小林秀雄 人名索引 な~ほ

ホーム >  小林秀雄 人名索引 >  な~ほ

                               
統一表記 読み方(綴り) 文中の表記 巻数 作品名 ページ
内藤湖南 ないとう こなん 内藤湖南 第8巻 鐵齋 I 191
直木三十五 なおき さんじゅうご 直木三十五 第2巻 文藝月評 I 130-132
直木三十五 第2巻 小説の問題 II 239
直木三十五 第3巻 林房雄の「青年」 124-125
直木三十五 第4巻 文藝月評 XI 89-90
直木三十五 第6巻 満州の印象 21
直木三十五 第7巻 野澤富美子「煉瓦女工」 174
直木三十五 第9巻 私の人生觀 177-178
永井荷風 ながい かふう 永井荷風 第2巻 純粹小説といふものについて 171 173-175
永井荷風 第2巻 批評に就いて 203
永井荷風 第5巻 帝国藝術院批判 192
永井荷風 第5巻 現代作家と文體 196
荷風散人 第5巻 文藝月評 XVI 349
永井 第8巻 近代の毒 對談 102
永井荷風 第8巻 傳統と反逆 對談 220
永井荷風 第8巻 大作家論 對談 388-389
荷風 第9巻 好色文學 327
永井荷風 第10巻 「ひかげの花」 33-34
永井荷風 第12巻 讀者 69
ひかげの花(永井荷風) ながい かふう(ひかげのはな) 「ひかげの花」 第3巻 文藝時評に就いて 328
永井竜男 ながい たつお 永井龍男 第9巻 小林秀雄とともに 座談 46-77
永井龍男 第9巻 第二囘横光利一賞詮衡後記 280
永井龍男 第9巻 人物評 330
永井龍男 第11巻 鎌倉 245
永井龍男 第12巻 永井龍男「菊地寛」序 264
永井龍男 第13巻 人間の建設 對談 225
永井龍男 第13巻 藝について 對談 260-272
永井龍男 第14巻 「永井龍男全集」 701-703
草燃える(永井路子) ながい みちこ(くさもえる) 「草燃える」 第14巻 歴史について 對談 626
中江兆民 なかえ ちょうみん 兆民 第5巻 現代日本の表現力 474
中江兆民 第7巻 批評家と非常時 110
中江藤樹 なかえ とうじゅ 中江藤樹 第12巻 學問 248-250
中江藤樹 第12巻 ヒューマニズム 301-306
藤樹 第12巻 哲學 390
藤樹 第13巻 交友對談 對談 451
中江藤樹 第14巻 本居宣長 八 86-93
藤樹 第14巻 本居宣長 九 94-99 101
藤樹 第14巻 本居宣長 十 106
藤樹 第14巻 本居宣長 十一 113-115
中江藤樹 第14巻 本居宣長補記 I 576-577
中江藤樹 別巻1 正宗白鳥の作について 414
中江藤樹 講演 3 本居宣長
中江藤樹 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
中江藤樹 講演 8 宣長の学問
中江徳左衛門吉長 なかえ とくざえもんよしなが? 徳左衞門吉長 第14巻 本居宣長 八 86-88
中尾進 なかお すすむ 中尾 第2巻 ニ科展を見る 423
中岡慎太郎 なかおか しんたろう 中岡愼太郎 第14巻 「流離譚」を読む 718-719
中岡宏夫 なかおか ひろお? 中岡宏夫 第4巻 文藝月評 XIII 211
中川一政 なかがわ かずまさ 中川一政 第11巻 鐵齋 III 42
中川一政 第11巻 鐵齋 IV 239
中川一政 第13巻 花見 66 68
中川一政 第13巻 「鐵齋扇面」跋 253
中川さん 第13巻 中川さんの文 418-419
中川さん 第13巻 中川さんの駒ケ嶽 457-458
中河与一 なかがわ よいち 中河與一 第1巻 アシルと龜の子 I 179-184
中河與一 第3巻 新年號創作讀後感 82-83
中河與一 第3巻 文藝月評 VI 331-332
中里介山 なかざと かいざん 中里介山 第1巻 測鉛 II 109
中島河太郎 なかじま かわたろう 中島河太郎 別巻1 正宗白鳥の作について 377 397 401 404-405
中島健蔵 なかじま けんぞう 中島健藏 第1巻 「地獄の季節」譯者後記 I 386
中島健藏 第2巻 ヴァレリイの事 246
中島健藏 第5巻 「改造」三月號 87
中島健藏 第5巻 「新潮」六月號 145
中島直人 なかじま なおと? 中島直人 第3巻 文藝時評 93
中条百合子 なかじょう ゆりこ 中條 第5巻 批評家の立場 125
中谷孝雄 なかたに たかお 中谷孝雄 第3巻 文藝時評 94
中谷孝雄 第3巻 文藝月評 VI 332 337
長沼五郎宗政 ながぬま ごろうむねまさ? 長沼五郎宗政 第7巻 實朝 426
中野重治 なかの しげはる 中野重治 第1巻 アシルと龜の子 I 185
中野重治 第3巻 文藝月評 VI 339-340
中野 第3巻 「文學界」編輯後記 1 349
中野重治 第3巻 「文學界」編輯後記 8 440
中野重治 第4巻 文藝月評 IX--岸田國士の「風俗時評」其他 43-44
