 326
「古事記」 第14巻 本居宣長 三十一 327-328 330-333 336
古事記 第14巻 本居宣長 三十三 358 360-362
「古事記」 第14巻 本居宣長 三十四 365-369
「古事記」 第14巻 本居宣長 三十七 389
「古事記」 第14巻 本居宣長 三十八 398-399 401-402
「古事記」 第14巻 本居宣長 三十九 408
「記紀」 第14巻 本居宣長 四十 415
「古事記」 第14巻 本居宣長 四十一 429
「古事記」 第14巻 本居宣長 四十ニ 434 436
「古事記」 第14巻 本居宣長 四十三 442-443
「古事記」 第14巻 本居宣長 四十四 452-454
「古事記」 第14巻 本居宣長 四十五 460-463
「古事記」 第14巻 本居宣長 四十六 465 467-474
「古事記」 第14巻 本居宣長 四十七 475 477 479
「古事記」 第14巻 本居宣長 四十八 487
「記紀」 第14巻 本居宣長 四十九 500 502
古事記 第14巻 本居宣長 五十 506 510 517
「古事記」 第14巻 「本居宣長」をめぐって 対談 525
「古事記」 第14巻 本居宣長補記 I 586 588-590 593-594
「古事記」 第14巻 本の廣告 612
第14巻 本居宣長補記 II 645 648 657
古事記 講演 1 文学の雑感
古事記 講演 2 信ずることと考えること
古事記 講演 4 現代思想について
古事記 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
古事記 講演 7 正宗白鳥の精神
古事記 講演 8 宣長の学問
小式部内侍 こしきぶのないし 小式部内侍 第12巻 天の橋立 359
小島政二郎 こじま まさじろう 小島政二郎 第4巻 初舞臺 35-36
後拾遺和歌集 ごしゅういわかしゅう 「後拾遺和歌集」 第14巻 本居宣長 二十五 259
御成敗式目 ごせいばいしきもく 御成敗式目 第13巻 鼎談 座談 346
後醍醐天皇 ごだいごてんのう 後醍醐天皇 第7巻 歴史と文學 219
後藤茂樹 ごとう しげき 後藤 第13巻 志賀直哉「玄人素人」 355
後藤亮 ごとう りょう 後藤亮 第13巻 後藤亮「正宗白鳥、文學と生涯」 248-249
後鳥羽院御口伝 ごとばいんごくでん 「後鳥羽院御口傳」 第7巻 西行 385
小西行長 こにし ゆきなが 小西行長 第7巻 事變の新しさ 102
行長 第7巻 文藝月評 XXI--林房雄の「西郷隆盛」其他 280
近衛信尋 このえ のぶひろ 近衞信尋 第8巻 光悦と宗達 176
近衛文麿 このえ ふみまろ 近衞首相 第5巻 宣傳について 267
小林喜代美 こばやし きよみ 僕の女房 第3巻 私小説論 405
女房 第3巻 初夏 419
僕の女房 第3巻 芥川賞 483
女房 第4巻 井の中の蛙 49
女房 第5巻 女流作家 306
第9巻 島木君の思ひ出 36
家内 第9巻 同姓同名 79
僕の家内 第9巻 文學と人生 對談 91
家内 第9巻 中原中也の思ひ出 115 118
私の家内 第9巻 或る夜の感想 299 307
家内 第10巻 眞贋 20
家内 第11巻 ゴルフ隨筆 33
私の家内 第11巻 栗の樹 37
家内 第11巻 ほんもの・にせもの展 178-179
家内 第11巻 寫眞 518
家内 第11巻 蓄音機 531
家内 第13巻 人間の建設 對談 139
家内 第13巻 地主さんの繪 I 321
女房 第13巻 生と死 360
家内 第13巻 新年雜感 385
かみさん 第13巻 交友對談 對談 429
僕のかかあ 講演 1 文学の雑感
かみさん 講演 8 勾玉のかたち
小林茂 こばやし しげる 小林茂 第12巻 「ポオ全集」 440
小林精子 こばやし せいこ うちのお袋 第2巻 同人雜誌小感 254
俺の母親 第2巻 Xへの手紙 265
母親 第2巻 故郷を失つた文學 369 373
僕のお袋 第5巻 僕の大學時代 226
お袋 第5巻 事變下と知識 292
お袋 第9巻 同姓同名 78-79
母親 第10巻 雜談 167
母親 第11巻 文藝春秋と私 127
お袋 第11巻 鎌倉 243
