小林秀雄 人名索引 ま~わ

ホーム >  小林秀雄 人名索引 >  ま~わ

                          
統一表記 読み方(綴り) 文中の表記 巻数 作品名 ページ
前田綱紀 まえだ つなのり 前田綱紀 第14巻 本居宣長 三十一 334
前田山英五郎 まえだ やまえいごろう 前田山 第5巻 文藝雜誌の行方 320
前田河広一郎 まえだこう ひろいちろう 前田河廣一郎 第4巻 文藝月評 XIII 211
禍津日神 まがつひのかみ 禍津日 第14巻 本居宣長 四十 414
まがつひの神 第14巻 本居宣長補記 II 650 656
牧逸馬 まき いつま 牧逸馬 第3巻 文章鑑賞の精神と方法 225-226
牧野信一 まきの しんいち 牧野信一 第1巻 アシルと龜の子 III 214 218-221
牧野信一 第2巻 「文藝春秋」と「經濟往系」の作品 427
牧野信一 第4巻 文學者の思想と實生活 122
牧野信一 第9巻 小林秀雄とともに 座談 48 59-60
牧野信一 第12巻 牧野信一 298
正岡子規 まさおか しき 正岡子規 第1巻 物質への情熱 430-431 441
正岡子規 第2巻 正岡子規 補I 229-231
正岡子規 第7巻 傳統 251
子規 第7巻 平家物語 361
子規 第7巻 實朝 412-413 416-417 420 429
正岡子規 第9巻 私の人生觀 149
正宗得三郎 まさむね とくさぶろう 正宗得三郎 第11巻 鐵齋 IV 239
正宗白鳥 まさむね はくちょう 正宗白鳥 第1巻 新興藝術派運動 197
正宗白鳥 第1巻 文學は繪空ごとか 240-242
正宗白鳥 第1巻 我まゝな感想 421
正宗白鳥 第2巻 文藝時評 26
正宗白鳥 第2巻 辯明--正宗白鳥氏へ 140-145
正宗白鳥 第2巻 正宗白鳥 183-188
正宗白鳥 第2巻 小説の問題  I 228
正宗白鳥 第2巻 年末感想 300
正宗白鳥 第2巻 文藝月評 II 382-383
正宗 第2巻 批評について 386
正宗白鳥 第2巻 文藝月評 III 406
白鳥 第2巻 「文藝春秋」と「經濟往系」の作品 428
正宗白鳥 第3巻 新年號創作讀後感 84
正宗白鳥 第3巻 文藝時評 87
正宗白鳥 第3巻 レオ・シェストフの「悲劇の哲學」 97
正宗白鳥 第3巻 文章鑑賞の精神と方法 225-226
正宗 第3巻 私小説論 387
正宗白鳥 第3巻 ルナアルの日記 442 448
正宗白鳥 第4巻 作家の顔 14-15
正宗白鳥 第4巻 文藝月評 IX--岸田國士の「風俗時評」其他 45
正宗白鳥 第4巻 井の中の蛙 49
正宗白鳥 第4巻 思想と實生活 63-65 70-72
正宗白鳥 第4巻 文藝時評のジレンマ 73 80
正宗白鳥 第4巻 文學者の思想と實生活 118-124 130
正宗白鳥 第5巻 菊池寛論 33 36 40
白鳥 第5巻 「中央公論」四月號 91
白鳥 第5巻 「改造」七月號 205
正宗白鳥 第5巻 野上豐一郎の「翻譯論」 354
正宗白鳥 第5巻 舟橋聖一「岩野泡鳴傳」 460
正宗白鳥 第6巻 正宗白鳥「文壇的自敘傳」 45-46
正宗白鳥 第8巻 大作家論 對談 371-412
正宗(白鳥) 第9巻 小林秀雄とともに 座談 47
正宗白鳥 第9巻 文學と人生 對談 104
正宗白鳥 第9巻 感想☆(注 1) 202
正宗白鳥 第9巻 年齡 317
正宗白鳥 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 190
正宗白鳥 第12巻 忠臣藏 I 217
正宗 第12巻 青年と老年 398
正宗白鳥 第12巻 ネヴァ河 501
正宗白鳥 第13巻 「正宗白鳥全集」 128-130
正宗 第13巻 文學の四十年 對談 233-235 239
正宗白鳥 第13巻 後藤亮「正宗白鳥、文學と生涯」 248-249
白鳥 第13巻 感想 293-295
「正宗白鳥全集」 第13巻 深澤七郎君のこと 301
正宗白鳥 第13巻 交友對談 對談 431
正宗白鳥 第13巻 水上勉の文學 464
正宗白鳥 第14巻 本居宣長 十七 181-183
白鳥 第14巻 本居宣長 十八 185
正宗白鳥 第14巻 自分の仕事 558-560
正宗白鳥 第14巻 「永井龍男全集」 702-703
正宗白鳥 第14巻 河上君の全集 705
正宗白鳥 別巻1 正宗白鳥の作について 377-451
正宗白鳥 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
正宗さん 講演 7 正宗白鳥の精神
増鏡 ますかがみ 「増鏡」 第7巻 實朝 413
増鏡 講演 2 信ずることと考えること
益田宗 ますだ たかし 益田宗 第14巻 本居宣長 二十六 275
益田義信 ますだ よしのぶ 益田義信 第9巻 偶像崇拜 412
松尾芭蕉 まつお ばしょう 芭蕉 第2巻 室生犀星 74
芭蕉 第5巻 志賀直哉論 332
芭蕉 第6巻 ドストエフスキイの生活 序 110
芭蕉 第7巻 文藝月評 XIX 33
芭蕉 第7巻 歴史の魂 375-376
芭蕉 第7巻 西行 388 390
芭蕉 第7巻 實朝 405 414
芭蕉 第8巻 大作家論 對談 395
芭蕉 第9巻 文化について 84
芭蕉 第9巻 私の人生觀 146-147 170-171
芭蕉 第11巻 第二囘新潮社文學賞選後感 補III 155
芭蕉 第11巻 近代繪晝 モネ 291
芭蕉 第12巻 平家物語 164
芭蕉 第12巻 忠臣藏 II 237
芭蕉 第13巻 人間の建設 對談 180 218
芭蕉 第13巻 藝について 對談 267
松岡鼎 まつおか かなえ 松岡鼎 第13巻 信ずることと知ること 403
松平定信 まつだいら さだのぶ 松平定信 第7巻 マキアヴェリについて 124
