小林秀雄 人名索引 N~R

ホーム >  小林秀雄 人名索引 >  N~R

                               
統一表記 読み方(綴り) 文中の表記 巻数 作品名 ページ
ナギブ Nagib, Muhammad ナギブ 第10巻 エヂプトにて 421-422 424
ナポレオン Napoléon, Bonaparte ナポレオン 第1巻 ランボオ I 85
ナポレオン 第2巻 手帳 IV 450-451
ナポレオン 第3巻 「白痴」について I 202
ナポレオン 第4巻 思想と實生活 70
ナポレオン 第4巻 文學者の思想と實生活 123
ナポレオン 第5巻 「文學界」編輯後記 20 276
ナポレオン 第6巻 ドストエフスキイの生活 1處女作まで 115 117
ナポレオン 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 346 375 381 422 445
ナポレオン 第7巻 パスカルの「パンセ」について 265 269
ナポレオン 第7巻 歴史の魂 367
ナポレオン 第7巻 ゼークトの「一軍人の思想」について 436
ナポレオン 第8巻 モオツァルト 69
ナポレオン 第8巻 「罪と罰」について II 323
ナポレオン 第9巻 「ペスト」 I *(注 1) 340 342
ナポレオン 第10巻 「白痴」について II 245 250
ボナパルト 第10巻 ゴッホの手紙 353
ナポレオン 第11巻 ピラミッド I 45-46
ナポレオン 第11巻 近代繪晝 ゴーガン 376
ナポレオン 第12巻 ピラミッド II 282
ネチャーエフ Nechaev, Sergei Gennadievich ネチャアエフ 第5巻 ドストエフスキイの時代感覺 24-26
ネチャアエフ 第5巻 「悪靈」について 149 154-155 159
ネチャアエフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 8ネチャアエフ事件 254-256
ネチャアエフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 9作家の日記 258 279
ネチャアエフ 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 196-199 217
ネチャアエフ 第12巻 良心 86
ネチャアエフ 第12巻 ネヴァ河 504
ネッケル Necker, Jacques ネッケル 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 325
ネクラーソフ Nekrasov, Nikolai Alekseyevich ネクラアソフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 1處女作まで 123 125-127 132
ネクラアソフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 9作家の日記 260
ネクラアソフ 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 214
ネロ Nero Claudius Caesar ネロ 第11巻 美の行脚 對談 74
ネルヴァル Nerval, Gérard de ジェラル・ド・ネルヴァル 第1巻 樣々なる意匠 145
ジェラル・ド・ネルヴァル 第1巻 志賀直哉 159
ネルヴァル 第2巻 小説の問題 I 234
ノイフェルト Neufeld, Jolan ノイフェルト 第4巻 ノイフェルト「ドストエフスキイの精神分析」 160-162
ニュートン Newton, Isaac ニュウトン 第3巻 レオ・シェストフの「悲劇の哲學」 101
ニュウトン 第4巻 純粹小説について 33
ニュウトン 第4巻 精神と情熱とに關する八十一章 翻訳 アラン著 327 373
ニュートン 第11巻 理想 108
ニュートン 第11巻 近代繪晝 モネ 289
ニュートン 第11巻 近代繪晝 ピカソ 483
ニュートン 第12巻 辧名 275-276
ニュートン 第12巻 歴史 432-435
ニュートン 第13巻 人間の建設 對談 154 174
ニュートン 別巻1 感想 四 35-36
ニュートン 別巻1 感想 八 71
ニュートン 別巻1 感想 四十九 331-332 334
ニュートン 別巻1 感想 五十 336
ニュートン 別巻1 感想 五十ニ 349-351
ニュートン 講演 2 信ずることと考えること
ニュートン 講演 3 本居宣長
ニュートン 講演 4 現代思想について
ニーチェ Nietzsche, Friedrich Wilhelm ニイチェ 第1巻 樣々なる意匠 148
ニイチェ 第2巻 Xへの手紙 273 275
ニイチェ 第2巻 文學批評に就いて 335
ニイチェ 第2巻 アンドレ・ジイド 361
ニイチェ 第3巻 文學界の混亂 16
ニイチェ 第3巻 「罪と罰」について I 46
ニイチェ 第3巻 新年號創作讀後感 82
ニイチェ 第3巻 レオ・シェストフの「悲劇の哲學」 96 101-102
ニイチェ 第3巻 「白痴」について I 187
ニイチェ 第3巻 「紋章」と「風雨強かるべし」とを讀む 208
ニイチェ 第3巻 「文學界」編輯後記 6 421-422
ニイチェ 第5巻 ドストエフスキイの時代感覺 14
ニイチェ 第5巻 「悪靈」について 171
ニイチェ 第5巻 文藝批評の行方 215
ニイチェ 第5巻 戰爭について 253
ニイチェ 第5巻 日本語の不自由さ 303
ニイチェ 第6巻 疑惑 I 74-75
ニイチェ 第6巻 ドストエフスキイの生活 序 103
ニイチェ 第6巻 ドストエフスキイの生活 3死の家 164
ニイチェ 第6巻 學者と官僚 560
ニイチェ 第7巻 藝術上の天才について 150
ニイチェ 第7巻 パスカルの「パンセ」について 270
ニイチェ 第7巻 「サント・ブウヴ選集」 446
ニイチェ 第7巻 「世界に告ぐ」を見る 補II 254
ニイチェ 第8巻 ドストエフスキイのこと 37-38 40
ニイチェ 第8巻 モオツァルト 46-47 70 89
ニイチェ 第8巻 舊文學界同人との對話 154
ニイチェ 第8巻 「罪と罰」について II 313 323 338 353 355-357 364
ニイチェ 第9巻 表現について 260-262 272
ニイチェ 第9巻 ニイチェ 333
ニーチェ 第9巻 「ペスト」 I *(注 1) 338
ニイチェ 第9巻 ニイチェ雜感 362-374
ニイチェ 第10巻 悲劇について 48-50 52-53
ニイチェ 第10巻 現代文學とは何か 對談 58 68
ニイチェ 第10巻 政治と文學 94 96
ニイチェ 第10巻 「白痴」について II 196 198
ニイチェ 第11巻 ギリシアの印象 136