中野重治 第4巻 中野重治君へ 81-85
中野重治 第4巻 文藝月評 XII 110
中野重治 第4巻 文藝月評 XIII 207
中野重治 第4巻 文學の傳統性と近代性 253-254
中野好夫 なかの よしお 中野好夫 第8巻 舊文學界同人との對話 150
中原中也 なかはら ちゅうや 中原中也 第3巻 中原中也の「骨」 145-147
中原中也 第3巻 中原中也の「山羊の歌」 343-345
中原中也 第5巻 中原中也譯「ランボオ詩集」 259-260
中原 第5巻 死んだ中原 278-280
中原 第5巻 中原の遺稿 281-282
中原中也 第5巻 中原中也 283-284
中原中也 第7巻 富永太郎の思ひ出 177
中原(中也) 第9巻 文學と人生 對談 97
中原中也 第9巻 中原中也の思ひ出 115-122
中原中也 第9巻 或る夜の感想 299 303
中原中也 第10巻 「中原中也全集」に寄せる 46
中原中也 第12巻 歴史 91
中原 第13巻 中原の詩 296-297
永松定 ながまつ さだむ 永松定 第2巻 手帳 III 337
永松定 第3巻 文藝月評 VI 332 337
長光 ながみつ 備前長光 第9巻 私の人生觀 179
中村正常 なかむら まさつね 中村正常 第1巻 文學と風潮 251
中村正常 第1巻 中村正常君へ--私信 443-447
中村正常 第2巻 小説の問題 I 228
中村光夫 なかむら みつお 中村 第3巻 「文學界」編輯後記 1 349
中村光夫 第4巻 作家の顔 12
中村光夫 第4巻 文藝月評 XI 88
中村光夫 第4巻 新人への批評賞 222
中村光夫 第5巻 第一囘池谷信三郎賞推薦理由 70
中村 第5巻 「文學界」編輯後記 18 224
中村光夫 第11巻 菊地寛 93
中村 第12巻 讀者 71
中村光夫 第12巻 文學と人生 座談 453-494
中村光夫 第13巻 「中村光夫全集」 325-326
中村光夫 別巻1 正宗白鳥の作について 391
中村武羅夫 なかむら むらお 中村武羅夫 第4巻 短篇小説 170
中本たか子 なかもと たかこ 中本たか子 第5巻 文藝月評 XVI 351
中谷宇吉郎 なかや うきちろう 中谷宇吉郎 第8巻 人間の進歩について 對談 272
中谷宇吉郎 第11巻 嘘をつくな 補III 157
中谷宇吉郎 第12巻 常識 40 44
中山義秀 なかやま ぎしゅう 中山義秀 第5巻 文藝月評 XVI 351
中山正善 なかやま しょうぜん 中山正善 第13巻 交友對談 對談 452
中山省三郎 なかやま しょうさぶろう 中山省三郎 第4巻 私信 38
中山みき なかやま みき 中山みき 第13巻 交友對談 對談 452
長与善郎 ながよ よしろう 長與善郎 第2巻 文藝月評 I 137
長與善郎 第3巻 文藝月評 V 313
長與善郎 第3巻 文藝月評 VI 332
長與善郎 第5巻 文藝月評 XVI 349
泣沢女神 なきさわめのかみ 泣澤女神 第14巻 本居宣長 五十 517
那須良輔 なす りょうすけ 那須良輔 第12巻 321
那須良輔 第13巻 四十雀 323
那須の良輔 講演 2 信ずることと考えること
那須与一 なすの よいち 那須與一 第9巻 感想☆(注 1) 200-201
與一 第12巻 平家物語 157
夏目漱石 なつめ そうせき 漱石 第3巻 文藝時評 92
漱石 第3巻 私小説論 385
漱石 第5巻 現代作家と文體 198
漱石 第5巻 長篇小説に就いて 245
夏目 第8巻 大作家論 對談 394
漱石 第9巻 知識階級について 124
夏目漱石 第11巻 菊地寛 92
漱石 第12巻 天命を知るとは 403
漱石 第13巻 「現代日本文学館」編集者の言葉 243
漱石 第13巻 江藤淳「漱石とその時代」 313
漱石 第14巻 本居宣長 十七 181
漱石 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
ナポレオン法典 ナポレオンほうてん ナポレオン法典 第11巻 常識 63
楢崎勤 ならさき つとむ 楢崎勤 第5巻 文藝月評 XV 311
奈良屋茂左衛門 ならや もざえもん 奈良茂 第12巻 忠臣藏 II 237
西周 にし あまね 西周 第12巻 哲學 387-390 393
西周 第13巻 敎養といふこと 對談 62-63
西周 第13巻 希哲學 304
西田幾多郎 にしだ きたろう 西田幾多郎 第6巻 學者と官僚 559-560
西谷啓治? にしたに けいじ? 西谷 第8巻 「ドストエフスキイ」後記 補II 354
仁科信盛 にしな のぶもり 仁科信盛 第13巻 花見 68
西村孝次 にしむら こうじ 従弟 第4巻 失敗 146-147
從弟 第7巻 處女講演 159-161
西村 第13巻 「オスカー・ワイルド全集」 補III 400
西村貞二 にしむら ていじ 從弟 第12巻 見物人 498
日蓮 にちれん 日蓮(主義) 第1巻 蛸の自殺 17
日蓮 第14巻 本居宣長 十一 117