松平定信 第14巻 本居宣長 二十ニ 232
松平定信 講演 8 宣長の学問
松本奎堂 まつもと けいどう 松本奎堂 第14巻 「流離譚」を読む 716
松本正雄 まつもと まさお 松本正雄 第5巻 リアリズム 95
真船豊 まふね ゆたか 眞船豐 第4巻 文藝月評 X 59-60
眞船豐 第4巻 文藝月評 XI 90-91
真船 第8巻 近代の毒 對談 103
眞船 第8巻 眞船君のこと 138-139
真船豊 第8巻 大作家論 對談 388
眞船豐 第9巻 小林秀雄とともに 座談 46-77
真船(豊) 第9巻 古典をめぐりて 對談 229
間宮茂輔 まみや もすけ 間宮茂輔 第6巻 文藝月評 XVIII 98-99
丸岡明 まるおか あきら 丸岡明 第3巻 文藝時評 92-93
丸山真男 まるやま まさお 丸山眞男 第12巻 哲學 395
万葉集 まんようしゅう 「萬葉」 第2巻 正岡子規 補I 231
「萬葉集」 第3巻 短歌について 136
「萬葉集」 第4巻 現代詩について 179
「萬葉」 第5巻 志賀直哉論 332
「萬葉集」 第7巻 アラン「大戰の思ひ出」 17
「万葉」 第7巻 歴史と文學 219
「萬葉」 第7巻 傳統 251-252
「萬葉集」 第7巻 歴史の魂 373
「萬葉」 第7巻 西行 388
「萬葉集」 第7巻 實朝 411-412 414 419 421-422
「萬葉」 第8巻 モオツァルト 74
「萬葉」 第8巻 光悦と宗達 176-177
「万葉集」 第8巻 大作家論 對談 395
萬葉 第9巻 私の人生觀 150 170-171
「萬葉」 第9巻 蘇我馬子の墓 216
「萬葉」 第9巻 好色文學 321-322
「萬葉」 第11巻 ことばの力 174
「萬葉」 第11巻 近代繪晝 ピカソ 447 487
萬葉 第12巻 言葉 106-107 113
「萬葉」 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 168 187 191 193-196
「萬葉集」 第12巻 高麗劍 383-384
「萬葉集」 第13巻 ソヴェトの旅 33-34
「万葉集」 第13巻 敎養といふこと 對談 60
「万葉集」 第13巻 人間の建設 對談 198 227
「万葉」 第13巻 藝について 對談 269-270
「萬葉」 第14巻 本居宣長 ニ 40
「萬葉集」 第14巻 本居宣長 六 65-66
「萬葉」 第14巻 本居宣長 七 79-80 82
「萬葉集」 第14巻 本居宣長 八 83
「萬葉」 第14巻 本居宣長 九 98
萬葉 第14巻 本居宣長 十一 116
萬葉 第14巻 本居宣長 十七 174-175
萬葉 第14巻 本居宣長 十九 194-198 200-202 205
「萬葉集」 第14巻 本居宣長 二十 206-211 214-217
萬葉集 第14巻 本居宣長 二十一 218-221 226-228
「萬葉」 第14巻 本居宣長 二十ニ 229
「萬葉」 第14巻 本居宣長 二十三 250
「萬葉」 第14巻 本居宣長 二十四 254-255
「萬葉」 第14巻 本居宣長 二十五 258 267
「萬葉」 第14巻 本居宣長 二十六 273
「萬葉」 第14巻 本居宣長 二十七 280-281 285 288
「萬葉」 第14巻 本居宣長 二十八 301
「萬葉」 第14巻 本居宣長 ニ十九 303 305
萬葉 第14巻 本居宣長 三十 322
「萬葉」 第14巻 本居宣長 三十七 391-392
「萬葉」 第14巻 本居宣長 三十八 399-400
萬葉 第14巻 本居宣長 四十三 443
「萬葉」 第14巻 本居宣長 四十四 450-453
「萬葉」 第14巻 本居宣長 四十五 457 460
「萬葉」 第14巻 本居宣長 四十六 467-468
「萬葉」 第14巻 本居宣長 四十七 476 478-479
「萬葉集」 第14巻 本居宣長 五十 517-518
「萬葉」 第14巻 入江さんの大和路 545
萬葉 第14巻 本居宣長補記 I 595 597 602
万葉集 講演 3 本居宣長
万葉 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
万葉集 講演 7 正宗白鳥の精神
箱庭(三浦朱門) みうらしゅもん(はこにわ) 「箱庭」 第13巻 第十四囘新潮社文學賞選後感 補III 395
三浦義村 みうら よしむら 三浦義村 第7巻 實朝 407 413
三木清 みき きよし 三木清 第1巻 アシルと龜の子 II 205-212
三木清 第3巻 「紋章」と「風雨強かるべし」とを讀む 205-207
三木清 第4巻 文藝月評 IX--岸田國士の「風俗時評」其他 42
三木 第4巻 ヒュウマニズム論 220
三木清 第5巻 「中央公論」四月號 91
三木清 第5巻 三木清「時代と道徳」 106-107
三木清 第5巻 「日本的なもの」の問題 II 114-115
三木清 第5巻 雜記 415
三木清 第6巻 文藝月評 XVIII 94
三木清 第7巻 實驗的精神 對談 281-292
三岸節子 みぎし せつこ 三岸節子 第14巻 三岸節子の畫集 補III 530-531
三島由紀夫 みしま ゆきお 三島由紀夫 第9巻 第二囘横光利一賞詮衡後記 280
三島 第11巻 第一囘新潮社文學賞選後感 補III 153-154
三島 第13巻 三島君の事 317-319
水木京太 みずき きょうた 水木京太 第1巻 物質への情熱 439
此一戦(水野広徳) みずの ひろのり(このいっせん) 「此一戦」 第9巻 文學と人生 對談 97
水原茂 みずはら しげる 水原(監督) 第12巻 スポーツ 16
水上滝太郎 みなかみ たきたろう 水上瀧太郎 第2巻 同人雜誌小感 253-254 257
水上勉 みなかみ つとむ 水上勉 第13巻 交友對談 對談 448-450