ニイチェ 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 200
ニイチェ 第11巻 近代繪晝 ピカソ 455 470 501
ニイチェ 第12巻 歴史 95
ニイチェ 第13巻 バイロイトにて 17
ニイチェ 第13巻 音樂談義 對談 286 288-289
ニーチェ 第13巻 鼎談 座談 344
ニーチェ 第14巻 歴史について 對談 632 638
ニーチェ 別巻1 正宗白鳥の作について 441-442 445-447
ツァラトストラ(ニーチェ) Nietzsche, Friedrich Wilhelm (Also Sprach Zarathustra) ツァラトストラ 第7巻 「カラマアゾフの兄弟」 303
「ツァラトストラ」 第11巻 近代繪晝 ピカソ 470-472
この人を見よ(ニーチェ) Nietzsche, Friedrich Wilhelm (Ecce Homo) 「この人を見よ」 第6巻 ドストエフスキイの生活 6戀愛 200
ナイチンゲール Nightingale, Florence ナイチンゲール 別巻1 正宗白鳥の作について 419
ニコライ一世 Nikolai I ニコライ一世 第5巻 ドストエフスキイの時代感覺 19
ニコライ 第6巻 ドストエフスキイの生活 1處女作まで 118 121
ニコライ一世 第6巻 ドストエフスキイの生活 2ペトラシェフスキイ事件 134-135 149 151-152
ニコライ一世 第6巻 ドストエフスキイの生活 4セミパラチンスク 175
ニコライ一世 第6巻 ドストエフスキイの生活 5「ヴレエミャ」編輯者 178-179 192
ニコライ一世 第6巻 ドストエフスキイの生活 6戀愛 215 264
ニコライ一世 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 192-193 205
ニコライ一世 第12巻 ネヴァ河 505
ニコライ二世 Nikolai II ニコライ二世 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 201
ニコン Nikon ニコン 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 201-203
ニッセン Nissen, Georg Nikolaus von ニッセン 第8巻 モオツァルト 87
ノアーユ夫人 Noailles, Nathalie de Laborde, comtesse de シャルル・ド・ノアイユ夫人 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 398
ノルデンスキョルド Nordenskjold, Adolf Erik ノルデンスキョルド 第6巻 イデオロギイの問題 586
ノーマン Norman, Herbert ノーマン 第14巻 歴史について 對談 628
ノースクリフ Northcliffe, Alfred Charles William Harmsworth, Viscount ノースクリフ 第5巻 宣傳について 264
ノヴァリス Novalis ノヴァリス 第2巻 再び心理小説について 104
ノイス Noyce, Wilfrid W・ノイス 第11巻 エヴェレスト 176
オドエフスキー Odoevsky, Vladimir オドエフスキイ(公爵) 第6巻 ドストエフスキイの生活 1處女作まで 122
エルステッド Oersted, Hans Christian エールステット 別巻1 感想 四十九 333
オガリョフ Ogaryov, Nikolai Platonovich オガリョフ 第5巻 ドストエフスキイの時代感覺 24
オガリョフ 第5巻 「悪靈」について 159
オガアレフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 8ネチャアエフ事件 255
オルヒン Ol'khin, Pavel Matveevich オルヒン 第6巻 ドストエフスキイの生活 7結婚・賭博 231
オルレアン公 Orléans, duc d’ (Louis-Philippe) ドルレアン公 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 403
オルレアン公夫人 Orléans, duchesse d' ドルレアン公夫人 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 413
オルテガ・イ・ガセット Ortega y Gasset, José オルテガ 第5巻 志賀直哉論 343
オシアン Ossian オシアン 第1巻 ランボオ詩集 342
オストロフスキイ Ostrovskii, Alexandre Nikolaevich オストロフスキイ 第5巻 ジイド「ソヴェト旅行記」I 67
オストロフスキイ 第6巻 ドストエフスキイの生活 5「ヴレエミャ」編輯者 183
オスワルド Oswald, F.? オスワルド 第9巻 「ヘッダ・ガブラー」 423
オヴィディウス Ovidius, Publius, Naso オヴィディウス 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 328 348
オーエン Owen, Robert オオエン 第6巻 ドストエフスキイの生活 2ペトラシェフスキイ事件 138
オオエン 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 208
パガニーニ Paganini, Niccolò パガニニ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 419
パガニーニ 第8巻 鼎談 座談 168
パガニニ 第10巻 ヴァイオリニスト 137 140 143-147
ペイン Paine, Thomas トーマス・ペイン 第13巻 常識について 79-81
パラチィヌ Palatine (Anne de Gonzague de Clèves) パラチィヌ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 389 404
パナエフ Panaev, Ivan Ivanovich パナエフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 1處女作まで 122 132
パナエフ夫人 Panaeva, Avdotya Y. パナエフ夫人 第6巻 ドストエフスキイの生活 1處女作まで 125
パリニ Parini, Giuseppe パリニ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 448
パスカル Pascal, Blaise パスカル 第1巻 ナンセンス文學 192