日蓮 別巻1 正宗白鳥の作について 414
日蓮 講演 8 宣長の学問
新田潤 にった じゅん 新田潤 第3巻 文藝時評 94
新田潤 第4巻 文藝月評 XIII 208
新田潤 第5巻 「新潮」六月號 145
新田義貞 にった よしさだ 新田義貞 第3巻 初夏 418
新渡戸稲造 にとべ いなぞう 新渡戸稻造 第14巻 本居宣長 二十六 274
二宮尊徳 にのみや そんとく 二宮尊徳 第7巻 文學と自分 140
二宮尊徳 別巻1 正宗白鳥の作について 414
日本書紀 にほんしょき 「日本書紀」 第7巻 文學と自分 139
「日本書紀」 第9巻 蘇我馬子の墓 204-205 208 211
記紀 第12巻 平家物語 163
日本紀 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 194
「日本書紀」 第12巻 學問 245
記紀 第12巻 高麗劍 383
「日本書紀」 第13巻 人間の建設 對談 198
日本紀 第14巻 本居宣長 十三 136
日本紀 第14巻 本居宣長 十四 138
日本紀 第14巻 本居宣長 十六 162 170
日本紀 第14巻 本居宣長 十九 196 199-200
第14巻 本居宣長 二十 212
「記紀」 第14巻 本居宣長 二十一 225
「日本書紀」 第14巻 本居宣長 二十八 288-289 298 301
「記紀」 第14巻 本居宣長 ニ十九 302 304 308
「日本書紀」 第14巻 本居宣長 三十 313 315-316
日本書紀 第14巻 本居宣長 三十一 327 329-330 332-334 336
書紀 第14巻 本居宣長 三十三 358 364
書紀 第14巻 本居宣長 三十八 400
書紀 第14巻 本居宣長 三十九 406
「記紀」 第14巻 本居宣長 四十 415
書紀 第14巻 本居宣長 四十一 429
書紀 第14巻 本居宣長 四十四 453-454
「記紀」 第14巻 本居宣長 四十六 467 469-472
「記紀」 第14巻 本居宣長 四十九 500
日本紀 第14巻 本居宣長 五十 506 510
「書紀」 第14巻 本居宣長補記 I 592-594
日本書紀 講演 1 文学の雑感
神代紀(日本書紀) にほんしょき(じんだいき) 「神代紀」 第14巻 本居宣長 三十五 372-373
「神代紀」 第14巻 本居宣長 四十ニ 435 436
丹羽文雄 にわ ふみお 丹羽文雄 第4巻 「改造」十ニ月號 247
丹羽(文雄) 第8巻 大作家論 對談 405-406
八重垣姫「本朝廿四孝」人形浄瑠璃 にんぎょうじょうるり「ほんちょうにじゅうしこう」やえがきひめ 八重垣姫 第2巻 眠られぬ夜 149
仁明天皇 にんみょうてんのう 仁明天皇 第14巻 本居宣長 二十七 277
沼名河姫 ぬなかわひめ 沼名河姫 第13巻 交友對談 對談 453
沼田多稼蔵 ぬまた たけぞう? 沼田多稼藏 第7巻 沼田多稼藏「日露陸戰新史」 237-238
沼田頼輔 ぬまた らいすけ 沼田頼輔 第9巻 雪舟 239
敦盛(能) のう(あつもり) 「敦盛」 第7巻 事變の新しさ 107
当麻(能) のう(たえま) 當麻 第7巻 當麻 350-353
當麻 第9巻 偶像崇拜 407
弱法師(能) のう(よろぼし) 「弱法師」 第9巻 偶像崇拜 406
野上豊一郎 のがみ とよいちろう 野上豐一郎 第5巻 野上豐一郎の「翻譯論」 354-356
野上弥生子 のがみ やえこ 野上彌生子 第2巻 文藝月評 I 134
野上彌生子 第3巻 文藝月評 VI 332
乃木希典 のぎ まれすけ 乃木将軍 第2巻 逆説といふものについて 248
乃木(將軍) 第7巻 歴史と文學 207-210 213
野崎主計 のざき かずえ 野崎主計 第14巻 「流離譚」を読む 715
野沢富美子 のざわ ふみこ? 野澤富美子 第7巻 野澤富美子「煉瓦女工」 174-176
野澤富美子 第7巻 川端康成 245
野田誠三 のだ せいぞう 野田 第3巻 「テスト氏」の譯について 150
野々上慶一 ののがみ けいいち 野々上 第3巻 「文學界」編輯後記 1 349
野々上 第3巻 「文學界」編輯後記 4 377
野々上 第11巻 文藝春秋と私 128
信家 のぶいえ 信家 第12巻 325-326
野間清治 のま せいじ 野間さん 講演 3 本居宣長
祝詞、宣命 のりと せんみょう 「祝詞、宣命」 第11巻 菊地寛 99
芳賀檀 はが まゆみ 芳賀檀 第9巻 醉漢 194
葉隠 はがくれ 「葉隱」 第7巻 事變の新しさ 109
「葉隱」 第7巻 歴史と文學 217
「葉隱」 第9巻 私の人生觀 183
萩原朔太郎 はぎわら さくたろう 萩原朔太郎 第3巻 佐藤春夫論 120
萩原 第3巻 「文學界」編輯後記 1 349
萩原 第3巻 「文學界」編輯後記 4 377
萩原朔太郎 第4巻 詩の問題 133
萩原朔太郎 第5巻 日本語の不自由さ 297-300 302