水上勉 第13巻 水上勉の文學 463-467
三波利夫 みなみ としお? 三波利夫 第3巻 文藝月評 VII 368
源仲章 みなもと なかあき 仲章 第7巻 實朝 406
源実朝 みなもとの さねとも 實朝 第7巻 傳統 251
實朝 第7巻 實朝 405-432
實朝 第9巻 私の人生觀 149
實朝 第11巻 鎌倉 247
源實朝 第13巻 花見 67
かまくら公 第14巻 本居宣長 二十一 220
金槐和歌集(源実朝) みなもとの さねとも(きんかいわかしゅう) 「金塊」 第2巻 正岡子規 補I 231
「金槐集」 第11巻 喋ることと書くこと 16
源仲章 みなもとの なかあき 仲章 第7巻 實朝 405
源仲兼 みなもとの なかかね 仲兼 第7巻 實朝 426
源義経 みなもとの よしつね 義經 第7巻 西行 400
源義經 第11巻 喋ることと書くこと 12
義經 第11巻 鎌倉 248
義經 第12巻 平家物語 157 159
源義仲 みなもとの よしなか 木曾と申す武者 第7巻 西行 399
義仲 第12巻 平家物語 164
源頼家 みなもとの よりいえ 頼家 第7巻 實朝 409 411
源頼朝 みなもとの よりとも 頼朝 第3巻 初夏 419
頼朝 第7巻 平家物語 361
頼朝 第7巻 西行 392 400
頼朝 第7巻 實朝 409 426 428
頼朝公 第10巻 眞贋 31
頼朝 第11巻 鎌倉 245-248
頼朝 第12巻 忠臣藏 II 239
源頼政 みなもとの よりまさ 源頼政 第13巻 花見 66-67 70
峰岸義一 みねぎし ぎいち 峰岸 第2巻 ニ科展を見る 423
三益愛子 みます あいこ 三益愛子 第12巻 役者 119-120
三升家小勝 みますや こかつ 小勝 第2巻 文藝時評 24
宮内寒弥 みやうち かんや 宮内寒彌 第4巻 文藝月評 XII 109-111
三宅周太郎? みやけ しゅうたろう? 三宅 第4巻 初舞臺 35
宮崎嶺雄 みやざき みねお 宮崎 第3巻 アンドレ・シュアレス「三人」 補I 339
宮沢俊義 みやざわ としよし 宮澤俊義 第5巻 「改造」三月號 87
宮澤俊義 第6巻 疑惑 II 504
宮路嘉六 みやじ かろく 宮路嘉六 第3巻 文藝月評 IV 219-220
宮路嘉六 第3巻 文藝月評 VII 374-375
美夜受比売/宮簀媛 みやずひめ 宮簀姫 第12巻 高麗劍 385
美夜受比賣 第14巻 本居宣長補記 I 598 600
宮田重雄 みやた しげお 宮田重雄 第11巻 ゴルフ隨筆 34-35
宮本武蔵 みやもと むさし 宮本武藏 第9巻 私の人生觀 153-155 177-182
独行道(宮本武蔵) みやもと むさし(どくこうどう) 「獨行道」 第5巻 菊池寛論 49
明恵 みょうえ 明惠(上人) 第9巻 私の人生觀 133-136 139-140
妙観 みょうかん 妙觀 第7巻 徒然草 379
三好十郎 みよし じゅうろう 三好十郎 第3巻 僕の手帖から 110-111
三好達治 みよし たつじ 三好達治 第2巻 梶井基次郎と嘉村礒多 192
三好達治 第3巻 カヤの平 230
三好達治 第5巻 三好達治 467-469
三好達治 第7巻 アラン「大戰の思ひ出」 15-17
三好達治 第9巻 鐵齋を語る 座談 11-28
三好達治 第9巻 鐵齋 II 33-34
三好達治 第9巻 文學と人生 對談 89-114
三好達治 第9巻 年齡 312
三好達治 第13巻 鼎談 座談 348-349
弥勒菩薩 みろくぼさつ 彌勒 第12巻 學問 248
三輪? みわ? 三輪 第6巻 クリスティ「奉天三十年」 60
無学祖元 むがくそげん 無學 第11巻 鎌倉 245
武者小路実篤 むしゃのこうじ さねあつ 武者小路實篤 第1巻 文學と風潮 251
武者小路實篤 第2巻 手帳 IV 449
武者小路 第4巻 トルストイの「藝術とは何か」 153
武者小路實篤 第5巻 菊池寛論 42
實篤 第5巻 「中央公論」四月號 91
武者小路實篤 第13巻 「武者小路實篤選集」 42
産巣日神/皇産霊神 むすひのかみ 産巣日神 第14巻 本居宣長 五十 515 521
産巣日ノ神 第14巻 本居宣長補記 II 689-690
武藤貞一 むとう ていいち 武藤貞一 第5巻 宣傳について 263-264
無名草紙 むみょうそうし 「無名草紙」 第14巻 本居宣長 十六 164
村井康男 むらい やすお 村井 第13巻 文學の四十年 對談 230
村岡典嗣 むらおか つねつぐ 村岡 第13巻 「本居宣長全集」 303
村岡典嗣 第14巻 本居宣長 一 32
村岡典嗣 第14巻 本居宣長 ニ 38-39
村岡 第14巻 本居宣長 四 51
村岡典嗣 第14巻 本居宣長 二十六 269-271
村岡典嗣 第14巻 本居宣長 三十ニ 337
村岡典嗣 第14巻 本居宣長 四十 417-420
村岡典嗣 第14巻 歴史について 對談 632
村岡先生 講演 8 宣長の学問
村上浪六 むらかみ なみろく 浪六 第1巻 斷片十二 55
村上円方 むらかみ まどかた 村上圓方 第14巻 本居宣長 三 48
紫式部 むらさきしきぶ 紫式部 第14巻 本居宣長 四 51
紫式部 第14巻 本居宣長 十三 130 134-136
式部 第14巻 本居宣長 十四 137-140 142-144 146-149
式部 第14巻 本居宣長 十五 154 156 159
式部 第14巻 本居宣長 十六 161-164 166 168-170
式部 第14巻 本居宣長 十七 171 173 175 178-180 182
式部 第14巻 本居宣長 十八 190-193
式部 第14巻 本居宣長 二十五 260-261
式部 第14巻 本居宣長 四十七 484
式部 第14巻 本居宣長補記 II 677 679 681
紫式部 講演 1 文学の雑感