パスカル 第1巻 文學は繪空ごとか 241
パスカル 第2巻 手帳 I 290
パスカル 第3巻 「白痴」について I 169
パスカル 第3巻 「文學界」編輯後記 6 421-422
パスカル 第3巻 「地下室の手記」と「永遠の良人」 456 460
パスカル 第6巻 ドストエフスキイの生活 序 103-104
パスカル 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 351 386 416 460
パスカル 第7巻 パスカルの「パンセ」について 265-274
パスカル 第7巻 實驗的精神 對談 281-283
パスカル 第7巻 「カラマアゾフの兄弟」 318-321
パスカル 第8巻 コメディ・リテレール 小林秀雄を圍んで 座談 34
パスカル 第8巻 人間の進歩について 對談 273-274
パスカル 第8巻 「罪と罰」について II 358-362
パスカル 第9巻 私の人生觀 175
パスカル 第9巻 「ペスト」 I *(注 1) 339
パスカル 第10巻 現代文學とは何か 對談 72
パスカル 第10巻 ゴッホの手紙 275
パスカル 第11巻 近代繪晝 ボードレール 279 285
パスカル 第12巻 エリオット 31
パスカル 第12巻 「プルターク英雄傳」 204
パスカル 別巻1 感想 十 84-85
パスカル 別巻1 感想 十一 95
パスカル 講演 2 信ずることと考えること
ジャックリイヌ Pascal, Jacqueline ジャックリイヌ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 386 389
パスツール Pasteur, Louis パスツール 第13巻 DDT 77
パスツール 別巻1 感想 二十 163-164
ペーター Pater, Walter Horatio ペエタア 第2巻 現代文學の不安 215
ウォルタア・ペエタア 第2巻 文學批評に就いて 334-335
ペエタア 第3巻 文學界の混亂 16
パヴレンコ Pavlenko P.A. パウレンコ 第5巻 「改造」五月號 121
ペギー Péguy, Charles ベギイ 第2巻 フランス文學とわが國の新文學 129
ペギイ 第9巻 「ペスト」 II *(注 1) 346
ぺルタン Pelletan, Eugène ぺルタン 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 357-358
フレデリック Pelletier, Frédérique フレデリック 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 324-325
ペレヴェルゼフ Pereverzev, Valer'yan Fyodorovich ペレヴェルゼフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 8ネチャアエフ事件 255
ペレヴェルゼフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 9作家の日記 259
カジミル・ペリエ Périer, Casimir カジミル・ペリエ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 390
ペリクレス Perikles ペリクレス 第1巻 測鉛 II 109
ペリクレス 第12巻 「プルターク英雄傳」 203 209-212
ペーロフ Perov, Vasilii Grigor'evich ペーロフ 第12巻 ネヴァ河 510-511
青髯(ペロー) Perrault (Barbe-Bleue) 青鬚 第1巻 ランボオ詩集 310
ジョルジュ・プチ Petit, Georges ジョルジュ・プチ 第11巻 近代繪晝 ルノアール 399-400
ペトラルカ Petrarca, Francesco ペトラルカ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 365 445
ペトラシェフスキイ Petrashevskii, Mikhail Vasil'evich ペトラシェフスキイ 第5巻 ドストエフスキイの時代感覺 16-18
ペトラシェフスキイ 第6巻 ドストエフスキイの生活 2ペトラシェフスキイ事件 138-139 142 146-150
ペトラシェフスキイ 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 208 214
ペトラシェフスキイ 第12巻 ネヴァ河 504
ペトロニウス Petronius, Gaius ペトロニウス 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 406
サチリコン(ペトロニウス) Petronius, Gaius (Satyricon) 「サチリコン」 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 349
ペイロン Peyron, Théophile 醫者ペイロン 第10巻 ゴッホの手紙 382-383 389-392 398-400
ペイロン 第11巻 ゴッホの病氣 543-544
ペイロン 講演 7 ゴッホについて
ペイディアス Pheidias フィディアス 第11巻 近代繪晝 ピカソ 445 447
フィディアス 第12巻 ピラミッド II 280
ピロデモス Philodemos フィロデエム 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 465
ピカソ Picasso, Pablo Ruiz y ピカソ 第1巻 新興藝術派運動 200
ピカソ 第9巻 放談八題 座談 399-400
ピカソ 第9巻 偶像崇拜 411-414
ピカソ 第10巻 ピカソの陶器 41-42
ピカソ 第10巻 セザンヌの自畫像 150
ピカソ 第10巻 「天井桟敷の人々」を見て 160
ピカソ 第11巻 美の行脚 對談 68
ピカソ 第11巻 美術を語る 對談 156-160 164
ピカソ 第11巻 美を求める心 229-230 232
ピカソ 第11巻 近代繪晝 ボードレール 280
ピカソ 第11巻 近代繪晝 セザンヌ 347
ピカソ 第11巻 近代繪晝 ピカソ 430-506
ピカソ 第11巻 マルロオの「美術館」 526
ピカソ 第12巻 文學と人生 座談 493-494
ピカソ 第13巻 人間の建設 對談 136-137 192 194-195 219
ピカソ 第13巻 文學の四十年 對談 237
ピカソ 第13巻 藝について 對談 265
ピカソ 講演 4 現代思想について
ピゴオ・ルブラン Pigault-Lebrun ピゴオ・ルブラル 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 439