萩原朔太郎 第9巻 文學と人生 對談 97 101 108
萩原 第10巻 「現代日本詩人全集」 補II 559
萩原朔太郎 第12巻 歴史 91
萩原朔太郎 第13巻 鼎談 座談 348
白居易 はくきょい 白楽天 第9巻 文學と人生 對談 110-112
羽倉在満 はぐら ありまろ 羽倉在滿 第14巻 本居宣長 二十 209
羽倉在滿 第14巻 本居宣長 四十三 444
硲伊之助 はざま いのすけ 硲伊之助 第2巻 ニ科展を見る 423
硲伊之助 第9巻 放談八題 座談 375-402
硲伊之助 第10巻 ゴッホの手紙 411
間新六 はざま しんろく 間(はざま)新六 第12巻 忠臣藏 I 220
土師 はじ? 土師(部隊長) 第5巻 杭州 361
土師(部隊長) 第5巻 從軍記者の感想 418
橋本英吉 はしもと えいきち 橋本 第2巻 「文藝春秋」の作品 421
橋本寿子 はしもと としこ? 橋本壽子 第5巻 文藝月評 XVI 351
長谷川天渓 はせがわ てんけい 天渓 第5巻 文藝批評の行方 208
長谷川如是閑 はせがわ にょぜかん 長谷川如是閑 第1巻 物質への情熱 434
長谷川如是閑 第4巻 文藝月評 IX--岸田國士の「風俗時評」其他 42 45-46
長谷川如是閑 第4巻 文藝時評のジレンマ 73
長谷川如是閑 第4巻 「改造」十一月號 235
長谷川如是閑 第5巻 「改造」三月號 87
長谷川如是閑 第5巻 「改造」五月號 121
長谷川如是閑 第5巻 帝国藝術院批判 194
長谷川如是閑 第7巻 傳統 250
如是閑 第13巻 藝について 對談 262
長谷川泰子 はせがわ やすこ 戀人 第5巻 僕の大學時代 226
第5巻 女流作家 306
第8巻 菊池さんの思ひ出 185-186
彼の情人 第9巻 中原中也の思ひ出 116
第11巻 文藝春秋と私 126
畑俊六 はた しゅんろく 陸相 第7巻 議會を傍聽して 42
秦秀雄 はた ひでお 秦秀雄 第12巻 322-323
畠山重忠 はたけやま しげただ 畠山重忠 第7巻 平家物語 362-363
畠山重忠 第7巻 實朝 409 426
波多野完治 はたの かんじ 波多野完治 第7巻 道徳について 79
服部紀 はっとり おさむ 服部紀 別巻1 感想 三 26
服部小平太 はっとり こへいた 服部小平太 第7巻 事變の新しさ 107
服部龍太郎 はっとり りゅうたろう 服部龍太郎 第7巻 バッハ 381
鳩山一郎 はとやま いちろう 鳩山 第4巻 「改造」十ニ月號 246
鳩山(内閣) 第11巻 吉田茂 182
埴谷雄高 はにや ゆたか 埴谷雄高 第8巻 コメディ・リテレール 小林秀雄を圍んで 座談 9-35
馬場恒吾 ばば つねご 馬場恒吾 第4巻 「改造」十一月號 235
馬場恒吾 第5巻 政治の文學支配 189
馬場恒吾 第8巻 大作家論 對談 407
浜田庄司 はまだ しょうじ 濱田庄司 第12巻 染付皿 417
濱田庄司 第13巻 生と死 367
浜本浩 はまもと ひろし 濱本浩 第11巻 菊地寛 89-90 99-102
林永喜 はやし えいき 永喜 第14巻 本居宣長 八 89
林恭平 はやし きょうへい? (團長)林恭平 第6巻 満州の印象 29
林銑十郎 はやし せんじゅうろう 現内閣總帥 第5巻 「改造」五月號 121
林武 はやし たけし 林武 第13巻 地主さんの繪 I 321
林秀雄 はやし ひでお 林秀雄 第9巻 同姓同名 79
林秀雄 第13巻 新年雜感 381
林房雄 はやし ふさお 林房雄 第2巻 文藝月評 III 404
林房雄 第3巻 新年號創作讀後感 83-84
林房雄 第3巻 文藝時評 89-90 93
林房雄 第3巻 林房雄の「青年」 124-135
林房雄 第3巻 レオ・シェストフの「虚無よりの創造」 203
林房雄 第3巻 文藝月評 IV 218
林房雄 第3巻 文藝時評に就いて 324-325
第3巻 「文學界」編輯後記 7 437
第3巻 「文學界」編輯後記 9 450
第4巻 「文學界」編輯後記 10 17
第4巻 「文學界」編輯後記 12 62
第4巻 「文學界」編輯後記 13 93
第4巻 「夜明け前」について 116
第4巻 「文學界」編輯後記 15 149-150
林房雄 第4巻 文藝月評 XIII 208
林房雄 第4巻 林房雄「浪曼主義のために」 230-231
第4巻 同人通信 232
林房雄 第5巻 菊池寛論 42
林房雄 第5巻 林房雄「壯年」 89-90
林房雄 第5巻 リアリズム 100
第5巻 「日本的なもの」の問題 II 116-118
第5巻 「改造」五月號 121
林房雄 第5巻 批評家の立場 125
林房雄 第5巻 戰爭について 248
林房雄 第5巻 文藝月評 XVI 344-345
第5巻 雜記 402
林房雄 第6巻 満州の印象 9 22
第6巻 「文學界」編輯後記 22 43
第6巻 島木健作君 51
第6巻 慶州 484
林房雄 第7巻 感想 64-65
林房雄 第7巻 自己について 127
林房雄 第7巻 朝鮮の思ひ出 補II 245