紫式部 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
式部 講演 5 随想二題 II 感想
紫式部 講演 7 ゴッホについて
源氏物語(紫式部) むらさきしきぶ(げんじものがたり) 「源氏物語」 第6巻 現代女性 90
「源氏物語」 第7巻 アラン「大戰の思ひ出」 16
「源氏物語」 第8巻 大作家論 對談 394 409
「源氏物語」 第9巻 古典をめぐりて 對談 221
「源氏物語」 第9巻 好色文學 324-325
「源氏物語」 第10巻 「潤一郎新譯源氏物語」 47
「源氏」 第11巻 近代繪晝 ピカソ 487
「源氏」 第12巻 好き嫌ひ 36
「源氏」 第12巻 平家物語 162
「源氏物語」 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 167-170 173-174 195 197
「源氏」 第13巻 藝について 對談 270
「源氏」 第14巻 「圓地文子全集」 23-24
源氏 第14巻 本居宣長 一 26
「源氏物語」 第14巻 本居宣長 三 44
「源氏」 第14巻 本居宣長 六 66 72
源氏物語 第14巻 本居宣長 十ニ 123
源氏 第14巻 本居宣長 十三 128-136
「源氏」 第14巻 本居宣長 十五 149-161
「源氏」 第14巻 本居宣長 十六 161-170
「源氏」 第14巻 本居宣長 十七 170-178 181-182
「源氏」 第14巻 本居宣長 十八 183-193
「源氏」 第14巻 本居宣長 十九 196 199 203
「源氏」 第14巻 本居宣長 二十 215
源氏 第14巻 本居宣長 二十一 220
「源氏」 第14巻 本居宣長 二十三 243-244
「源氏」 第14巻 本居宣長 二十四 254-257
「源氏」 第14巻 本居宣長 二十五 259-262
「源氏」 第14巻 本居宣長 二十六 273
「源氏」 第14巻 本居宣長 二十七 282 287
「源氏」 第14巻 本居宣長 二十八 288 298
「源氏」 第14巻 本居宣長 三十四 369
源氏手習巻 第14巻 本居宣長 三十七 397
「源氏」 第14巻 本居宣長 三十八 398-399
「源氏」 第14巻 本居宣長 四十 420-421
「源氏」 第14巻 本居宣長 四十四 451
「源氏」 第14巻 本居宣長 四十六 474
「源氏」 第14巻 本居宣長 四十八 490
「源氏」 第14巻 本居宣長 五十 510-512 515
源氏 第14巻 「本居宣長」をめぐって 対談 530-531
「源氏物語」 第14巻 感想 553-555
「源氏」 第14巻 本居宣長補記 II 663-664 677-681 688 690
源氏 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
源氏物語 講演 5 随想二題 II 感想
源氏 講演 7 正宗白鳥の精神
村田珠光 むらた じゅこう 珠光 第13巻 信樂大壺 125
村田春門 むらた はるかど 村田春門 第14巻 本居宣長 二十六 271
村田春樹 むらた はるき 村田春樹 第2巻 文藝月評 I 130
村松武雄 むらまつ たけお 村松武雄 第14巻 本居宣長 四十ニ 437
村松剛 むらまつ たけし 村松剛 第13巻 村松剛「評傳ポール・ヴァレリー」 補III 396
村山知義 むらやま ともよし 村山 第3巻 「文學界」編輯後記 1 349
村山知義 第3巻 文藝月評 VII 373-374
村山知義 第4巻 「文學界」編輯後記 10 17
村山 第4巻 「文學界」編輯後記 12 62
村山 第4巻 「中央公論」九月號 219
村山知義 第4巻 「改造」十ニ月號 247
村山知義 第5巻 文藝月評 XV 320
室生犀星 むろう さいせい 室生犀星 第1巻 測鉛 II 107-108
室生犀星 第2巻 室生犀星 69-80
室生犀星 第2巻 文藝月評 III 408-410
室生犀星 第3巻 文藝月評 VI 335
室生犀星 第3巻 文藝月評 VIII ー岸田國士「鞭を鳴らす女」其他 472 475
室生犀星 第4巻 現代小説の諸問題 98
室生犀星 第4巻 文藝月評 XIII 208
室生犀星 第5巻 文藝月評 XIV 80-81
室生犀星 第5巻 リアリズム 94-95
室生犀星 第5巻 文藝月評 XVI 348-349
室生犀星 第6巻 文藝月評 XVIII--「假裝人物」について其他 40-41
孟子 もうし 孟子 第12巻 好き嫌ひ 35
孟子 第12巻 良心 82 86
語孟の二書 第12巻 學問 249 252
孟子 第12巻 徂徠 260
語孟 第12巻 辧名 267
孟子 第12巻 天命を知るとは 408
孟子 第13巻 常識について 112
思孟 第14巻 本居宣長 五 59
「語孟」 第14巻 本居宣長 九 98 100 102-103
孟子 第14巻 本居宣長 三十七 389
孟子 第14巻 歴史について 對談 629
「孟子」 別巻1 正宗白鳥の作について 397
孟子 講演 7 正宗白鳥の精神
毛利輝元 もうり てるもと 毛利輝元 第7巻 事變の新しさ 100
毛利元昭 もうり もとあき? 毛利(伯爵) 第1巻 蛸の自殺 20
本居大平 もとおり おおひら 大平 第14巻 本居宣長 ニ 37
大平 第14巻 本居宣長 三 42 45
大平 第14巻 本居宣長 四 51
大平 第14巻 本居宣長 十一 115
大平 第14巻 本居宣長 二十六 270-271
本居勝 もとおり かつ 第14巻 本居宣長 一 31-32
本居左兵衛武秀 もとおり さひょうえたけひで? 本居左兵衞武秀 第14巻 本居宣長 三 41-42
本居清造 もとおり せいぞう 本居清造 第14巻 本居宣長 三 48