ピンダロス Pindaros ピンダロス 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 361 471
ピーサレフ Pisarev, Dmitrii Ivanovich ピイサレフ 第5巻 「悪靈」について 159
ピイサレフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 5「ヴレエミャ」編輯者 186
ピイサレフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 8ネチャアエフ事件 252
ピイサレフ 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 213-214
ピサロ Pissarro, Camille ピサロ爺さん 第10巻 ゴッホの手紙 389 393 398
ピサロ 第11巻 近代繪晝 セザンヌ 315 331-332 336 343
ピサロ 第11巻 近代繪晝 ルノアール 402
ピサロ 第11巻 近代繪晝 ドガ 418
ピチグリリ「貞操帯」 Pitigrilli "La cintura di castità" ピチグリリ「貞操帯」 第2巻 小説の問題 I 228
ピット Pitt, William ウィリヤム・ピット 第7巻 モオロアの「英國史」について 60 62
プランシュ Planche, Gustave プランシュ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 354-355
プランク Planck, Max Karl Ernst Ludwig プランク 第5巻 佐藤信衞「近代科學」 290
プランク 別巻1 感想 四十九 334
プランク 別巻1 感想 五十 335-338
プラトン Platon プラトン 第1巻 樣々なる意匠 138
プラトン 第2巻 アンドレ・ジイド 353
プラトン 第4巻 精神と情熱とに關する八十一章 翻訳 アラン著 267 286 302 321 343 357-358 375 385 412 441 461 470
プラトン 第5巻 「悪靈」について 167
プラトン 第6巻 現代の美辭麗句 63
プラトン 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 387
プラトン 第6巻 神風といふ言葉について 530
プラトン 第6巻 「テスト氏」の方法 542
プラトン 第8巻 ドストエフスキイのこと 42
プラトン 第8巻 鼎談 座談 171
プラトン 第8巻 傳統と反逆 對談 208
プラトン 第8巻 「罪と罰」について II 312 357
プラトン 第9巻 私の人生觀 174
プラトン 第11巻 喋ることと書くこと 15-16
プラトン 第11巻 理想 108
プラトン 第11巻 嘘をつくな 補III 159
プラトン 第11巻 惡魔的なもの 267-270 274
プラトン 第12巻 プラトンの「國家」 46-55
プラトン 第12巻 「プルターク英雄傳」 208 211-212
プラトン 第12巻 辧名 271
プラトン 第12巻 還暦 350 353
プラトン 第13巻 敎養といふこと 對談 53-54
プラトン 第13巻 人間の建設 對談 221-222
プラトン 第13巻 鼎談 座談 346
プラトン 第14巻 本居宣長補記 I 567-568 572-575
プラトン 別巻1 感想 一 15-16
プラトン 別巻1 感想 五 47
プラトン 講演 3 本居宣長
パルメニデス(プラトン) Platon (Parmenides) 「パルメニデス」 第10巻 現代文學とは何か 對談 63
パイドロス(プラトン) Platon (Phaedrus) パイドロス 第14巻 本居宣長補記 I 567-568 573
プレハーノフ Plekhanov, Georgiy Valentinovich プレハノフ 第1巻 アシルと龜の子 I 182
プレハノフ 第1巻 アシルと龜の子 II 207 210
プレハノフ 第2巻 マルクスの悟達 19 21
プレハノフ 第3巻 文學界の混亂 16
プレハノフ 第4巻 青野季吉「文藝と社會」 134
プレハアノフ 第5巻 文藝批評の行方 214
プレハアノフ 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 219
プリニウス Plinius, Gaius, Caecilius Secundus 小プリニウス 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 348 415
プロティノス Plotinos プロティヌス 第3巻 「地下室の手記」と「永遠の良人」 456
プロティノス 第12巻 文學と人生 座談 478
プロチノス 別巻1 感想 二十八 218
プロチノス 別巻1 感想 三十ニ 242-243
プロチノス 別巻1 感想 五十四 359
プルタルコス Plutarchos プルタアク 第8巻 モオツァルト 66
プルターク 第12巻 「プルターク英雄傳」 203-213
プルターク 第13巻 敎養といふこと 對談 65
ポベドノスチェフ Pobedonostsev, Konstantin Petrovich ポベドノスチェフ 第5巻 「悪靈」について 149
ポベドノチェフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 10死 286
ポー Poe, Edgar Allan ポオ 第1巻 佐藤春夫のヂレンマ 77
ポー 第1巻 性格の奇蹟 81
エドガア・アラン・ポオ 第1巻 ボオドレエル「エドガア・アラン・ポオ」序 103
ポオ 第1巻 樣々なる意匠 145-146
エドガア・ポオ 第1巻 志賀直哉 153-155 163
エドガア・ポオ 第1巻 アシルと龜の子 I 180 184
エドガア・ポオ 第1巻 新興藝術派運動 198
ポオ 第1巻 文學は繪空ごとか 241 246
Poe 第2巻 心理小説 50-51 53
ポオ 第2巻 谷崎潤一郎 86-88
ポオ 第2巻 手帳 II 329
ポオ 第2巻 金文輯君へ 431
ポオ 第3巻 文藝月評 V 310
エドガア・ポオ 第4巻 現代詩について 176
ポオ 第5巻 長篇小説に就いて 244
ポオ 第6巻 ドストエフスキイの生活 序 108
ポオ 第8巻 ランボオIII 112
エドガア・ポオ 第9巻 詩について 247
エドガア・ポオ 第9巻 表現について 267
エドガア・ポオ 第12巻 常識 38-39 43-44
ポオ 第12巻 「ポオ全集」 440-441
ポアンカレ Poincaré, Jules Henri ポアンカレ 第4巻 精神と情熱とに關する八十一章 翻訳 アラン著 313
ポアンカレ 第5巻 佐藤信衞「近代科學」 288