林房雄 第7巻 林房雄 221-229
林房雄 第7巻 文藝月評 XXI--林房雄の「西郷隆盛」其他 275-280
林房雄 第8巻 舊文學界同人との對話 140-158
林房雄 第13巻 三島君の事 317
林房雄 第13巻 鼎談 座談 330
青年(林房雄) はやし ふさお(せいねん) 「青年」 第2巻 年末感想 298
林芙美子 はやし ふみこ 林芙美子 第2巻 文藝月評 II 381-382
林芙美子 第3巻 新年號創作讀後感 81
林芙美子 第3巻 林芙美子の印象 148-149
林芙美子 第3巻 文藝月評 IV 217
林芙美子 第3巻 文藝月評 VII 369
林芙美子 第4巻 文藝月評 X 57
林芙美子 第5巻 「中央公論」二月號 65
林芙美子 第5巻 草津行--スキー・カーニヴァル記 69
林芙美子 第5巻 女流作家 310
林芙美子 第6巻 文藝月評 XVIII--「假裝人物」について其他 38
林芙美子 第6巻 疑惑 I 65
林羅山 はやし らざん 羅山 第12巻 學問 249
林羅山 第14巻 本居宣長 八 89-91
葉山嘉樹 はやま よしき 葉山嘉樹 第2巻 文藝月評 III 404
葉山嘉樹 第3巻 文藝月評 VII 369
葉山嘉樹 第5巻 文藝月評 XIV 83
葉山嘉樹 第5巻 「改造」三月號 88
葉山嘉樹 第5巻 文藝月評 XV 319-320
原卓也 はら たくや 原卓也 第12巻 「チェーホフ全集」 補III 287
原久一郎 はら ひさいちろう 原久一郎 第2巻 「永遠の良人」 307
伴信友 ばん のぶとも 伴信友 第14巻 本居宣長 二十六 271
伴信友「鈴屋翁略年譜」 ばん のぶとも(すずのやのおじりゃくねんぷ) 伴信友「鈴屋翁略年譜」 第14巻 本居宣長補記 II 645
答賓戯(班固) はんこ(とうひんぎ) 「潛神默記繼以年歳」 第5巻 蘇州 407
盤古 ばんこ 盤古 第14巻 本居宣長 三十一 328
伴大納言絵巻 ばんだいなごんえまき 「伴大納言繪巻」 第7巻 歐州大戰 68
般若経 はんにゃぎょう 「般若經」 第9巻 私の人生觀 140 142-143
稗田阿礼 ひえだの あれ 稗田阿禮 第14巻 本居宣長 二十八 292-294 296 298-299
阿禮 第14巻 本居宣長 ニ十九 302-305
阿禮 第14巻 本居宣長 三十 316-319 323
阿禮 第14巻 本居宣長 三十八 399
稗田ノ老翁 第14巻 本居宣長補記 I 593
稗田阿礼 講演 1 文学の雑感
稗田阿礼 講演 2 信ずることと考えること
比企能員 ひき よしかず 比企能員 第7巻 實朝 409
樋口宗武 ひぐち むけたけ 樋口宗武 第14巻 本居宣長 四 54
肥後 ひご 肥後 第7巻 實朝 423
久板栄二郎 ひさいた えいじろう 久板榮二郎 第5巻 「文學界」編輯後記 18 224
久板榮二郎 第5巻 第二囘池谷信三郎賞推薦理由 231
久板榮二郎 第6巻 文藝月評 XVIII 98-99
久松潜一 ひさまつ せんいち 久松(博士) 第12巻 言葉 113
久松潜一 第14巻 本居宣長 六 65
久松潜一 講演 8 宣長の学問
微生高 びせいこう 微生高 第14巻 本居宣長 五 61-62
常陸風土記 ひたちふどき 常陸風土記 第14巻 本居宣長 三十一 331
火野葦平 ひの あしへい 火野葦平 第5巻 杭州 361 365-369
火野葦平 第5巻 火野葦平「麥と兵隊」 424-425
火野葦平 第5巻 現代日本の表現力 473-474
火野葦平 第6巻 文藝月評 XVIII 98
火野葦平 第6巻 大嶽康子「病院船」 534
火野葦平 第7巻 アラン「大戰の思ひ出」 12
火野 第11巻 火野君の思ひ出 276-277
麦と兵隊(火野葦平) ひの あしへい(むぎとへいたい) 「麥と兵隊」 第6巻 疑惑 I 75
「麥と兵隊」 第6巻 事變と文學 491-493
日野資朝 ひの すけとも 日野資朝 第12巻 青年と老年 398
日比野士朗 ひびの しろう 日比野士朗 第6巻 疑惑 I 75
日比野士朗 第6巻 大嶽康子「病院船」 534
日比野士朗 第6巻 日比野士朗「呉淞クリーク」 573-574
日比野士朗 第11巻 菊地寛 99 101
平井呈一 ひらい ていいち 平井程一 第2巻 手帳 I 293
平井 第13巻 全譯小泉八雲作品集」 補III 390
平生釟三郎 ひらお はちさぶろう 平生(文相) 第4巻 同人通信 232
平賀朝雅 ひらが ともまさ 平賀朝雅 第7巻 實朝 409
平田篤胤 ひらた あつたね 平田篤胤 第4巻 「夜明け前」について 114
平田篤胤 第13巻 人間の建設 對談 185
平田篤胤 第14巻 本居宣長 ニ 38
胤篤 第14巻 本居宣長 六 67-68
篤胤 第14巻 本居宣長 二十六 268-274
篤胤 第14巻 本居宣長 二十八 299
銕胤 第14巻 本居宣長 二十六 269 271
平田篤胤 講演 1 文学の雑感