私の母親 第13巻 信樂大壺 125
おっかさん 第13巻 文學の四十年 對談 231-232
母親 第13巻 感想 補III 397
母親 第13巻 交友對談 對談 430 452 454
別巻1 感想 一 11-12 14
母親 講演 3 本居宣長
小林豊造 こばやし とよぞう 親父 第9巻 同姓同名 78-79
親父 第11巻 蓄音機 527-530
親父 第12巻 東京 201
親父 第13巻 文學の四十年 對談 232
親父 第13巻 新年雜感 381
僕の親父 講演 2 信ずることと考えること
小林(白洲)明子 こばやし(しらす) はるこ 第11巻 ほんもの・にせもの展 178-179
第11巻 國語といふ大河 263
第12巻 徳利と盃 313
一人娘 第12巻 人形 355
子供 第13巻 生と死 360
子供 第13巻 交友對談 對談 421 429
子供 講演 2 信ずることと考えること
小林英夫 こばやし ひでお 小林英夫 第9巻 同姓同名 79
小林秀穗 こばやし ひでお 小林秀穗 第9巻 同姓同名 78-79
小林秀穗 第13巻 新年雜感 381
小林秀雄 こばやし ひでお 小林秀雄 第13巻 新年雜感 381 385
小林珍雄 こばやし よしお 小林珍雄 第9巻 同姓同名 78
小松清 こまつ きよし 小松 第4巻 「文學界」編輯後記 15 149
同じ譯者 第5巻 ジイド「ソヴェト旅行記」II 143
小松春雄 こまつ はるお 小松春雄 第13巻 常識について 80
後水尾天皇 ごみずのおてんのう 後水尾天皇 第12巻 もみぢ 296
五味康祐 ごみ やすすけ 五味康祐 第11巻 蓄音機 528-529
五味康祐 第13巻 音樂談義 對談 273-290
小山いと子 こやま いとこ 小山いと子 第10巻 井上友一郎「桃中軒雲右衛門」序 418
後陽成天皇 ごようぜいてんのう 後陽成天皇 第7巻 事變の新しさ 98-99
今東光 こん とうこう 東光 第13巻 交友對談 對談 429
今東光 講演 2 信ずることと考えること
今日出海 こん ひでみ 今日出海 第1巻 「地獄の季節」譯者後記 I 386
今日出海 第3巻 嘉村君のこと 26
今日出海 第3巻 ジイド著・今日出海譯「イザベル」 85
第3巻 「文學界」編輯後記 1 349
今日出海 第4巻 初舞臺 35-36
今日出海 第9巻 年齡 313
今日出海 第10巻 崑ちやん 106-108
今日出海 第11巻 ゴルフ隨筆 31-34
今日出海 第11巻 菊池寛 98 102
今日出海 第11巻 ギリシアの印象 132 135
今日出海 第11巻 エヴェレスト 175
今日出海 第11巻 寫眞 518 520
第12巻 旅と酒 補III 285
今日出海 第12巻 役者 114
今日出海 第13巻 花見 66
今日出海 第13巻 鼎談 座談 327-351
今日出海 第13巻 信ずることと知ること 396
今日出海 第13巻 交友對談 對談 421-456
今日出海 講演 2 信ずることと考えること
今武平 こん ぶへい? お父さん 第13巻 信ずることと知ること 396
お父つあん 講演 2 信ずることと考えること
今昔物語集 こんじゃくものがたりしゅう 「今昔物語」 第13巻 信ずることと知ること 408
今昔物語 第14巻 本居宣長 二十一 220
「今昔物語」 第14巻 本居宣長 二十五 260
今昔物語 講演 1 文学の雑感
近藤市太郎 こんどう いちたろう 近藤市太郎 第9巻 雪舟 240
近藤重蔵 こんどう じゅうぞう 近藤重藏守重 第13巻 新年雜感 384-386
近藤利夫 こんどう としお 近藤利夫 第6巻 クリスティ「奉天三十年」 60
近藤富蔵 こんどう とみぞう 近藤富藏 第13巻 新年雜感 384-388

注 1 本来は王偏に贊の一字。標準フォントにないため、かう記した。
注 2 ☆印がついた作品は、第5次全集と第6次全集で収録の順序や名称が異なる。

A~C へ D~G へ H~M へ N~R へ S~Z へ
あ~お へ この先頭へ さ~と へ な~ほ へ ま~わ へ

ホーム >  小林秀雄 人名索引 >  か~こ

Copyright (C) 2005-2006, 2010 吉原順之