ポアンカレ 第9巻 表現について 271
ポアンカレ 第13巻 人間の建設 對談 188
ポアンカレ 別巻1 感想 一 15
ポクロフスキイ Pokrovskii, Mikhail Nikolaevich ポクロフスキイ 第6巻 ドストエフスキイの生活 9作家の日記 264
ポリニヤック Polignac ポリニヤック 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 396 412
ポーリナ(アポリナリア・プロコフィエヴナ・ススロヴァ) Polina (Apollinarya Prokof'eva Suslova) ポオリナ(アポリナリア・プロコフィエヴナ・ススロヴァ) 第6巻 ドストエフスキイの生活 6戀愛 200-209 220-222
ポンペイウス Pompeius Magnus, Gnaeus ポンペイウス 第12巻 「プルターク英雄傳」 204
プーサン Poussin, Nicolas プーサン 第11巻 近代繪晝 セザンヌ 340-341
プーサン 第11巻 近代繪晝 ルノアール 405
プーサン 第11巻 近代繪晝 ドガ 421
プーサン 第11巻 近代繪晝 ピカソ 438 477
プレンダーガスト Prendergast, Thomas プランダーガスト 別巻1 感想 十三 114
プリーストリー Priestley, Joseph プリイストレイ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 423
プリングル Pringle, J.ohn Martin Douglas Pringle 第6巻 疑惑 II 500-501
プロドム Prod'homme, Jacques Gabriel プロドンム 第8巻 モオツァルト 60
クズマ・プロコフィエヴィッチ Prokof'ev, Kuz'ma Prokof'evich クズマ・プロコフィエヴィッチ 第6巻 ドストエフスキイの生活 2ペトラシェフスキイ事件 154
プロコフィエフ Prokof'ev, Sergey Sergeevich プロコフィエフ 第12巻 文學と人生 座談 493
プロペルティウス Propertius, Sextus プロペルティウス 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 348
プロタゴラス Protagoras プロタゴラス 第11巻 惡魔的なもの 272
プルースト Proust, Marcel マルセル・プルウスト 第1巻 志賀直哉 167
プルウスト 第1巻 Les Enfants Terribles 補I 124
プルウスト 第2巻 心理小説 48 52
プルウスト 第2巻 再び心理小説について 97-98 102-107
プルウスト 第2巻 フランス文學とわが國の新文學 128-129
プルウスト 第2巻 文藝時評 401
プルウスト 第3巻 私小説論 381 406
プルウスト 第3巻 文藝月評 VIII -岸田國士「鞭を鳴らす女」其他 477
プルウスト 第4巻 純粹小説について 28-29
プルウスト 第4巻 アンドレ・ジイドの人と作品 194
プルウスト 第5巻 「日本的なもの」の問題 I 109
プルウスト 第5巻 文化と文體 140-142
プルウスト 第6巻 鏡花の死其他 523
プルースト 第8巻 コメディ・リテレール 小林秀雄を圍んで 座談 13
プルウスト 第8巻 ドストエフスキイのこと 38
プルウスト 第8巻 「罪と罰」について II 313
プルウスト 第9巻 188-190
プルースト 第10巻 現代文學とは何か 對談 61
プルースト 別巻1 感想 三十三 249
プロゾル Prozor, Maurice プロゾル 第9巻 「ヘッダ・ガブラー」 419
プトレマイオス Ptolemaios Klaudios プトレマイオス 第4巻 文藝月評 XII 109
プトレマイオス 第4巻 精神と情熱とに關する八十一章 翻訳 アラン著 340 343
プガチョフ Pugachyov, Emel'yan Ivanovich プガチョフ 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 203
プーシキン Pushkin, Aleksandr Sergeevich プウシキン 第6巻 ドストエフスキイの生活 1處女作まで 117-118
プウシキン 第6巻 ドストエフスキイの生活 2ペトラシェフスキイ事件 143-144
プウシキン 第6巻 ドストエフスキイの生活 10死 287-289
プウシキン 第7巻 「カラマアゾフの兄弟」 331
プウシキン 第10巻 政治と文學 79-80
プウシキン 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 192-193 213
プウシキン 第12巻 ネヴァ河 510-512
プウシキン 第13巻 ソヴェトの旅 35-36
オネーギン(プーシキン) Pushkin, Aleksandr Sergeevich (Evgenii Onegin) 「オネエギン」 第7巻 「カラマアゾフの兄弟」 327
ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ Puvis de Chavannes, Pierre ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ 第10巻 ゴッホの手紙 371-372
ピア Pyat, Félix ピアット 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 437
ピョートル Pyotr I ピョオトル(大帝) 第6巻 ドストエフスキイの生活 1處女作まで 117
ピョオトル(大帝) 第6巻 ドストエフスキイの生活 5「ヴレエミャ」編輯者 183
ピョオトル(大帝) 第6巻 ドストエフスキイの生活 9作家の日記 264
ピョオトル大帝 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 201 203
ピョオトル大帝 第12巻 ネヴァ河 511
ピョートル大帝 第13巻 ソヴェトの旅 38
ピタゴラス Pythagoras ピタゴラス 第11巻 ギリシアの印象 136
ピタゴラス 第12巻 哲學 388
ピタゴラス 講演 3 本居宣長
キネ Quinet, Edgar キネ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 355 364 384 443-445
キネ 第10巻 ゴッホの手紙 367
クインティリアヌス Quintilianus, Marcus Fabius カンティリアン 第3巻 テスト氏 翻譯 269
ラシェル嬢 Rachel, Mlle. ラシェル孃 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 394