平田小六 ひらた ころく 平田小六 第3巻 文藝月評 V 309-310
平田小六 第3巻 文藝月評 VII 373
平田小六 第4巻 文藝月評 XIII 213
平塚義角 ひらつか よしずみ 平塚義角 第4巻 ノイフェルト「ドストエフスキイの精神分析」 160
平沼騏一郎 ひらぬま きいちろう 前總理 第6巻 神風といふ言葉について 526 528
平沼首相 第6巻 イデオロギイの問題 585
平野謙 ひらの けん 平野謙 第8巻 コメディ・リテレール 小林秀雄を圍んで 座談 9-35
平野 第12巻 讀者 71
平林たい子 ひらばやし たいこ 平林たい子 第2巻 文藝月評 I 136
平林たい子 第5巻 文藝月評 XIV 82
平林たい子 第5巻 リアリズム 96-97
平林初之輔 ひらばやし はつのすけ 平林 第1巻 アシルと龜の子 II 206
平林初之輔 第1巻 文學は繪空ごとか 244-245
平林初之輔 第2巻 マルクスの悟達 11-12
広田煕 ひろた ひろし H君 第9巻 島木君の思ひ出 36
壷中居(広田煕) ひろた ひろし(こちゅうきょ) 「壺中居」 第10巻 眞贋 23
広田松繁 ひろた まつしげ 第12巻 徳利と盃 314
広津和郎 ひろつ かずお 廣津 第1巻 斷片十二 56 59
廣津和郎 第1巻 アシルと龜の子 I 181 184
廣津和郎 第1巻 アシルと龜の子 V 234-236 238-239
廣津 第3巻 文學界の混亂 21
廣津和郎 第3巻 「紋章」と「風雨強かるべし」とを讀む 205-214
廣津和郎 第3巻 文藝時評に就いて 325-327
廣津和郎 第3巻 文藝月評 VIII ー岸田國士「鞭を鳴らす女」其他 474
廣津和郎 第4巻 「文學界」編輯後記 10 17
廣津和郎 第6巻 讀書の工夫 568
女給(広津和郎) ひろつ かずお(じょきゅう) 女給 第2巻 文藝月評 I 131
風雨強かるべし(広津和郎) ひろつ かずお(ふううつよかるべし) 「風雨強かるべし」 第3巻 文藝月評 VIII ー岸田國士「鞭を鳴らす女」其他 478
風雅和歌集 ふうがわかしゅう 風雅 第14巻 本居宣長 二十一 228
風姿花伝 ふうしかでん 「花傳書」 第12巻 無心の心 451
武王 ぶおう 武王 第14巻 本居宣長 十七 177
深沢七郎 ふかざわ しちろう 深澤七郎 第13巻 深澤七郎君のこと 301-302
深沢正策 ふかざわ しょうさく 深澤正策 第5巻 志賀直哉論 326
深瀬基寛 ふかせ もとひろ 深瀬基寛 第12巻 ヒューマニズム 301
深田久弥 ふかだ きゅうや 深田久彌 第1巻 私信--深田久彌へ 417-420
深田久彌 第2巻 手帳 II 321
深田久彌 第2巻 文藝月評 III 408
深田久彌 第2巻 「文藝春秋」と「經濟往系」の作品 425
深田 第3巻 林芙美子の印象 148
深田久彌 第3巻 カヤの平 230-232 235
深田 第3巻 文壇スキー大會記 365
深田久彌 第3巻 文藝月評 VIII ー岸田國士「鞭を鳴らす女」其他 480-481
深田 第4巻 初舞臺 34
深田久彌 第4巻 文藝月評 X 58
深田久彌 第4巻 文藝月評 XII 107
深田久彌 第4巻 185
深田久彌 第4巻 文藝月評 XIII 209-210
深田 第4巻 蔦温泉 216-217
深田久彌 第5巻 草津行--スキー・カーニヴァル記 69
深田久彌 第5巻 文藝月評 XV 311 320
深田久彌 第6巻 疑惑 I 65
深田久彌 第7巻 文藝月評 XIX 34
深田久彌 第7巻 林房雄 223
深田久彌 第9巻 年齡 313
深田久彌 第11巻 文藝春秋と私 128 130
深田久彌 第12巻 スポーツ 18
深田久彌 第13巻 深田久彌「日本百名山」 123
福沢諭吉 ふくざわ ゆきち 福澤諭吉 第5巻 「福翁自傳」 202-203
福澤諭吉 第5巻 文藝批評の行方 218
福澤諭吉 第6巻 疑惑 I 70
福澤諭吉 第7巻 批評家と非常時 110
福澤諭吉 第7巻 感想 168-172
福澤 第7巻 歴史と文學 195
福澤諭吉 第7巻 沼田多稼藏「日露陸戰新史」 237
福澤諭吉 第7巻 實驗的精神 對談 285-287
福澤諭吉 第8巻 舊文學界同人との對話 150
福澤諭吉 第9巻 知識階級について 124
福澤諭吉 第9巻 「ヘッダ・ガブラー」 417-418
福澤諭吉 第12巻 考へるといふ事 291
福澤諭吉 第12巻 福澤諭吉 330-342
福澤諭吉 第12巻 天といふ言葉 367-371 373-374
福澤諭吉 第13巻 常識について 79-80
福澤諭吉 講演 4 現代思想について
福澤諭吉 講演 7 ゴッホについて
福島安正 ふくしま やすまさ 福島(大將) 第4巻 「改造」十ニ月號 247
福田恆存 ふくだ つねあり 福田恆存 第8巻 傳統と反逆 對談 222
福田恆存 第8巻 大作家論 對談 397
福田 第9巻 「キティ颱風」を讀む 278-279
福田恆存 第9巻 「ヘッダ・ガブラー」 422