本居延連 もとおり のぶつら? 延連 第14巻 本居宣長 三 41-42
本居宣長 もとおり のりなが 宣長 第7巻 無常といふ事 359
本居宣長 第7巻 歴史の魂 374-375
本居宣長 第8巻 コメディ・リテレール 小林秀雄を圍んで 座談 30
本居宣長 第9巻 蘇我馬子の墓 207
本居宣長 第9巻 古典をめぐりて 對談 225
宣長 第9巻 好色文學 324-325
本居宣長 第12巻 好き嫌ひ 34-37
本居宣長 第12巻 良心 85-86
本居宣長 第12巻 言葉 105-110 112-113
本居宣長 第12巻 本居宣長--「物のあはれ」の説について 165-199
宣長 第12巻 忠臣藏 II 237
宣長 第12巻 學問 247
宣長 第12巻 徂徠 256 262
宣長 第12巻 考へるといふ事 287-291
宣長 第12巻 天といふ言葉 371
宣長 第12巻 さくら 427-428
宣長 第12巻 443
宣長 第12巻 文學と人生 座談 477
本居宣長 第13巻 人間の建設 對談 184-185 198
宣長 第13巻 藝について 對談 268 270
本居宣長 第13巻 「本居宣長全集」 303
宣長 第13巻 鼎談 座談 338 343-345
「本居宣長」 第13巻 新年雜感 381-383
「本居宣長」 第13巻 交友對談 對談 432-433 437 443 446
宣長 第13巻 古典に還るといふ事 462
宣長 第14巻 「圓地文子全集」 23
本居宣長 第14巻 本居宣長 25-523
本居宣長 第14巻 「本居宣長」をめぐって 対談 524-544
宣長 第14巻 感想 551-557
宣長 第14巻 受賞して 562
本居宣長 第14巻 本居宣長補記 I 567-607
宣長 第14巻 本の廣告 610-611
宣長 第14巻 歴史について 對談 629 632
本居宣長 第14巻 本居宣長補記 II 643-692
本居宣長 講演 1 文学の雑感
本居さん 講演 2 信ずることと考えること
本居宣長 講演 3 本居宣長
宣長 講演 4 現代思想について
宣長 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
宣長さん 講演 5 随想二題 II 感想
宣長さん 講演 6 音楽について
本居宣長 講演 7 ゴッホについて
本居宣長 講演 8 宣長の学問
本居宣長 講演 8 勾玉のかたち
本居春庭 もとおり はるにわ 春庭 第14巻 本居宣長 一 26 28 31-32
春庭 第14巻 本居宣長 十一 116
春庭 第14巻 本居宣長 二十六 270
本居春村 もとおり はるむら 春村 第14巻 本居宣長 一 26 28 31
春村 第14巻 本居宣長 四 50
物部守屋 もののべの もりや 物部守屋 第9巻 蘇我馬子の墓 208-209
森有正 もり ありまさ 森有正 第6巻 「我が毒」について 478
森有正 第13巻 鼎談 座談 342
森鴎外 もり おうがい 森鴎外 第2巻 文學批評に就いて 334-335
鴎外 第2巻 故郷を失つた文學 375
鴎外 第3巻 文學界の混亂 16
鴎外 第3巻 私小説論 385
森鴎外 第4巻 文學の傳統性と近代性 248-249
鴎外 第5巻 グウルモン「哲學的散歩」 134
鴎外 第5巻 現代作家と文體 198
鴎外 第5巻 長篇小説に就いて 245
鴎外 第5巻 野上豐一郎の「翻譯論」 355-356
森鴎外 第7巻 文藝月評 XXI--林房雄の「西郷隆盛」其他 277
鴎外 第7巻 無常といふ事 359
森鴎外 第7巻 歴史の魂 373-374
鴎外 第9巻 知識階級について 124
鴎外 第12巻 讀者 72
鴎外 第12巻 哲學 388 390
鴎外 第14巻 本居宣長 十七 180-182
鴎外 第14巻 本居宣長 十八 185
鴎外 別巻1 正宗白鳥の作について 382
森鴎外 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
鴎外 講演 7 正宗白鳥の精神
森川許六 もりかわ きょろく 許六 第7巻 西行 388
森戸辰男 もりと たつお 森戸 第4巻 青年論是非 181
森山啓 もりやま けい 森山 第3巻 「文學界」編輯後記 4 377
森山 第3巻 「文學界」編輯後記 5 413
森山 第3巻 「文學界」編輯後記 8 440
森山啓 第4巻 「文學界」編輯後記 10 17
森山啓 第4巻 詩の問題 132-133
森山 第4巻 ヒュウマニズム論 220
森山 第5巻 文藝批評の行方 214
森山啓 第5巻 文藝月評 XV 320
森山 第6巻 疑問 510-511
諸井三郎 もろい さぶろう 諸井三郎 第6巻 疑惑 I 65
諸橋轍次 もろはし てつじ 諸橋(の辞典) 講演 3 本居宣長
文覚 もんがく 文覺 第7巻 西行 390
柳生十兵衛 やぎゅう じゅうべえ 柳生十兵衞 第11巻 蓄音機 528-530
矢崎弾 やざき だん 矢崎彈 第3巻 文學界の混亂 14
矢島祐利 やじま すけとし 矢島祐利 第5巻 「改造」七月號 204
矢代幸雄 やしろ ゆきお 矢代 第9巻 偶像崇拜 404
安井曽太郎 やすい そうたろう 安井 第2巻 ニ科展を見る 423
安井 第9巻 私の人生觀 165 170
安岡斧太郎 やすおか おのたろう 安岡斧太郎 第14巻 「流離譚」を読む 716
安岡覚之助 やすおか かくのすけ 安岡覺之助 第14巻 「流離譚」を読む 718
安岡嘉助 やすおか かすけ 安岡嘉助 第14巻 「流離譚」を読む 716 720
安岡章太郎 やすおか しょうたろう 安岡章太郎 第13巻 ソヴェトの旅 26
安岡章太郎 第14巻 「流離譚」を読む 713-721
安岡君 講演 7 正宗白鳥の精神
安岡真寿 やすおか ます 眞壽 第14巻 「流離譚」を読む 720