ラシーヌ Racine, Jean ラシイヌ 第1巻 ランボオ I 84
ラシイヌ 第1巻 測鉛 II 109
ラシイヌ 第2巻 心理小説 49
ラシイヌ 第2巻 ヴァレリイの事 243
ラシイヌ 第2巻 手帳 II 329
ラシイヌ 第3巻 テスト氏 翻譯 269
ラシイヌ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 351 431
ラシーヌ 第9巻 或る夜の感想 302
ラシーヌ 第12巻 讀者 65
「フェードル」ラシーヌ Racine, Jean "Phèdre" 「フェードル」 別巻1 感想 十一 91
ラディゲ Radiguet, Raymond レエモン・ラジゲ 第1巻 からくり 174-176
レイモン・ラジゲ 第1巻 Les Enfants Terribles 補巻I 123-124
レエモン・ラヂゲ 第10巻 「武蔵野夫人」 12-14
ラファエロ Raffaello Sanzio ラファエル 第3巻 「罪と罰」について I 61
ラファエル 第5巻 「悪靈」について 173
ラファエル 第10巻 ゴッホの手紙 324
ラファエロ 第11巻 近代繪晝 ボードレール 280
ラファエル 第11巻 近代繪晝 ルノアール 398
ラファエロ 第11巻 近代繪晝 ピカソ 501
サー・ウォルター・ローリー Raleigh, Sir Walter サア・ウォルタア・ロオレイ 第7巻 歴史と文學 204-205
サー・ウォーター・ローリ 第11巻 寫眞 519
ランケ Ranke, Leopold von ランケ 別巻1 正宗白鳥の作について 420
ラスプーチン Rasputin, Grigoriy Efimovich ラスプーチン 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 203
ラヴェッソン Ravaisson-Mollien, Félix ラヴェッソン 第6巻 「テスト氏」の方法 547-548
ラヴェソン 別巻1 感想 四 40
ラヴェソン 別巻1 感想 二十六 205
ラヴェ? Ravez, Auguste-Simon-Hubert-Marie? ラウェ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 425
ラージン Razin, Sten'ka(Stepan) Timofeevich ステンカ・ラーヂン 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 197 202-203
ハーバード・リード Read, Herbert ハーバード・リード 第11巻 自由 18-19
レカミエ夫人 Récamier, Julie レカミエ夫人 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 345 398 405
レニエ Régnier, Henri de レニエ 第2巻 アンドレ・ジイド 353
ラインハルト Reinhardt, Max ラインハルト 第4巻 「罪と罰」を見る 241
ライシャワー Reischauer,Edwin O. ライシャワー 第14巻 歴史について 對談 628
ガブリエル・レジャーヌ Réjane, Gabrielle ガブリエル・レジャーヌ 第9巻 「ヘッダ・ガブラー」 419
レマルク Remarque, Erich Maria レマルク 第5巻 戰爭について 249
西部戦線異状なし(レマルク) Remarque, Erich Maria "Im Westen nichts Neues" レマルク「西部戰線異状なし」 第2巻 小説の問題 I 228-229
「西部戦線異状なし」 第9巻 文學と人生 對談 96
レンブラント Rembrandt Harmensz van Rijn レンブラント 第2巻 アンドレ・ジイド 363
レンブラント 第3巻 「罪と罰」について I 43
レンブラント 第4巻 純粹小説について 32
レンブラント 第10巻 ゴッホの手紙 265 287 312 324-326 334-335
レンブラント 第11巻 美の行脚 對談 83
レンブラント 第11巻 近代繪晝 ボードレール 279-281
レンブラント 第11巻 近代繪晝 モネ 290
レンブラント 第11巻 近代繪晝 セザンヌ 312
レンブラント 第11巻 近代繪晝 ゴッホ 356 365
レンブラント 第11巻 近代繪晝 ルノアール 397
レンブラント 第11巻 近代繪晝 ピカソ 461
シャルル・ド・レミュザ Rémusat, Charles de シャルル・ド・レミュザ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 350 408 410
ルナン Renan, Joseph Ernest ルナン 第2巻 谷崎潤一郎 84
ルナン 第2巻 逆説といふものについて 247 251
ルナン 第3巻 「白痴」について I 164
ルナン 第3巻 ルナアルの日記 445-446
ルナン 第7巻 文章について 54-55
ルナン 第7巻 「カラマアゾフの兄弟」 316-317 322
ルナン 第10巻 「白痴」について II 183-184
ルナン 第10巻 ゴッホの手紙 370
ルナール Renard, Jules ジュウル・ルナアル 第3巻 僕の手帖から 111
ルナアル 第3巻 ルナアルの日記 442-449
ルナアル 第4巻 演劇について 227-278
ルナアル 第7巻 ジイド「藝術論」 25
ジャン・ルノアール Renoir, Jean ジャン・ルノアール 第11巻 近代繪晝 ルノアール 413
ルノワール Renoir, Pierre-Auguste ルノアール 第7巻 梅原龍三郎 450-451 455
ルノアール 第8巻 鐵齋 I 191
ルノアール 第8巻 傳統と反逆 對談 203
ルノアール 第10巻 セザンヌの自畫像 148
ルノアール 第10巻 ゴッホの手紙 316
ルノアール 第11巻 美術を語る 對談 143 145-164 150 155
ルノアール 第11巻 近代繪晝 セザンヌ 318 329 344
ルノアール 第11巻 近代繪晝 ルノアール 390-413
ルノアール 第11巻 近代繪晝 ドガ 414 417-418 421
ルノアール 第11巻 近代繪晝 ピカソ 432 434 460 497
ルノアール 第11巻 ゴッホの病氣 538-539
ルノアール 第12巻 ゴッホの繪 316-319
ルノアール 第12巻 「ゴッホ書簡全集」 495
ルノアール 第14巻 梅原龍三郎展 695-696
ルノアール 講演 1 文学の雑感
ルノアール 講演 7 ゴッホについて
ルヌヴィエ Renouvier, Charles ルヌウヴィエ 第4巻 精神と情熱とに關する八十一章 翻訳 アラン著 405