福田恆存 第10巻 芝居問答 對談 110-132
福田恆存 第11巻 福田恆存「文化とはなにか」 65
福田恆存 第12巻 文學と人生 座談 453-494
福田恆存 第13巻 人間の建設 對談 227
福田恆存 第13巻 文學の四十年 對談 240
福田(恆存) 第13巻 藝について 對談 261
福田君 講演 4 現代思想について
福原麟太郎 ふくはら りんたろう 福原麟太郎 第13巻 常識について 79
武家諸法度 ぶけしょはっと 武家諸法度 第13巻 鼎談 座談 347
不二洋子 ふじ ようこ? 不二洋子 第6巻 學者と官僚 554
藤沢桓夫 ふじさわ たけお 藤澤桓夫 第2巻 文藝月評 II 379-380
藤澤桓夫 第2巻 文藝月評 III 404
藤澤桓夫 第3巻 文藝時評 93
藤澤桓夫 第3巻 文藝月評 VII 371
藤澤桓夫 第4巻 文藝月評 X 58-59
藤間万三哉 ふじま まさや 万三哉 第8巻 嵯峨澤にて 135 137
藤森成吉 ふじもり せいきち 藤森成吉 第5巻 文藝月評 XV 315
藤森成吉 第12巻 「菊地寛文學全集」解説 124
争う二つのもの(藤森成吉) ふじもり せいきち(あらそうふたつのもの) 「爭ふ二つのもの」 第2巻 年末感想 298
藤原銀次郎 ふじわら ぎんじろう 藤原(商相) 第7巻 議會を傍聽して 42
藤原惺窩 ふじわら せいか 藤原惺窩 第14巻 本居宣長 四 54
藤原惺窩 第14巻 本居宣長 八 89
藤原惺窩 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
藤原維済 ふじわら ただなり? 藤原維濟 第14巻 本居宣長 二十五 265
藤原てい ふじわら てい 藤原てい 第9巻 文學と人生 對談 89-91
藤原家隆 ふじわらの いえたか 家隆 第8巻 光悦と宗達 176-177
家隆 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 188
藤原実房 ふじわらの さねふさ 實房 第8巻 光悦と宗達 175
藤原実行 ふじわらの さねゆき 三條太政大臣 第7巻 西行 398
藤原実能 ふじわらの さねよし 徳大寺の左大臣 第7巻 西行 398
藤原俊成 ふじわらの しゅんぜい 俊成 第7巻 西行 385-386 396
俊成 第7巻 實朝 421
俊成 第8巻 光悦と宗達 175
俊成 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 187
俊成 第14巻 本居宣長 十三 127-128
俊成 第14巻 本居宣長 十六 164-165
俊成 第14巻 本居宣長 二十一 226
藤原為時 ふじわらの ためとき 爲時 第14巻 本居宣長 十七 179
藤原定家 ふじわらの ていか 定家 第7巻 西行 386 391-392
定家 第7巻 實朝 416 419-420 422 432
定家 第9巻 古典をめぐりて 對談 219
定家 第9巻 好色文學 325
定家 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 187-188
定家 第14巻 本居宣長 四 51
定家 第14巻 本居宣長 十三 128
定家 第14巻 本居宣長 十六 165-166
定家 第14巻 本居宣長 十七 173 177
定家 第14巻 本居宣長 十八 183
定家 第14巻 本居宣長 二十一 226
定家 第14巻 本居宣長 二十ニ 229
定家 第14巻 本居宣長 三十六 384 386
京極黄門 第14巻 本居宣長 四十九 495
藤原信実 ふじわらの のぶざね 信實 第8巻 光悦と宗達 177
藤原秀衡 ふじわらの ひでひら 秀衡 第7巻 西行 400
蜻蛉日記(藤原道綱母) ふじわらの みちつなのはは(かげろうにっき) 蜻蛉日記 第14巻 本居宣長 三十七 397
藤原行成 ふじわらの ゆきなり 行成 第9巻 古典をめぐりて 對談 221
藤原良経 ふじわらの よしつね 良經 第8巻 光悦と宗達 175
二葉亭四迷 ふたばてい しめい 二葉亭 第2巻 故郷を失つた文學 375
二葉亭四迷 第4巻 文藝月評 XI 88
二葉亭 第5巻 長篇小説に就いて 245-246
二葉亭 第5巻 野上豐一郎の「翻譯論」 354-356
二葉亭 第13巻 「中村光夫全集」 325-326
二葉亭 講演 7 正宗白鳥の精神
淵岡山 ふち こうざん 岡山(先生) 第14巻 本居宣長 八 86
伏羲 ふっき 伏羲 第9巻 鐵齋を語る 座談 24
舟橋聖一 ふなはし せいいち 舟橋聖一 第3巻 文藝時評に就いて 327
舟橋聖一 第4巻 「文學界」編輯後記 10 17
舟橋 第4巻 「夜明け前」について 114
舟橋 第4巻 「文學界」編輯後記 15 149
舟橋聖一 第4巻 文藝月評 XIII 211-212
舟橋聖一 第5巻 舟橋聖一「岩野泡鳴傳」 460-461
舟橋聖一 第8巻 大作家論 對談 405-406
