小林秀雄 人名索引


小林秀雄の作品や講演に登場する人名の索引です。作品に出てくる人名は、第5次全集の巻数順(従つて年代順)になつてゐます。補巻で追補された作品は、発表年月に応じて、各巻の同一発表年月の作品の後ろに並べました。講演に出てくる人名は、新潮CDの巻数順ですが、年代順ではありません。abc順・五十音順の索引は、作品の人名と講演の人名の二つを統合して、整理した表です。 現時点では、言はばバージョン0.9で、完全ではありませんが、皆様のご意見を伺ひながら、 改善を図りたいと思ひます。その他、小林秀雄の作品に登場する主な人物が、年代とともに変化する様子を 示した図を載せてあります。

このページの作成に当たつては杉本圭司さんのご支援を頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

1.作品に登場する人名の索引
第5次全集の各巻毎に、ページを追つて出てくる人名を並べてあります。
第1巻 第2巻 第3巻 第4巻 第5巻 第6巻 第7巻 第8巻
第9巻 第10巻 第11巻 第12巻 第13巻 第14巻 別巻1
2.講演に登場する人名の索引
新潮CDの講演の各巻について、5分毎に区切つて、出てくる人名を並べてあります。
第1巻 第2巻 第3巻 第4巻 第5巻 第6巻 第7巻 第8巻
3.abc順・五十音順の人名索引
作品及び講演に出てくる人名を、外国人についてはabc順、日本人については 五十音順に並べてあります。
A~C D~G H~M N~R S~Z
あ~お か~こ さ~と な~ほ ま~わ
4.主要人名の登場作品数の推移
主な人名が幾つの作品に登場するかを、1922年から1982年まで作品の発表年ごとに整理した表です。 主要人名の登場作品数の推移

作品に登場する人名の索引は、以下の基本的な考え方で、編集してゐます。講演の索引も、これに準じてゐます。

  1. 人物及び作品の名を挙げる。歴史上の人物も含める。
  2. 作者名の明確な作品については、作者名を主とする。
      -- 作者名が出てゐる場合には、作品名は省略
      -- 作者名を基準として並べる
  3. 表記は、その作品で最初に出てくるものを採る。
  4. 作品名が出てゐなくても、登場人物により作品名が分かる場合には、登場人物、 作品名、作者名を記す。
  5. 名前が明示されてゐなくても、「彼」などの代名詞で分かる場合や、その作者、 作品への言及が明らかな場合には、そのページも含める。
  6. 座談会、対談は、小林秀雄の発言だけを対象とする。
  7. 複数のページにわたる場合は、12-15のやうに記す。
  8. 外国人の名前はローマ字で表記する。但し、漢字文化圏の人物を除く。
  9. その他
      -- ドストエフスキーの兄ミハイルと、ゴッホの弟テオは、登場回数が多すぎるので省略

ご意見やご質問は、メールでお知らせ下されば幸ひです。


ホーム >  小林秀雄 人名索引

Copyright (C) 2005-2010 吉原順之