レイ Rey, Félix 醫師レイ 第10巻 ゴッホの手紙 350 360< 363 369-370 378-379
レノ Reynaud, Paul レイノオ 第7巻 モオロア「フランス敗れたり」 180
リボー Ribot, Théodule Armand アルマン・リボオ 第1巻 樣々なる意匠 140
リボー 別巻1 感想 六 50-51
リボー 別巻1 感想 十四 117
リボー 別巻1 感想 二十三 180
グランディッソン(リチャードソン) Richardson (Grandisson) 「グランディッソン」 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 457
リシュリュー Richelieu, Armand Jean du Plessis de リシュリュウ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 328 390 445
ジャン・リシュパン Richepin, Jean ジャン・リシュパン 第10巻 ゴッホの手紙 331 372
リッケルト Rickert, Heinrich リッケルト 第2巻 小説の問題 II 240-241
リッケルト 第3巻 「文學界」編輯後記 6 421-422
リコール Ricord, Philippe リコオル 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 440
リーマン Riemann, Georg Friedrich Bernhard リーマン 第13巻 人間の建設 對談 188 220
リヒテル Rikhter, Svyatoslav リヒター 第13巻 鼎談 座談 337
リルケ Rilke, Rainer Maria リルケ 第9巻 私の人生觀 172-173
リルケ 第10巻 政治と文學 99
リルケ 第11巻 近代繪晝 セザンヌ 308-310 329-330
リルケ 第11巻 近代繪晝 ピカソ 459
ランボー Rimbaud, Authur Rimbaud 第1巻 紀行斷片 72
ランボオ 第1巻 ランボオ I 83-95
ランボオ 第1巻 冨永太郎 96-97
ラムボオ 第1巻 芥川龍之介の美神と宿命 114
ランボオ 第1巻 「惡の華」一面 124
ランボオ 第1巻 アシルと龜の子 V 236
アルチュル・ランボオ 第1巻 アルチュル・ランボオ 260-262
ランボオ 第1巻 ランボオ詩集 263-383
ランボオ 第1巻 ランボオ II 387-392
アルチュル・ランボオ 第1巻 アルチュル・ランボオの戀愛觀 448-451
ランボオ 第2巻 批評家失格 II 35
ランボオ 第2巻 フランス文學とわが國の新文學 129
Rimbeau 第2巻 おふえりあ遺文 154
ランボオ 第2巻 ヴァレリイの事 244
ランボオ 第2巻 批評について 391
ランボオ 第4巻 現代詩について 178
ランボオ 第4巻 リヴィエルの「ランボオ」 233-234
アルチュル・ランボオ 第5巻 僕の大學時代 228
ランボオ 第5巻 中原中也譯「ランボオ詩集」 259-260
ランボオ 第5巻 「地獄の季節」譯者後記 II 435-439
ランボオ 第7巻 富永太郎の思ひ出 177
ラムボオ 第8巻 コメディ・リテレール 小林秀雄を圍んで 座談 25
ランボオ 第8巻 ランボオIII 105-134
ランボオ 第9巻 飜譯 44
ランボオ 第10巻 「武蔵野夫人」 12
ランボオ 第10巻 政治と文學 94
ランボオ 第11巻 感想 125
ランボオ 第11巻 近代繪晝 ゴーガン 372-374 376-377
ランボオ 第11巻 近代繪晝 ピカソ 456 458 473-474 477
ランボオ 第12巻 ペレアスとメリザンド 14-15
ランボオ 第12巻 「ポオ全集」 440
ランボオ 第12巻 文學と人生 座談 467
ランボオ 第13巻 鈴木先生の全集 369
眠られぬ夜の海は「イリュミナシオン」ランボー Rimbaud, Authur "Illuminations" La mer de la veillée 眠られぬ夜の海は 第2巻 眠られぬ夜 152
ランボー(地獄の季節) Rimbaud, Authur (Une Saison en Enfer) 地獄の季節(ランボオ) 第1巻 「地獄の季節」譯者後記 I 384-386
地獄の季節(ランボオ) 第11巻 「地獄の季節」譯者後記 III 254-258
イザベル・ランボー Rimbaud, Isabelle イザベル 第1巻 ランボオ I 85
イザベル 第11巻 「地獄の季節」譯者後記 III 257
リヴェ Rivet リヴェト 第10巻 ゴッホの手紙 360 362
リヴィエール Rivière, Jacques ジャック・リヴィエル 第2巻 批評について 385
リヴィエル 第4巻 リヴィエルの「ランボオ」 233-234
ジャック・リヴィエル 第7巻 アラン「大戰の思ひ出」 14-15
リヴィエル 第8巻 ランボオIII 126
ロベスピエール Robespierre, Maximilien François Marie Isidore ロベスピエール 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 362
ロッシュフォール Rochefort, Henri ロッシュフォール 第10巻 ゴッホの手紙 367
ロッシュフーコー Rochefoucauld, François duc de La ロッシュフウコオ 第2巻 批評家失格 II 30
ラ・ロシュフウコオ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 338 407 476
ロダン Rodin, François Auguste René ロダン 第1巻 測鉛 II 106
ロダン 第1巻 文學は繪空ごとか 244
ロダン 第4巻 トルストイの「藝術とは何か」 153
ロダン 第6巻 「デカルト選集」 533
ロダン 第6巻 學者と官僚 561
ロダン 第7巻 人間劇叢書 補II 247
ロダン 第8巻 モオツァルト 65-66
ロダン 第9巻 私の人生觀 172
ロダン 第10巻 眞贋 28
ロダン 第10巻 悲劇について 48
ロダン 第10巻 ゴッホの手紙 317
ロダン 第11巻 美の行脚 對談 75
ローデ Rohde, Erwin ローデ 第9巻 ニイチェ雜感 364
ローデ 別巻1 正宗白鳥の作について 446
ロマン・ロラン Rolland, Romain ロマン・ローラン 第1巻 蛸の自殺 18
ロマン・ロオラン 第3巻 林房雄の「青年」 125
ロマン・ロオラン 第8巻 モオツァルト 45
ロマン・ローラン 第10巻 ゴッホの手紙 293-294
ジュール・ロマン Romains, Jules ジュル・ロメン 第1巻 中村正常君へ--私信 446