舟橋聖一 別巻1 正宗白鳥の作について 381
不昧公(松平治郷) ふまいこう(まつだいらはるさと) 不昧公 第10巻 眞贋 27
古田晁 ふるた あきら 古田 第13巻 新年雜感 389--391
文王 ぶんおう 文王 第14巻 本居宣長 十七 177
平家物語 へいけものがたり 「平家」 第7巻 歴史と文學 195 205-207
平家物語 第7巻 平家物語 361-364
「平家物語」 第7巻 實朝 424
「平家」 第8巻 大作家論 對談 40
「平家」 第9巻 私の人生觀 141
「平家物語」 第9巻 「きけわだつみのこえ」 199
「平家」 第9巻 感想☆(注 1) 201-203
「平家物語」 第9巻 年齡 317-318
「平家物語」 第9巻 「ペスト」 I☆(注 1) 337
「平家」 第11巻 ギリシアの印象 139
平家物語 第12巻 平家物語 157-164
「平家物語」 第12巻 323
「平家物語」 第14巻 本居宣長 三十 315
「平家物語」 第14巻 歴史について 對談 626
平家 講演 7 正宗白鳥の精神
碧巌録 へきがんろく 「碧巖録」 第8巻 ドストエフスキイのこと 40
宝鏡晃 ほうきょうあきら? 寶鏡晃 第7巻 「戰記」隨想 154
北条貞時 ほうじょう さだとき (執權)貞時 第11巻 鎌倉 244
北条高時 ほうじょう たかとき 高時 第11巻 鎌倉 245
北条民雄 ほうじょう たみお 北條民雄 第4巻 作家の顔 11-12
北條 第4巻 「文學界」編輯後記 11 47
北條民雄 第4巻 文藝月評 XIII 206
北條民雄 第4巻 川上喜久子「滅亡の門」 244
北條民雄 第7巻 川端康成 245
北条時政 ほうじょう ときまさ 時政(夫妻) 第7巻 實朝 411
北条時宗 ほうじょう ときむね 北條時宗 第11巻 鎌倉 243 245
時宗 第12巻 さくら 427
北条時頼 ほうじょう ときより (執權)時頼 第12巻 忠臣藏 II 239
北條ノ時頼 第14巻 本居宣長 二十六 275-276
北条政子 ほうじょう まさこ 正子夫人 第11巻 鎌倉 248
北条義時 ほうじょう よしとき 義時 第7巻 實朝 406 408-409 413
方等経 ほうどうきょう 「方等經」 第14巻 本居宣長 十六 168
法然 ほうねん 法然 第9巻 私の人生觀 137
法然 別巻1 正宗白鳥の作について 414
ノルン(北欧神話) ほくおうしんわ (Norn) ノルヌ 第1巻 ランボオ詩集 352
法華経 ほけきょう 法華經 第7巻 戰爭と平和 348
「法華經」 第9巻 私の人生觀 132
法華經 第11巻 嘘をつくな 補III 158
細川忠利 ほそかわ ただとし 細川忠利 第9巻 私の人生觀 154 178
細川幽斎 ほそかわ ゆうさい 細川幽齋 第10巻 眞贋 27
細田民樹 ほそだ たみき 細田民樹 第1巻 文學は繪空ごとか 243
細田民樹 第3巻 レオ・シェストフの「悲劇の哲學」 104-105
細田民樹 第4巻 文藝月評 X 56-57
真理の春(細田民樹) ほそだ たみき(しんりのはる) 眞理の春 第2巻 文藝月評 I 131
堀杏庵 ほり きょうあん 堀杏庵 第14巻 本居宣長 四 54
堀景山 ほり けいざん 堀景山 第12巻 443
景山(先生) 第14巻 本居宣長 三 43-44
屈景山 第14巻 本居宣長 四 51 54-56
景山 第14巻 本居宣長 六 65
屈景山 第14巻 本居宣長 十 111
堀景山 第14巻 本居宣長 十一 119-120
堀景山 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
堀辰雄 ほり たつお 堀辰雄 第2巻 堀辰雄の「聖家族」 199-200
堀辰雄 第2巻 「文藝春秋」と「經濟往系」の作品 426-427
堀辰雄 第3巻 文藝時評 93
堀辰雄 第4巻 「改造」十ニ月號 247
堀江謙一 ほりえ けんいち 堀江謙一 第12巻 青年と老年 400-401
堀口大学 ほりぐち だいがく 堀口大學 第3巻 佐藤春夫論 120
堀部安兵衛 ほりべ やすべえ 堀部安兵衞 第12巻 忠臣藏 II 231 240
本阿弥光悦 ほんあみ こうえつ 光悦 第8巻 舊文學界同人との對話 155
光悦 第8巻 光悦と宗達 175-180
本田喜代治 ほんだ きよじ 本田喜代治 第6巻 疑惑 II 502
本多秋五 ほんだ しゅうご 本多秋五 第8巻 コメディ・リテレール 小林秀雄を圍んで 座談 9-35
本朝通鑑 ほんちょうつがん 「本朝通鑑」 第14巻 本居宣長 三十一 327

注 1 ☆印がついた作品は、第5次全集と第6次全集で収録の順序や名称が異なる。

A~C へ D~G へ H~M へ N~R へ S~Z へ
あ~お へ か~こ へ さ~と へ この先頭へ ま~わ へ

ホーム >  小林秀雄 人名索引 >  な~ほ

Copyright (C) 2005-2006, 2010 吉原順之