安岡道太郎 やすおか みちたろう 安岡道太郎 第14巻 「流離譚」を読む 720
安岡美名吉 やすおか みなえ 美名吉 第14巻 「流離譚」を読む 720
保田与重郎 やすだ よじゅうろう 保田與重郎 第2巻 批評について 390
保田與重郎 第4巻 文藝月評 XII 107
保田與重郎 第4巻 新人への批評賞 222
保田與重郎 第5巻 第一囘池谷信三郎賞推薦理由 70
保田 第5巻 「文學界」編輯後記 18 224
保田與重郎 第7巻 期待する人 23
保田與重郎 第11巻 菊地寛 93
保高徳藏 やすたか とくぞう 保高徳藏 第7巻 文藝月評 XIX 30-31
八住利雄 やすみ としお 八住 第4巻 思想と實生活 64
矢内原忠雄 やないはら ただお 矢内原忠雄 第4巻 「中央公論」九月號 218
矢内原忠雄 第5巻 「改造」七月號 204
矢内原忠雄 第6巻 クリスティ「奉天三十年」 60
柳孝 やなぎ たかし 京都の道具屋さん 第14巻 備前徳利 11
柳宗悦 やなぎ むねよし 柳宗悦 第13巻 「黒田辰秋 人と作品」序 370
柳田国男 やなぎだ くにお 柳田(國男) 第9巻 古典をめぐりて 對談 221
柳田國男 第11巻 國語といふ大河 265
柳田國男 第13巻 文學の四十年 對談 235-236
柳田國男 第13巻 新年雜感 384
柳田國男 第13巻 新年雜感 389-390
柳田國男 第13巻 信ずることと知ること 402-417
柳田(國男) 第13巻 交友對談 對談 443
柳田國男 第14巻 本居宣長 二十八 299
柳田国男 講演 2 信ずることと考えること
柳家小さん(三代目) やなぎや こさん 小さん 第1巻 ナンセンス文學 192
山内義雄 やまうち よしお 山内 第3巻 私小説論 405
山浦貫一 やまうら かんいち 山浦貫一 第5巻 「改造」五月號 121
山鹿素行 やまが そこう 素行 第7巻 感想 172
山鹿素行 第12巻 學問 244-247
素行 第13巻 道徳 43
山鹿素行 第13巻 交友對談 對談 450-451
山鹿素行 講演 4 現代思想について
山川均 やまかわ ひとし 山川 第2巻 マルクスの悟達 15
山川均 第4巻 「改造」十ニ月號 246
山川均 第4巻 文學の傳統性と近代性 252-253
山川均 第5巻 「改造」三月號 87
山川均 第5巻 「改造」五月號 121
山川丙三郎 やまかわ へいざぶろう 山川丙三郎 講演 7 正宗白鳥の精神
山口? やまぐち? 山口 第6巻 満州の印象 22-23
山口辰男 やまぐち たつお? 山口辰男 第7巻 「戰記」隨想 154 157
山崎晃嗣 やまざき あきつぐ 光クラブの社長 第9巻 「形」を見る眼 對談 293
山崎闇斎 やまざき あんさい 闇齋 第12巻 ヒューマニズム 307
垂加 第14巻 本居宣長 四 51
山下清 やました きよし 清(君) 第7巻 清君の貼紙繪 35-41
キヨシ君 第9巻 「形」を見る眼 對談 293
清君 第9巻 金閣燒亡 357
山田清三郎 やまだ せいざぶろう 山田清三郎 第7巻 林房雄 223-224
山田美妙 やまだ びみょう 美妙齋 第5巻 現代作家と文體 198
倭建命/日本武尊 やまとたけるのみこと 日本武尊 第9巻 蘇我馬子の墓 204-205
倭建命 第9巻 好色文學 324
日本武尊 第12巻 高麗劍 385-386
倭建命 第14巻 本居宣長 三十 321-323 326
倭建命 第14巻 本居宣長補記 I 598 600
東漢直駒 やまとのあやのあたいこま 東漢直駒 第9巻 蘇我馬子の墓 208
倭比売命/倭姫命 やまとひめのみこと 倭姫命 第12巻 高麗劍 385
倭比賣命 第14巻 本居宣長 三十 321
大和物語 やまとものがたり 「大和」 第14巻 本居宣長 十七 174
山上憶良 やまのうえの おくら 憶良 第14巻 本居宣長 二十七 280
山部赤人 やまべの あかひと 山部赤人 第7巻 事變の新しさ 106
赤人 第7巻 文學者の提携について 444
赤人 第8巻 光悦と宗達 177
山部赤人 第11巻 美を求める心 233-235
山村? やまむら? 山村 第11巻 ほんもの・にせもの展 178
山本五十六 やまもと いそろく 山本五十六 第13巻 阿川弘之「山本五十六」 257
山本健吉 やまもと けんきち 山本健吉 第11巻 第二囘新潮社文學賞選後感 補III 155
山本健吉 第11巻 第七囘讀賣文學賞選後感 補III 156
山本常朝 やまもと じょうちょう 山本常朝 第7巻 歴史と文學 217
山本有三 やまもと ゆうぞう 山本有三 第3巻 新年號創作讀後感 84
山本有三 第3巻 文藝月評 V 308-309
山本有三 第5巻 菊池寛論 45
山本有三 第5巻 帝国藝術院批判 194
山本有三 第5巻 山本有三「眞實一路」を廻って 440-459
湯浅克衛 ゆあさ かつえ 湯淺克衞 第5巻 文藝月評 XVI 350
常山紀談(湯浅常山) ゆあさ じょうざん(じょうざんきだん) 「常山紀談」 第9巻 感想☆(注 1) 200-201
結城親朝 ゆうき ちかとも 結城親朝 第7巻 歴史と文學 219
悠了上人? ゆうりょうしょうにん?? 悠了上人 第12巻 井伏君の「貸間あり」 56-57
湯川秀樹 ゆかわ ひでき 湯川秀樹 第8巻 人間の進歩について 對談 223-289
煬帝 ようだい 煬帝 第11巻 蟹まんぢゆう 225
与儀正昌 よぎ まさあき? 與儀正昌 第3巻 「文學界」編輯後記 3 361
横井千秋 よこい ちあき 横井千秋 第14巻 本居宣長補記 II 653 658
横田文子 よこた ふみこ? 横田文子 第4巻 文藝月評 XIII 204
横光利一 よこみつ りいち 横光利一 第1巻 斷片十二 59
横光利一 第1巻 測鉛 II 109
横光利一 第1巻 アシルと龜の子 IV 224