ロマン 第7巻 ロマン「欧羅巴の七つの謎」 191-193
ロッシーニ Rossini, Gioacchino Antonio ロシニ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 339
ウィリアム・テル(ロッシーニ) Rossini, Gioacchino Antonio (Guillaume Tell) ヴィルヘルム・テルの音樂 第5巻 ドストエフスキイの時代感覺 18
ロスタン Rostand, Edmond ロスタン 第3巻 ルナアルの日記 445
ロスタン 第4巻 演劇について 228
シラノ・ド・ベルジュラック(ロスタン) Rostand, Edmond (Cyrano de Bergerac) 「シラノ」 第10巻 芝居問答 對談 121-122
ロストロポーヴィッチ Rostropovich, Mstislav Leopol'dovich ロストロポーヴィッチ 講演 6 音楽について
ロスチャイルド Rothschild ロスチャイルド 第2巻 「未成年」の獨創性について 442
ロスチャイルド 第9巻 偶像崇拜 413
ルオー Rouault, Georges ルオー 第11巻 美術を語る 對談 160-163
ルオー 第14巻 ルオーの版畫 608-609
ルオー 第14巻 ルオーの事 613-618
イザベル・ルオー Rouault, Isabelle イザベル・ルオー 第14巻 ルオーの版畫 608
イザベル・ルオー 第14巻 ルオーの事 613
ルーラン Roulin, Joseph ルーラン 第10巻 ゴッホの手紙 356-358 360 374
ルーラン 第11巻 近代繪晝 ゴーガン 375
アンリ・ルソー Rousseau, Henri アンリ・ルソオ 第1巻 佐藤春夫のヂレンマ 78-79
ルッソオ 第9巻 放談八題 座談 389-390
アンリ・ルッソオ 第11巻 近代繪晝 ゴーガン 369
ルソー Rousseau, Jean-Jacques ジャン・ジャック・ルッソオ 第2巻 「安城家の兄弟」 116
ジャン・ジャック・ルソオ 第3巻 文學界の混亂 20-21
ルッソオ 第3巻 私小説論 379-381 395
ルソオ 第3巻 文藝月評 VIIIー岸田國士「鞭を鳴らす女」其他 481
ジャン・ジャック 第4巻 精神と情熱とに關する八十一章 翻訳 アラン著 407 413
ルッソオ 第5巻 酒井逸雄君へ 238
ルッソオ 第5巻 「文學界」編輯後記 20 277
ルッソオ 第6巻 ドストエフスキイの生活 2ペトラシェフスキイ事件 136
ジャン・ジャック・ルウソオ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 426 437
ルッソオ 第7巻 自己について 126
ルッソオ 第7巻 當麻 352
ルソオ 第8巻 近代の毒 對談 103
ルッソオ 第9巻 私の人生觀 164
ルッソオ 第9巻 「ペスト」 I *(注 1) 340 344
ジャン・ジャック・ルソー 第9巻 放談八題 座談 386
ルッソオ 第11巻 常識 63
ルッソオ 第11巻 小説 85-87
ルッソオ 第11巻 ギリシアの印象 138
ルッソオ 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 194-195
ジャン・ジャック・ルッソオ 第11巻 近代繪晝 セザンヌ 326
ルッソオ 第11巻 近代繪晝 ピカソ 448 459
ルッソオ 第12巻 ピラミッド II 280-281
ルッソオ 第13巻 「近代藝術の先驅者」序 25
ルッソオ 第13巻 道徳 48
ジャン・ジャック・ルソー 講演 7 ゴッホについて
懺悔録(ルソー) Rousseau, Jean-Jacques (Les Confessions) 「懺悔録」 第4巻 精神と情熱とに關する八十一章 翻訳 アラン著 478
テオドル・ルソー Rousseau, Théodore ルウソオ 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 448
テオドル・ルーソー 第10巻 ゴッホの手紙 294-295 380 411
テオドル・ルーソー 第11巻 近代繪晝 モネ 296
テオドル・ルーソー 第11巻 近代繪晝 セザンヌ 325-326
ローランド Rowland, Henry Augustus ローランド 別巻1 感想 四十九 333
ロワイエ・コラール Royer-Collard, Pierre-Paul ロワイエ・コラアル 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 350-351 371 396
ローザノフ Rozanov, Vasilii Vasil'evich ロオザノフ 第5巻 ドストエフスキイの時代感覺 13
ロオザノフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 6戀愛 209
ロオザノフ 第6巻 ドストエフスキイの生活 9作家の日記 269
ルーベンス Rubens, Petrus Paulus ルーベンス 第11巻 近代繪晝 ルノアール 401
ルーベンス 第11巻 近代繪晝 ピカソ 486 499 501
リュション Ruchon, François "François Ruchon" 第1巻 「地獄の季節」譯者後記 I 386
"François Ruchon" 第5巻 「地獄の季節」譯者後記 II 436
ルーフス Rufus, Marcus Caelius ルウフス 第6巻 我が毒 翻譯 サント・ブウヴ著 349
ルーゲ Ruge, Arnold ルウゲ 第2巻 マルクスの悟達 18
ロイスダール Ruisdael, Jacob van ルイスデール 第10巻 ゴッホの手紙 312
ラスキン Ruskin, John ラスキン 第7巻 マキアヴェリについて 122
ラザフォード Rutherford, Ernest ラザフォード 第11巻 近代繪晝 ピカソ 488
ラザフォード 別巻1 感想 四十九 330
ラザフォード 別巻1 感想 五十 337
ルットマン「世界のメロディー」 Ruttmann, Walter "Melodie der Welt" ウォルタア・ルットマン「世界のメロディイ」 第2巻 現代文學の不安 212
ルィサコフ Rysakov, Nikolai Ivanovich リサック 第11巻 ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演 200

注 1 *印がついた作品は、第5次全集と第6次全集で収録の順序や名称が異なる。

A~C へ D~G へ H~M へ この先頭へ S~Z へ
あ~お へ か~こ へ さ~と へ な~ほ へ ま~わ へ

ホーム >  小林秀雄 人名索引 >  N~R

Copyright (C) 2005-2006, 2010 吉原順之