横光利一 第1巻 横光利一 393-404
横光利一 第2巻 横光利一「書方草紙」を讀む 178ー179
横光 第2巻 文藝時評 399
横光利一 第2巻 文藝批評と作品 457
横光利一 第3巻 新年號創作讀後感 77-81
横光利一 第3巻 「紋章」と「風雨強かるべし」とを讀む 205-214
横光利一 第3巻 文藝時評に就いて 323-325 328
横光利一 第3巻 文藝月評 VI 332
横光利一 第3巻 私小説論 393 399 401-403 405-407
横光利一 第3巻 横光利一「覺書」 415-417
横光利一 第4巻 純粹小説について 20
横光利一 第4巻 井の中の蛙 49-50
横光利一 第4巻 現代小説の諸問題 97
横光利一 第4巻 文藝月評 XIII 208
横光 第4巻 同人通信 232
横光利一 第5巻 文藝月評 XV 311 316
横光 第5巻 雜記 357
横光利一 第6巻 鏡花の死其他 524
横光利一 第7巻 文藝月評 XIX 31
横光利一 第8巻 近代の毒 對談 99-104
横光 第8巻 横光さんのこと 183-184
横光 第10巻 横光文學の問題性 補II 555-556
横光利一 第11巻 文藝春秋と私 127
寝園(横光利一) よこみつ りいち(しんえん) 「寝園」 第2巻 年末感想 298
横山泰三 よこやま たいぞう 横山泰三 第13巻 四十雀 323
横山美智子 よこやま みちこ 横山美智子 第3巻 文藝月評 VIII ー岸田國士「鞭を鳴らす女」其他 476
横山隆一 よこやま りゅういち 横山隆一 第10巻 崑ちやん 108-109
横山隆一 第12巻 漫畫 76-78
与謝野晶子 よさの あきこ 與謝野晶子 第11巻 鎌倉 247
與謝野晶子 第14巻 本居宣長 十七 181
与謝野さん 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
与謝野秀 よさの しげる 與謝野公使 第10巻 エヂプトにて 421
吉井長三 よしい ちょうぞう 吉井 第14巻 梅原龍三郎展 693
吉江喬松 よしえ たかまつ 吉江喬松 第7巻 アラン「大戰の思ひ出」 11
吉岡隆徳 よしおか たかよし 吉岡(コーチ) 第13巻 オリンピックのテレビ 118-119
吉川英治 よしかわ えいじ 吉川英治 第8巻 大作家論 對談 405
吉川英治 第9巻 私の人生觀 178
吉川英治 第12巻 吉川英治さん 402
吉川 第13巻 硯と盃 71-72
吉川幸次郎 よしかわ こうじろう 吉川幸次郎 第12巻 學問 248
吉川幸次郎 第12巻 天命を知るとは 404
吉田健一 よしだ けんいち (息子の)健一(君) 第11巻 吉田茂 182
吉田健一 第11巻 第八囘讀賣文學賞選後感 補III 161-162
吉田健一 第14巻 歴史について 對談 632
吉田茂 よしだ しげる 吉田茂 第11巻 菊地寛 102-103
吉田茂 第11巻 吉田茂 182-185
吉田松陰 よしだ しょういん 吉田松陰 第7巻 文學と自分 145
吉田松陰 第14巻 本居宣長 二十六 274
松陰 第14巻 歴史について 對談 629
松陰 別巻1 正宗白鳥の作について 418-419
吉田富三? よしだ とみぞう? 吉田さん 講演 1 文学の雑感
吉田文五郎 よしだ ぶんごろう 文五郎 第2巻 眠られぬ夜 149
吉田満 よしだ みつる 吉田滿 第9巻 吉田滿の「戰艦大和の最期」 87-88
吉野秀雄 よしの ひでお 吉野秀雄 第10巻 眞贋 19-20
吉野秀雄 第11巻 第九囘讀賣文學賞選後感 補III 166
吉野秀雄 第13巻 吉野秀雄「やわらかな心」 252
吉村寅太郎 よしむら とらたろう 吉村虎太郎 第14巻 「流離譚」を読む 713-717
吉村冬彦 よしむら ふゆひこ 吉村冬彦 第5巻 菊池寛論 36-37
吉屋信子 よしや のぶこ 吉屋信子 第4巻 吉屋信子「女の友情」 259-260
不意の出來事(吉行淳之介) よしゆきじゅんのすけ(ふいのできごと) 「不意の出來事」 第13巻 第十二囘新潮社文學賞選後感 補III 392
依田郁子 よだ いくこ 依田(選手) 第13巻 オリンピックのテレビ 118-119
河海抄(四辻善成) よつつじ よしなり(かかいしょう) 「河海抄」 第14巻 本居宣長 十六 166-167
「河海抄」 第14巻 本居宣長 十七 171
「河海抄」 第14巻 本居宣長 十八 189
淀野隆三 よどの りゅうぞう 淀野隆三 第2巻 井伏鱒二の作品について 41
淀野隆三 第2巻 私小説について 419
淀屋辰五郎 よどや たつごろう 淀屋辰五郎 第12巻 忠臣藏 II 237
米内光政 よない みつまさ 首相 第7巻 議會を傍聽して 42
米川文子 よねかわ ふみこ 米川 第13巻 鼎談 座談 328
米川正夫 よねかわ まさお 米川正夫 第2巻 故郷を失つた文學 371
米川正夫 第3巻 レオ・シェストフの「悲劇の哲學」 103
米川 第7巻 ドストエフスキイの翻譯 341
米川正夫 第10巻 米川正夫氏の譯業 54
米川正夫 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 187
米川正夫 第13巻 鼎談 座談 329
礼記 らいき 「禮記」 第14巻 本居宣長 三十三 356
小言幸兵衛 (落語) らくご(こごとこうべい) 小言幸兵衞 第9巻 文學と人生 對談 110
小言幸兵衛 講演 4 現代思想について
寿限無(落語) らくご(じゅげむ) 「ジゲム、ジゲム」 第9巻 同姓同名 78
羅汝芳 らしょほう? 近溪 第14巻 本居宣長 九 102
李舜臣 り しゅんしん 李舜臣 第7巻 事變の新しさ 99
六経 りくけい 「六經」 第14巻 本居宣長 九 98
六經 第14巻 本居宣長 十一 118
六經 第14巻 本居宣長 十八 194
六經 第14巻 本居宣長 三十ニ 344-346
「六經」 第14巻 本居宣長 三十四 365
理元 りげん? 理元 第14巻 本居宣長 七 82
六国史 りっこくし 六國史 第14巻 本居宣長 十六 170
笠信太郎 りゅう しんたろう 笠信太郎 第11巻 常識 63
龍肅 りゅう すすむ 龍肅 第7巻 實朝 406
竜胆寺雄 りゅうたんじ ゆう 龍膽寺雄 第1巻 物質への情熱 433 436-437
龍膽寺雄 第2巻 文藝月評 III 402-403
龍膽寺雄 第3巻 新年號創作讀後感 80-81
龍膽寺雄 第5巻 リアリズム 95
龍膽寺雄 第5巻 文藝月評 XIX 348
良寛 りょうかん 良寛 第7巻 西行 397
良寛 第9巻 鐵齋を語る 座談 27
良寛 第10巻 眞贋 19
良寛 第11巻 第九囘讀賣文學賞選後感 補III 166
寮佐吉 りょう さきち 寮佐吉 第2巻 手帳 I 291
良秀 りょうしゅう? 良秀 第14巻 本居宣長 十 105
令義解 りょうのぎげ 令義解 第14巻 本居宣長 二十 209
林守仁 りん しゅじん? 林守仁 第4巻 「改造」十ニ月號 246
林守仁 第5巻 菊池寛論 32
蓮阿 れんあ 蓮阿 第7巻 西行 392
蓮如 れんにょ 蓮如 別巻1 正宗白鳥の作について 414
老子 ろうし 老子 第2巻 梶井基次郎と嘉村礒多 193
老子 第9巻 鐵齋 II 32
「老子」 第10巻 「潤一郎新譯源氏物語」 47
老子 第11巻 鐵齋 IV 242
老莊 第14巻 本居宣長 十ニ 125
老子 第14巻 本居宣長 三十ニ 346-350
老子 第14巻 本居宣長 四十三 445-448
老子 第14巻 本居宣長 四十四 450
ユピテル(ローマ神話) ローマしんわ (Jupiter) ジュピタア 第4巻 精神と情熱とに關する八十一章 翻訳 アラン著 419
ジュピタア 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 471
ユピテル 第8巻 モオツァルト 45
ジュピテル 第13巻 常識について 96 98
ヴィーナス(ローマ神話) ローマしんわ (Venus) ヴィナス 第1巻 ランボオ詩集 292 331 376
ヴィナス 第11巻 美の行脚 對談 74-75
ヴィナス 第11巻 ギリシアの印象 135
ヴィナス 第11巻 近代繪晝 ピカソ 494
ミネルヴァ(ローマ神話) ローマしんわ(Minerva) ミネルヴァ 第6巻 ドストエフスキイの生活 序 114
ミネルヴァ 第13巻 常識について 96 98
ディアナ(ローマ神話) ローマしんわ (Diana) ダイアナ 第1巻 ランボオ詩集 331
魯迅 ろじん 魯迅 第4巻 「改造」十ニ月號 246
魯迅 第5巻 菊池寛論 32-33
魯迅 第5巻 事變下と知識 294
魯迅 第5巻 從軍記者の感想 420
魯迅 第6巻 満州の印象 12-13
魯迅 第8巻 コメディ・リテレール 小林秀雄を圍んで 座談 34-35
阿Q正伝(魯迅) ろじん(あQせいでん) 「阿Q正傳」 第5巻 文藝月評 XV 315
論語 ろんご 「論語」 第11巻 「論語」 551-558
「論語」 第12巻 好き嫌ひ 33 35-36
「論語」 第12巻 學問 249-250 252-253
「論語」 第12巻 辧名 265 267
「論語」 第12巻 ヒューマニズム 307
「論語」 第12巻 還暦 350
「論語」 第12巻 哲學 392 395
「論語」 第12巻 天命を知るとは 405
「論語」 第12巻 442
「論語」 第13巻 常識について 110 114 116
「論語」 第13巻 人間の建設 對談 222 226-227
「論語」 第13巻 生と死 364-365
「論語」 第14巻 本居宣長 五 60-63
「論語」 第14巻 本居宣長 九 94 97-98 100 102-103
「論語」 第14巻 本居宣長 十 103-105
「論語」 第14巻 本居宣長 十一 116
「論語」 第14巻 本居宣長 十三 135
論語 第14巻 本居宣長 三十ニ 338-339
「論語」 第14巻 本居宣長補記 I 577
「論語」 別巻1 正宗白鳥の作について 397
論語 講演 2 信ずることと考えること
論語 講演 3 本居宣長
論語 講演 4 現代思想について
論語 講演 5 随想二題 I 宣長の『源氏』観
論語 講演 5 随想二題 II 感想
論語 講演 7 正宗白鳥の精神
論語 講演 8 宣長の学問
和田伝 わだ でん 和田傳 第6巻 文藝月評 XVIII--「假裝人物」について其他 37-38
和田芳恵 わだ よしえ 和田芳惠 第13巻 新年雜感 390
和田義盛 わだ よしもり 和田義盛 第7巻 實朝 409 412-413 428
渡辺一夫 わたなべ かずお 渡邊一夫 第1巻 「地獄の季節」譯者後記 I 386
渡邊一夫 第4巻 「精神と情熱とに關する八十一章」譯者後記  508
渡邊一夫 第6巻 「我が毒」について 478
渡邊一夫 第7巻 アラン「大戰の思ひ出」 14
渡辺慧 わたなべ さとし 渡辺慧 第8巻 人間の進歩について 對談 232-234
渡邊武 わたなべ たけし 武田製薬の研究所長 講演 1 文学の雑感 I 
ある薬学博士 講演 8 勾玉のかたち
度会延佳 わたらい のぶよし 延佳 第14巻 本居宣長 四十五 463
和名類聚抄 わみょうるいじゅしょう 和名抄 第14巻 本居宣長 十九 196

注 1 ☆印がついた作品は、第5次全集と第6次全集で収録の順序や名称が異なる。

A~C へ D~G へ H~M へ N~R へ S~Z へ
あ~お へ か~こ へ さ~と へ な~ほ へ この先頭へ

ホーム >  小林秀雄 人名索引 >  ま~わ

Copyright (C) 2005-2006, 2010 吉原順之